ノーギアパワー自己記録更新を目指して________ 93kg級: S:193kg(60才、87.45kg)、B:157.5kg(50才、82.6kg)、D:210(56才、86.6kg) ___________________________________________________________________________________________________ 83s級:S:187.5kg(63才、82.2kg)、B:140.5kg(63才、82.2kg)、D:195(61才、81.85kg)
交通事故の件  

一昨日の交通事故の悔いで、様々な事が頭によぎります。
済んでしまった事は、諺通り「覆水盆不帰」元に戻らないので、今の思いを書き込んだ後は、前向きに孫と一緒に進みたいと思います。

事故は、信号の無い交差点で、私の車の左後部扉に相手側の車が正面から当たり、右に横転しました。
何故そうなったのかは、お互いの立場もあるので、書きません。

当たった瞬間、スローモーションのように、ひっくり返った記憶がありますが、何があったのかと理解出来ませんでしたが、幸いに自分は怪我をしていなかったので、直ぐに状況把握が出来ました。
即、小学6年の孫の事が心配で、孫の名前を何度も叫んだようです。

孫は、後部でうずくまっていました。
外傷は無く、一安心しましたが、肩が痛いと動けませんでした。
嫁さんは、左わき腹の打ち身のようでした。

周りの誰かが、救急車を呼んでくれて、病院で診察した結果、左鎖骨骨折でした。
後部座席に座っていたので、そのはずみで左鎖骨を骨折したと思います。
その他の怪我は、ありませんでした。
嫁さんも打ち身以外の怪我はありませんでした。

相手側の人は、80歳を過ぎた老夫婦の2人が乗って、御主人が運転していましたが、助手席に座っていた奥さんの方が胸をダッシュボードで打って、少し痛みがあったようでしたが、大事に至りませんでした。
御主人は、怪我は無かったようです。

孫だけが、鎖骨骨折しましたが、相手側を含みお互いに体の後遺症が残る怪我で無かったのが、せめてもの救いでした。
又、昨日 相手側からは、孫にお見舞いを頂き、紳士的な対応をして頂き、感謝しています。

ところで、自分が孫の立場だったら、多分 泣き叫んでしたかもしれません。
孫は、痛みで涙を流していましたが、黙って辛抱強く耐えていました。
多分、野球で鍛えられた根性のお蔭かもしれません。
暫くは野球は出来ませんが、小学6年間 野球一筋だったので、神様がここらで少しは休めと思ったのかもしれません。
ただ残念至極は、9月末の小学最後の運動会のリレーで走れないことです。
本当に、孫にはすまないことをしたと、謝り切れないです。

鎖骨骨折の治療は、手術せずに固定バンドによる自然治癒を行うようです。
早く怪我が治って、又 野球が再開出来れば、爺は勿論ですが家族の最高の喜びです。
3




AutoPage最新お知らせ