2011/3/12  19:51 | 投稿者: pansy

こんな怖い経験は生まれて初めてかも。

もう放課後で、職員室でおたよりを配布していた。
揺れ出したので、走って2階のCルームに戻った。
石油ストーブがついてたことと、生徒が4人いたから。
行くと3人がテーブルの下に。
1人は帰っていた。
壁にかかってた鏡も落ちてきたし、
ついたても倒れた。

グランドに避難。
部活の生徒がまだ大勢いた。
グランドの表面がぱっくり割れて、泥水が流れてきた。
歩道に移動すると、あちこち地割れしていた。
ひびが入ったところが、開いたり閉じたりしていた。
私は特別支援学級の生徒1人と、保護者が来るまで
ずっと一緒にいた。
東京湾が近く、津波が来ると3階に避難。

地球が怒っていた。
突然生温かい風が吹き、お湯みたいな雨が降り、
外はこの世ではないような幻想的な、
不吉な色になり、地中でごーーっという唸り声が。

体育館に行ったら、プールの水を汲んでバケツリレー。
1時間かけて、歩いて帰った。

ぱんちんは本で足の踏み場のない部屋の真ん中にいた。
ぱんちんの無事を玄関で知った途端、
左ふくらはぎが、ひどくつった。
床にころがった目覚まし時計が、
2時49分をさして止まっていた。




AutoPage最新お知らせ