このシリーズの  

フィギュアの
 
新作が
 
コンビニであったので
 
一つ買ったら
 
欲しかった
 
「プトティラコンボ」
 
紫のライダーです。
 
天理っぽいなぁクリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
0

土日の野球観戦  

まずは、土曜日の近江戦ですが、あいにくの雨の中の試合でしたが、桐蔭戦での勝利の勢いがそのまま出たような試合展開で前半から打線がよく繋がり投げては山本君がナイスピッチングでした、中谷君にたよってばかりでしたが、やっと控えのピッチャーが出てきたのは、収穫だったと思います。

そして昨日の決勝戦の智辯戦。この秋に2回もこのカードが見れるとは、思いませんでしたが、やはり智辯との試合は、観ていて楽しかったです。やはり智辯は強く、後半追い上げたのですが、向こうのほうが力が一歩も二歩も上でした。しかし県大会ほどの力の差は少し無くなった感じでした、天理もかなり課題が残りました、やはり大一番の守備の乱れと、バッテリーエラーが最後まで響きました。

天理の攻撃は、思い切りが良く智辯のように確実なバントがない野球でしたが、まだまだ可能性のある野球なのでこの冬一層努力して、センバツには、一回り大きくなった天理であってほしいように思います。

智辯との試合は、本当に勉強になり、収穫や課題が浮き彫りになり天理の選手も頑張るのではないのでしょうか。

最後に天理の最後のバッターの関谷君ですが、三振してバットを放り投げて、試合終了のあと審判に注意を受けてましたが、あれは、やってはいけない行為だと思います、せっかく桐蔭戦でダメ押しのホームランを打ってくれたのに、台無しになるぐらいの行為でした。
その前の打者の木村君は、最後の打席にバットに念を入れてヒットを打ってました、それぐらい道具は大切なのに、三振してバットに当たるのは、もっての他です、天理の指導者には、叱られたとは、思いますが

あれは、本人の今までの野球に携わっていた環境そのものを見直すぐらいの行為だと思いました、自分の子供だったら、殴るぐらい怒ります、ああいう部分もこれからは、気をつけないと智辯には、このチームはかなわないでしょう。

せっかくいい試合だったのに少し気分が悪くなりました、本人が一番反省してるとは、思いますが。

http://www.youtube.com/watch?v=xF-nSu5F3xk&feature=youtu.be



0




AutoPage最新お知らせ