2010/2/11  20:01 | 投稿者: pansy

あまりに長く寝てしまい、見た夢の内容は
思い出せないけれど、一人強烈に夢に出てきた人
が気になって、10年ぶりくらいに電話してみた。

その人は私が新卒で入った会社で
経理にいた女の人で
当時30才位で独身だった。
最初は大きな目で、じろじろ見て怖かったけど、
すぐに面倒見のいい姉さんとわかり、
随分可愛がってもらった。
新宿のデパートでピアス買うのを
付き合ってもらったりね。

電話の声も笑い方も変わらず。
「さきぽん?!」と当時のあだ名で呼ぶと
「さきぽんだよ〜!」と。
お互い会社を辞めてから、会ったのは
たった一度だけだけど。

私が会社の階段から落ちて、膝小僧から
大出血という怪我をした時も、
近所の診療所まで付き添ってくれたのが
さきぽんだった。

会社員時代は色々あったなぁ。




AutoPage最新お知らせ