2007/11/30  23:46 | 投稿者: pansy

昨日今日と、借りてきた
『平和とは非凡な幸運』曽野綾子 を読む。

新聞の連載エッセイで社会的な話題が多い。

76才とは思えない明晰な文章・思考。
ただ家でテレビを見たり新聞を読んだりしただけで
物申す人との大きな違い・・
実際に自分で動き、その目で見たものしか
信じないという基本。

以前『天上の青』という小説を読んで以来
気になる女性作家ではあるが、なかなかの人物である。


2007/11/29  16:08 | 投稿者: pansy

昨日は日比谷で義妹と映画『ウエイトレス』を観てから
シャンテ内の美味しいカレー屋(インド人だけでやっている)
でカレーを食べた。「他店のサフランライスはターメリック
で黄色い色をつけたものだが、当店ではホンモノのサフラン
を使用しています。サフランは大変高価なので、残さないよう
お願いします」と壁に貼ってあった。真面目だ。

そのあと2人でプランタン銀座と松屋をぶらぶら。

松屋のクリスマス雑貨コーナーで、Xmas trainを買った。
何年か前に、サンタ〜トナカイ〜雪だるま〜天使が
1本の紐で繋がった物を買って、シーズンになると
部屋に飾っているが、その12アイテムバージョン。
ツリーや羊や馬やベルも付いている。賑やか〜☆

クリックすると元のサイズで表示します

ところで映画は大変面白かった。
パイ作りの天才ウエイトレスが、
暴力夫相手に望まない妊娠をしてしまい、
母になるのかパイで身を立てるのか、はたまた
その両方か?で揺れ動くラブコメディ。

美味しい人生は、夫も愛人も誰も作ってはくれない。
自分自身で作るっきゃないのだ。

2007/11/28  8:30 | 投稿者: pansy

朝一番に、ここ数日張り込み(?)をしていた
ツネさんのブログが再開されていた。

視力もすっかり回復されたとのことで
本当に良かった良かった。

しかしいくつになっても「前進あるのみ」
の姿勢は尊敬する。
私も見習わなくては・・。

曇って寒い朝になったが、心は熱いよ。

今日は映画『ウエイトレス』を観てから
ヨガ・セラピーのレッスン、フラメンコ
と駆け抜ける予定。

2007/11/27  13:10 | 投稿者: pansy

昨日は久しぶりにアロマヨガのクラスを取った。
精油は「ゼラニウム」なかなかいい香り。

今日は図書館の時間まで家で、あれこれ。

午前中、大学時代の友人Nと話していて
「まだヨガやってるの?」と訊かれたので
「バリバリやってるよー」と言うと
「なんでもやり始めると長いよね」と言われた。

ヨガはこの春から通い出して、その前はテレビの
スポーツチャンネルで毎日20分間、1年くらいやっていた。
だからまだ2年にもならない。

いつかキョウ先生も言ってたけど、習い事とか趣味に
はまる人って、はっきり2通りに分かれるそうで
エアロビが流行れば、ハイ!エアロビ〜
次!みんなと一緒にジャズダンス〜 
フラダンス〜 今ならビリー〜?
と何となくフラフラ〜とやるんだけど、だいたい半年か
1年もしないで、また新しいことに流れる・・人と
3年5年10年と続けて、ものにする人。

ちょっとかじっただけですぐやめてしまうなら
結局それは「お金と時間のムダ」になる気がして。

やっぱり長く根気強く続けて、自分のものにしたい。

2007/11/26  10:07 | 投稿者: pansy

カウンセラーのべからず10か条の中の1つに
「推論でばかりものを言うな」というのがある。

人は「あの人ってきっとああだからこうなのよ」
と言うのが好き。憶測でものを言うのが。
他人を自分の型にはめて考えると
自分にとっては楽だから。
(これは茂木さんの本でも同じ事が書いてあった
ような気が・・)

「可哀想」という感情もそう。

一見、同情→優しさみたいに思われがち。
でも実は、人が人を可哀想って思う時
そこにあるのは「傲慢」だと思う。

もちろんアフリカで飢えている子供がいる
なんて次元の話ではなく、あくまで
この平等な社会での話。

その人の人生は、その人にしかわからない。
幸せの基準もお金に対する価値観も人それぞれ。
それを「あの人は可哀想な人だ」と公言する
その神経が・・上から見下してるとしか
私には思えない。

可哀想と言った、その人のほうが私から見ると
可哀想に思えるんだけど・・。




AutoPage最新お知らせ