2013/8/24

のだ祭り  地域の話題

http://youtu.be/UqpW3fZ1_2g

野田小学校のあまちゃん。
0

2010/7/31

花火  地域の話題

砂浜で花火が打ち上げられています
線香花火
きれ〜〜

明日も晴れますように水泳
1

2010/7/27


商店街のフラワーハンキングに音符がついていました。
クリックすると元のサイズで表示します
地元ですから、期待されてる?がんばらなくっちゃ
0

2010/1/24

アンコン県大会  地域の話題

中学校:打楽器三重奏=銀賞
小学校:サックス=銀賞、クラリネット:銀賞
頑張りましたね^^/
0

2009/11/7

全国へ  地域の話題

☆二戸市の石切所小の児童で構成する同校マーチングバンド(古舘大樹(たいじゅ)部長、部員32人)は、28日に大阪市の大阪城ホールで開かれる全日本小学校バンドフェスティバル(全日本吹奏楽連盟など主催)の全国大会に県内で唯一出場する。1日の東北大会で金賞を受け、初出場を決めた。年々部員が減少する中、昨年で結成30周年を迎えたマーチングバンドは、全国の舞台でさらなる飛躍を誓う。
 東北大会は福島市の県営あづま総合体育館で開かれ、東北各県から23組が参加した。同校マーチングバンドは、打楽器や金管楽器などで6曲を奏で、華麗な演技で観衆を魅了した。審査の結果、最高賞の金賞を受賞し、他県3校と共に全国大会への切符を手にした。
 4日には、古舘部長(6年)ら7人が二戸市福岡の市役所を訪問し、小原豊明市長に出場報告。古舘部長は「全員で心を合わせて演奏、演技することができた」と振り返り、小原市長は「市内外から高い評価を受けている。全国大会でもいい結果を残してほしい」と期待した。
 同校マーチングバンドは、1979年に「石切所小金管バンド」として結成。数年前まで約50人いた部員が児童数減少に伴い現在の32人になるなど、年々活動が厳しい状況にある中、地域の催しに積極的に参加してきた。
 小学校マーチングバンドが競う全国規模の大会への出場は、88年の他団体主催の大会以来2回目。指導者を務める同校の林田江美教諭は「伸びやかで華やかに表現するのが石切所小マーチングバンドの良さ。しっかり練習して本番に臨みたい」と気を引き締める。
クリックすると元のサイズで表示します
【写真=東北大会で華やかな演技と演奏を披露する石切所小マーチングバンドの部員ら=1日、福島県営あづま総合体育館】
《岩手日報より》
今年のお祭り。毎年音響をお願いしている方が、今年双子の息子さんを連れてきていた。お姉さんはマーチングで有名な高校に下宿して通っていると言う。一昨年、私のビーズの楽器を見て興味を示してくれた、音響の方と話し「では、お嬢さんにおみやげに」とあげたのだった。それを覚えてくれて、またまた子供の追っかけの話。双子の息子さんたちはパーカッションでスネアとタムを演奏していると言う。その方と私で、シングシングシングを口ずさみ、二人はボディパーカッションを見せてくれた。新聞を見て、びっくり。

♪〜おめでとう!全国でも頑張ってきてね〜。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ