2011/5/31  21:05 | 投稿者: pansy

穏やか〜に、5月が終わる。
今日も定時に帰れたし。

だけどもう6月とは思えない寒さ。
シャツに麻のカーディガンだけでは、
帰り道は寒かった。

ヤマザキまるごとバナナ→
ベビースターラーメンが
一口サイズで、しかもチーズ味のお菓子→
バターケーキ→さきいか→
最近はまってるフェットチーネグミ

おやつに甘いもの、しょっぱいものを
交互に食べてたら、ぽわーんと
眠くなり、ちょっと寝たら
部屋が真っ暗になっていた。

2011/5/30  0:14 | 投稿者: pansy

面白くて、2回観た。

堤真一、夏川結衣、余貴美子。
脇役の人々も良かった・・
松重豊、平田満、柄本明。

堤真一が本物の医師に見える。

ナースだった亡き母の日記の回想で、
映画が仕上がってるのも味があって。
最後の場面もとても好きだった。

ところどころ泣きながら。

2011/5/29  19:36 | 投稿者: pansy

まだ5月だというのに、梅雨って一体?
気温も低く、薄手のセーターに首ショール、
そしてコート。
風邪も流行っているらしい。

DVDで『孤高のメス』借りてきた。
堤真一が何となく見たくて、
しかも準新作100円だった。

激しい雨ですっかり足が冷えたので、
お風呂に入ってから観るとする。

今日、すごく懐かしい夢を見たよ。
自分が中2で、藤原くんというちょっと
不良っぽいけどスポーツ万能の男の子に
片思いしていた頃の。
ちっちゃなメモに「すきです」って
書いて渡すべき?と悩んでいる。
こくらないと後悔する!と。
夢の中では、身も心も14歳なのだ。

無意識・・潜在意識の14歳。
何なんだろう?
確かに振り返ると、人生で一番楽しくて、
笑ってばかりいて、いい時期だった。
箸が転んでも可笑しいって、そのとおりで。
クラスが男女仲が良くてね。

つまらない男の先生の国語の時間に、
みんながそれぞれ色んなことをしていて、
それを実況中継みたいに、ノートに書いてる男子が
いて、あとからそれを読んでウケテタ。

「えはら(女子)お腹すいたとうるさい。
あー、たくちゃんの顔があんぱんに見える、
食べたい、食べたいとうるさい。
食われるぞ。さとうふみえ、後ろ向いて
何か言っている。しつこい。
もりや、何書いてんの?と何度もきいてくるが
無視。見せてと言うが、見せないよ。もうすぐ給食だ」

確かこんな感じだった。

2011/5/28  22:12 | 投稿者: pansy

土曜の朝、ベッドサイドのbook towerを
1冊ずつ崩していくのが至福の時間・・・
もちろん、ごはんも食べず、
顔だけ洗って、布団の中で。

そして何冊か読み終わったら、
1週間分のエネルギーが充電される気がする。
群ようこ、美輪明宏、リリーフランキー、
佐野洋子、養老孟司、浅見帆帆子。

雨の土曜日は特に。

集中力はなかなか続かないけど、
何とか2本目のレポート書いて、
次の資料を図書館で予約。

ネット書店もぶらぶら見てると、
佐野洋子の6月の新刊を発見した。
死ぬ気まんまん。←タイトル
多分、亡くなる直前までのエッセイか。
予約注文して、と。

また来週。私の土曜日。

2011/5/27  19:54 | 投稿者: pansy

4月からかかりっきりだったケースが、
やっと今日トンネルに光が見えてきた!
いやぁ〜・・冴えてるなぁ!私!
自分で自分を褒めてあげたい。

それで図書館、閉館時間に間に合った。

『しっぽちゃん』群ようこ

『99人の小さな転機のつくりかた』
ビッグイシュー日本版編集部

猫、犬、小鳥、カメなど、小動物の
話は癒されるのよね。
群ようこに書かせると、笑えるし。

ビッグイシューのリレーエッセイをまとめたものは、
興味のある人のページから、拾い読み。

私にも何度もあった、人生の転機。
ターニングポイント。
その時はわからないんだけど、
あとになって、あれがそうだった、と。

人との出会い、別れ、新しい環境や仕事。

あと2回くらいは、あるかな?

そういう意味では、今日の学校のKも
ターニングポイントを迎えたのだろう。




AutoPage最新お知らせ