2019/12/9

「風博士」シスカンパニー  今日の演劇

 今週は映画には行かずに世田谷パブリックシアターで観劇。もともとラジオのオフ会仲間のばちょふさんがチケット余ったという事で希望者を募っていたのがきっかけなんだけど、この話を聞いた時から「坂口安吾でなんで風博士?」という疑問が頭を離れなかった。坂口安吾にはハマっていた時期があり、歴史ものや随筆も含め代表作はあらかた読んだはずだが、風博士はダントツでおかしな話であり、それにインスパイアされるというのは意味わからん。こうなってしまうと実際に確認するしかない。

 戦争下、大陸でP屋の主人として生きる「風博士」ことフーさん。その元にはしたたかな梅花姐さんや気風がイイがフーさんに首ったけな鴬など遊女が働いていた。
 ある日、友人の広瀬大尉が一人の女を連れてくる。目の前で家族を殺され「白痴」となったサチ子である。彼女たちを連れ、敗色濃厚な大陸でフーさんはいかに生き延びるのか…。


続きを読む
1

2019/1/20

シアターまあ「しきしま探偵事務所」  今日の演劇

 劇場を間違える、というまさかの理由で延期となった「しきしま探偵事務所」。今回は間違えることなく、無事金曜日に鑑賞。期せずして「サスペンスコメディ」という触れ込みの作品を続けてみることになったけど、自分にとってはすごくラッキーな体験だった。ストーリーやセリフについての考え方が真逆だったんだよね。

 前回の前説では客席みんなで「たけのこニョッキ」をやったが(13ニョッキまで行った)今回は作者の妹尾さん自ら前説。ラジオでのイベントの妹尾さんはヨレたおじさんだが、舞台人のとしての妹尾さんはダンディな出で立ち。まずそれが衝撃だった。

続きを読む
0

2019/1/19

企画演劇集団ボクラ団義「遠慮ガチナ殺人鬼  今日の演劇

 今週は聴いているラジオの関係で、妹尾匡夫さん作の舞台「しきしま探偵事務所」を見に行こう!という事で中野の劇場へ。地図で近くまで行くとそれらしき劇場があり、当日券の列に並んで早速購入。しかし、そのチケットに書かれていたのは

「遠慮ガチナ殺人鬼」なにこれ?

 実はココ、劇場が3つ並んでおり、別の劇場に入ってしまったのである。となりの場所で開始時間がおなじ別の劇があるとは普通思わないでしょ。早速チケットを返そうと思ったのだが、そこでふと

「キャストもストーリーも、ジャンルすら知らない舞台を見るなんて、一生無い経験じゃない?」

 と考え直し、あえてこの作品を見ることに。面白ければいいし、面白くなければ話のタネになるだろう、と思ったが、結論としては非常に面白かった。
続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ