2013/4/17

「戦闘妖精・雪風<改>」神林長平 著  今日の読書

 深夜にもかかわらず更新したのはこのニュースの為。

 戦闘妖精雪風 トム・クルーズ主演で映画化

 私も含め、全神林ファン驚愕の映画化。トム・クルーズが零をやるのか、ブッカーとクーリィが一緒になったようなキャラが出来るのかわからんけど、いったいどうなる事やら…。天田少尉はメキシコ不法労働者になるのかな。

 大多数であるSFを読まない人にこの驚愕を分かるように言うと

 「サザエさんハリウッド映画化!主演サザエさんはサンドラ・ブロック、波平にジャック・ニコルソン共演」

 というぐらい驚愕。 
1

2013/4/4

「週刊マンガ世界の偉人」  今日の読書

 現在朝日新聞社から「週刊マンガ世界の偉人」というのが発売されている。

 週刊マンガ世界の偉人 ラインナップ

 全80号シリーズの偉人伝だけど、似たような日本史の雑誌とかぶらないように戦国武将なんかはかなり抑え目。エジソンやキュリー夫人など常連組以外にも「え、こんな人が?」というのがあるのでラインナップだけ見るのも楽しい。今回は存命の人は対象外らしく、今後絶対入るであろうネルソン・マンデラなんかは入っていません。

 自分が思った事をつらつらと


続きを読む
1

2013/1/27

「IDOL DANCE!!! 歌って踊るカワイイ女の子がいる限り、世界は楽しい」竹中夏海著  今日の読書

成り行き上プチモノノフ化して以来、斜め見ながらリアルタイムでアイドルシーンをチェックするようになっている(モノノフ=ももいろクローバーZのファンの意)。今までは正直ラブマシーンあたりからアイドルシーンには全然疎くなっており、アイドル冬の時代にはパフュームぐらいしかチェックしてなかった。しかし情報をチェックしてみると、モー娘。の全盛期は実は2007年ぐらいだったり、片瀬那奈は女優よりもモデルよりもまずアイドル歌手だったりと目からウロコぽろぽろである。

続きを読む
1

2012/10/10

「ゲバラ日記」エルネスト・チェ・ゲバラ著  今日の読書

 最近のニュースで、ゲバラのボリビア山中での直筆日記が閲覧できるようになったと知った。

 個人の権勢欲を持たなかった唯一といって良い共産主義革命家であるゲバラが、今ではマリリン・モンローやボブ・マーリーに並ぶファッションアイコンというのはなんとも皮肉だけど、時代や主義主張を越え、普遍的なかっこよさがゲバラにある事は確かだろう。少なくとも日本人の政治家でTシャツにしてカッコいい人物は思いつかない。
クリックすると元のサイズで表示します
続きを読む
3

2012/7/22

「アド・アストラ」カガノ・ミハチ著  今日の読書

 史上最高の名将を選ぶのは難しいけれど、カルタゴの将軍ハンニバル・バルカは確実に挙がる名前です。最終的に負けてしまった将軍に対する評価としては高すぎるような気もしますが、現代の士官学校でもハンニバルの戦いを学ぶように戦争の基本的な戦術を集大成したのがこの人です。
続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ