2009/7/31  2:55 | 投稿者: pansy

猛暑の2日間は、早朝から夕方まで
掃除洗濯を間にはさみ、ずっと
『嫌われ松子の一生』山田宗樹 を読んだ。

映画では、中谷美紀が演じていた松子。

若く美しく平凡な教師だった松子の人生が
転げ落ちる・・でも読み終わって、これは
現実のどんな女にもあり得る、
ただ窮地に立たされた時の咄嗟の判断とか、
人生の転機でしなくてはならない選択が
少しずつ間違ってしまうと、それが
いつか取り返しのつかないことになるのだ、
と思ってしまった。

人生の幸、不幸は、
ある日突然やってくる、ということは稀で
(通り魔事件に巻き込まれるような場合は別)
自分が人生で選択し続けてきたことの
積み重ねの結果、なのだな・・と
つくづく考えさせられる小説だった。

2009/7/29  8:52 | 投稿者: pansy

『富士日記・上』武田百合子 を読み終わった。
休みに入って、昭和41年7月、8月を読んだ。
家計簿代わりの日記なので、生活のこまごまが
わかって、楽しい。

ライポン、80円。と書いてある。
台所用洗剤の商品名・・私の家でも、ママレモンの
前は、ライポンだった。

しかし、武田百合子って、作家の従順な妻で
有能な秘書、というイメージだったけど
上巻の最後のほうで、それが崩れた。
なかなか豪傑、はすっぱな一面あり、
読んでいて可笑しい。胸がすかっとする。
夫もそこが可愛いと思っていたんだろうな。

昭和41年7月24日
夏休みになって、みんな笑いっぱなしのような
顔をしている。

2009/7/28  21:45 | 投稿者: pansy

また見た、あの夢。

夢の中で、今日は3月最後の日曜日で、
引越しシーズンだから、誰かが引っ越してくるかも
しれないし、不動産屋が客に部屋を案内して
やって来るかもしれないから、その前に
早く荷物を運び出そうよ、とYさんと話してる矢先、
太った不動産屋の男と女性客が一人、アパートの
外にやって来る。不動産屋は誰か住んでる気配に
「おかしいなぁ、空き部屋のはずなのに。
会社に確認してみます」と携帯を取り出したところで
私が出て行く。

「私は1990年から99年まで(実際には2000年)この
部屋に住んでた者で、怪しいもんじゃありません。
当時は会社の借り上げ社宅でした。
そのあと引っ越して、今は隣の○○市に住んでるのですが
どうしてもこの部屋が好きで、時々来ていました。
あ、でも今からすぐ荷物は運びますので、ご心配なく!」

と説明すると、どこかから女の不動産屋も現れて、
さくさくと荷物を運び出したり、
いらないものを処分してくれる。
謎の洗濯板?のような物は捨てー、テレビ台にしてた
アンティークのテーブルは今の家にー、と
仕分けしているが、また今の家に物が増えちゃうな、
と思っている私。

2009/7/25  22:38 | 投稿者: pansy

We went to the fireworks show today.

They were as beautiful as the stars or
the diamonds.

2009/7/23  13:20 | 投稿者: pansy

ステキな本を図書館で見つけた。
『THE BOOK OF COLORS』というシリーズで
写真と短い言葉が添えられている。
 
PINK と RED の2冊借りた。
いい言葉も多いが、写真が神秘的。

それと世界史の棚を物色してて
『人間ものがたり−石器時代から
現代までのわたしたちの歴史−』
という、分厚い本も。

参考書っぽくない世界史の本が読みたかった
ので、借りて、今朝目が覚めて読み始めた。

原始時代のところで、思い出したのが
小学校時代、好きだった里中満知子のマンガ。
原始時代の男女が、おもしろ切なく描かれていた。
もう一度、読んでみたい。

『パリ・下北沢 猫物語』フジ子・ヘミング
も借りた。

こないだの日曜日の朝のトーク番組に
フラワーアーチストのカリヤザキショウゴと川原亜矢子と
3人で出ていた。

フジ子さんがお茶好きと言うと、ファンがお茶ばかり
送ってくる。もうお茶はいいから、猫の缶詰を
送ってください、と言っていた。

犬好き人間には、悪人善人色々いるけど、
猫好きには、悪い人がいない気が、する。

今日の、徹子の部屋は、やなせたかしさん。




AutoPage最新お知らせ