2007/9/30  22:54 | 投稿者: pansy

雨・・雨・・仕事・・雨。

昨日ある人を見て、今日考えたこと。

人は本質的には変わらないのだろうが、
例えば10年ぶりくらいに会った時に見える変化が
悪く変わっていることのほうが多いのは
仕方ない事なのか。

仕事で10年ほど前、担当していた男性2人。
まぁまぁの大手の会社で同期入社。
年齢は私と同じ。

性格的には
仮にA氏→横暴、ヒステリー、自己中心的、非常識
   B氏→冷静、紳士的、常識的、

私は両氏が主任とか係長の頃から、当時
課長になりたての頃までを知っていた。

そして10年の月日が流れ、最近また仕事で会うことが
多くなった。

A氏は全く変わらず。これは別にいいとして・・
B氏が、まさしくA氏になろうとしてるかのごとく
変わっていた。

紳士を装った横暴。冷静さに隠れる自己中心。
びっくりした。似ていて。

(ちなみに今ではA氏が部長、B氏が副部長。)

図書館で借りた『アウト・オン・ア・リム』
シャーリー・マクレーン を読む。

神秘体験にあふれた自伝。
20年前ベストセラーになって、この本を読んだのが
きっかけになって精神世界にはまった人も
多いらしい。(湯川れい子さんなど)

夢中で読んでたが古い本なので、ページにカレーみたいな
黄色い染みや汚れが気になり、やっぱり買うことにした。

帰りに日本橋丸善へ。

同じ棚にあった『ライフレッスン』
キューブラー・ロス(スピリチュアリズムの巨匠)
も一緒に買う。

精神のほうにばかり行ってしまうのは、
偏るので、

『日本人の精神と資本主義の倫理』
茂木健一郎・波頭亮

も買う。面白そう!
脳科学者と経営コンサルタントの対談。
茂木さんの新しい本が出るたび
やーー茂木さんて、やっぱりいいなぁ、
と思ってしまいます・・。
だって、魅力的にまとも、なんだもん。

2007/9/29  23:32 | 投稿者: pansy

仕事帰りにヨガへ行く。Yさんも珍しく仕事で、そのあと飲み会。

家路に着いたのは10時PM・・お腹空いたなーと思い
ふらふらっとコンビニに入ってしまう。

生たらこのおにぎり(170円)
チリトマトヌードル(150円)
緑黄色野菜サラダ(295円)
渋皮栗のモンブラン(260円)

一人暮らしOLの夕ごはんみたい!
たまにはいっかー。


2007/9/28  0:44 | 投稿者: pansy

私の好きな映画ベスト5の中に、香港映画の『恋する惑星』
という、ウォン・カーウェイ監督のがある。
主題歌は「夢中人」

私は2年前の9月でフルタイムの仕事を辞めた。
だから、家にずっと閉じこもっていると「家庭人」に
なった気分だけど、えいやっと外に飛び出して
しまえば「自由人」の気になる。

4時起き、Yさんを5時に送り出し、また寝る(2度寝)。
せっかくパンが7時に焼き上がったのに、
冷ましてるうちに、ソファでまた寝て(3度寝)、
ホカホカを食べ損ねてしまったよぉー!

そういえば、こないだビューティペルビスのキョウ先生が
「首の後ろの肉を簡単につまめる人は、
(つまめない人もいるんですよー)
2度寝3度寝が出来る人でーす。骨盤が開き気味なのね」
と言っていたが、まさに、その通り。

1時PM過ぎ、Yさん昼寝に帰って来る。
夕方、会社に戻る。

壮大な夕焼けなので、ぱんちんと散歩。
ふだん5時から8時PMは図書館なので
週の半分は夕空が見られない。

クリックすると元のサイズで表示します
○○○○のヴェニス。

水曜に休んだフラメンコの振替えレッスン→ナイトヨガ

初めての先生、清楚な感じ・・名は姿を表す。
マイコ先生。ヨガもオーソドックス。

さすがに屍のポーズの頃には10時PMを回って
大いびきのおばさまが・・。ごぉぉぉ〜zzz
このまま泊まって行って、って感じだった。


2007/9/27  23:30 | 投稿者: pansy

一日中ぼんやり。

夕べ寝たのは確か3時頃。
なのに5時半には、蚊に起こされて、もう起きてるだろう
MKちゃんにメールの返事を送り、またうとうと・・
7時に、既に息子にお弁当持たせて学校に送り出した
MKちゃんから電話が来て、つらつらと話す。

午前中は札幌の母とも電話で話したり
妹や弟の奥さんともメールしたり。

これといって何もせず。(今週、図書館は休館)

4時半PM、Yさん帰宅。
四国のお土産、何もなしー(プンプン)

肉じゃがを作った。

『死体は悩む』上野正彦 を読む。

日本では最近、父親を娘がオノで殺すとか
そういった事件があとを絶たないが
儒教の国、韓国では親殺しはありえないそうだ。

儒教の教えは、今の自分があるのは親を始めとする
年長者のおかげという考えが基本にある。

ソウルの地下鉄では、誰もが自分より年配とみたら
席を譲る。

一度、上野先生がソウルの地下鉄で立っていたら
座っている2人の若者がご婦人に注意を受けていた。
珍しいこともあるなと思っていると
その若者たちは、日本人だったそう。

2007/9/26  0:52 | 投稿者: pansy

水曜日って忙しい。映画が1000円だし(レディスデー)、
フラメンコに、ヨガはローズ先生。

『包帯クラブ』を観た。予想以上に良かった。
柳楽優弥と石原さとみ、はまり役。
この2人以外に考えられないキャスト。
そして天童荒太の原作より、リアルな仕上がり。

映画が終わって、フラメンコのスタジオに急いだけど
15分は遅刻だな・・と思って、くるっと引き返した。

銀座のこじんまりとした本屋で時間を潰し
ローズ先生のヨガ2本続けて取る。

クラスとクラスの合間にお喋りする。

来月1ヶ月インドへ修行に行くそう。

私「彼氏寂しいね」
ローズ「でも最後の1週間、来るみたい」
私「彼氏、日本人?」
ローズ「アメリカ人」

今朝、去年亡くなった同級生が夢に出てきた。
学校の図書室に本を返しに行くと
彼が図書係でいるのだが、だるそうなので
本に○○図書館と書いた紙をセロテープで
貼るのを私が手伝っている。

夢の中で私は彼が亡くなったことを忘れてて
「体きつそうだな・・」と思っている。

共通の友人札幌のM子にメールしたら、
今日が命日だった。夜、集まるそう。

Tくんと私は個人的に友達というわけではなく、
彼の妻Sちゃんも同級生で、私はSちゃんが大好きと
いう関係。

今日1日ずっとその夢が頭を離れないけど
Sちゃんを頼んだよ−と言うTくんからの
優しいメッセージのような気がしてならない。




AutoPage最新お知らせ