2008/7/31  23:14 | 投稿者: pansy

ディズニーシーへ初めて行った。

イタリアのリゾート辺りにいるかのように
一瞬だけど錯覚してしまうような風景があった。

アトラクションは、沈没船探検みたいのと
ジェットコースターに乗り、
ショウはアリエルと、アラジンの3Dマジックを観た。

札幌の友人と、その娘(高1、中1)と私の4人。

ディズニーランドのほうは、上京してすぐに
無理矢理、閉園前の1時間だけ
連れて行かれたことがある。
だから、夜だったことしか憶えていない。
江口洋介ら、芸能人のグループがいた。

高校の時は、ミニーちゃんの顔がフタになっていて
ぱかっと開けると文字盤のオレンジ色の腕時計を
していたが、遊園地は若い頃から苦手。

でも今日は半分も行かないで時間切れになったので
もう一度くらい行ってもいいかな。シーなら。

クリックすると元のサイズで表示します

2008/7/30  17:55 | 投稿者: pansy

山本文緒、復帰第1弾小説『アカペラ』を読んだ。
うつ病のため、長い期間休業していたが
昨年、日記が出版されて、また小説を書き出した
と知り、楽しみにしていた。

「アカペラ」「ソリチュード」「ネロリ」の
3編入っていて、どれも読み応え十分。
読ませるストーリー健在。

3編とも、近親相姦的香りが漂うが、
全く気持ち悪さがないのは、背景描写が
巧みで暗さがなく、普通に納得できるから。

そして、お得意の[意外な結末]・・

最後に出した小説集が『ファースト・プライオリティー』
2002年 だったと記憶しているが、これも面白かった。
31歳の女性、31通りの最優先事項。

6年で復帰出来て良かった。
これからも、どんどん書いて欲しい。
クリックすると元のサイズで表示します

2008/7/29  23:55 | 投稿者: pansy

昼寝して見た夢の中で号泣していた。

何故か現在働いてる中学の理科の先生
(Aちゃんの担任)が、給食前に
「ご家族のかたが亡くなられたから
すぐ帰るように」と私に言う。
父なのか?母なのか?答えを待つ時間が
長く感じられる。
「お父さん・・布団の中で亡くなっていた」

私は先生に「お正月に帰省したきりですよ」と
訴える。
泣きながら、教室の自分の席に戻り
お弁当を隣の席の男子(中学生)に
渡し「美味しくないけど、食べて」と言う。

玄関まで行ったが、友達に話してから帰ろうと
また3階まで階段を駆け上がる。

廊下は高校になっていて、教室を見てまわり
高校時代の仲良しを探す。

黄色いTシャツ姿のSちゃんがいて、伝える。

外に出ると、小樽の小学校の辺りになっていて
山道を家まで走る。
クリックすると元のサイズで表示します

2008/7/28  0:56 | 投稿者: pansy

10日ぶりに学校へ行った。
不登校気味の生徒の両親との面談。
母親とは何度も会っているが、父は初対面。

エリートのパパ。
専業主婦のママ。
なのに何故、娘は学校へ行くという当たり前の
ことが、普通に出来ないのか。
そのイライラはよくわかる。
そのイライラを通り越して、開き直る気持ちも。

勉強も大事だけど、それ以外に
部活や委員会や、色んな行事を通して
学ぶ大切なものってある。

学校に行かなくても、それに代わる何かが
あるならそれでいい。
でも、何もなければ・・。
13歳から15歳という、かけがえのない日々が
ぽっかり、何もないとしたら
大人になった時、そこはどんな色に見えるのだろう。

今日の夕焼けは圧巻だった。
夏が燃えてるかのような。
クリックすると元のサイズで表示します

2008/7/27  22:15 | 投稿者: pansy

やっと昭和41年元旦。
これは『富士日記』武田百合子 
を、もう何年もちびちび読んでる話。
昭和39年の私の生まれる前日から
日記が始まっていて、夏休みとか
気が向くと、ふらーと読む。

都会と田舎を往復するのは
私の理想とする生活。

エアコンを止めて、窓を開け
夜風に扇風機、蚊取り線香を焚いて。

雷が遠くで鳴ったけど、蒸し暑い。
クリックすると元のサイズで表示します




AutoPage最新お知らせ