2012/12/31  22:11 | 投稿者: pansy

去年の大晦日は、編み物してたっけ?と
日記を見ると、ぱんちんが写っている。
1年後、ぱんちんが居なくて、
新しい2匹が代わりに居るなんて、
想像もしなかった。

あまり変わり映えしない1年と、
色々なことが、微妙に、あるいは大きく
変わる1年がある。

でもそれは、ある日突然変わるというより
毎日の積み重ねによるもの。

人生は、自分の背中に乗っかっている。

2012/12/30  20:20 | 投稿者: pansy

朝は5時過ぎると、ひーちゃんが鳴くので
れんれんがまずひーちゃんのゲージに見に行って、
私に「出してあげて」と言いに来る。

今朝は霧雨の中、2匹を抱っこして
ポストに年賀状を出しに行った。

午前中は3時間ほど勉強出来るが、
昼下がり、すごーく眠くなり
炬燵で座ったまま、うとうと・・。

単調だけど、2匹のおかげで楽しい年末。
クリックすると元のサイズで表示します

2012/12/28  20:33 | 投稿者: pansy

柊の花は金木犀のあと咲くらしい。
12月24日の誕生花。

「古くからその鋭いトゲによって
邪気を払う木とされ、
庭に植える習慣があった。
また、鬼が目を突かれて
退散したという伝説と厄除けの習慣が
現在も残っている。 」
クリックすると元のサイズで表示します

れんれんとの絡みを見てると、
仲がいいのか悪いのか、
遊んでるのか喧嘩してるのか?
どっち?!!
ひーちゃんが寝ると、れんれんも寝る。
(ひーちゃんは私の腹の上で。
分厚い座布団みたいで寝やすい?)
二人同時に、ぶるぶるぶる!

まだ1.5kgの柊なのに、
食欲が旺盛で、鶏ガラへの切り替えもすんなり。
注意してないと、れんれんの分まで
全部食べてしまう勢い。
体重は半分以下なのに・・・。

時々片耳がぴーーんと立って、
そこはやはりパピヨンの血が〜。
クリックすると元のサイズで表示します
ぷぷぷ・・れんれんは下の歯が出っ歯だけど、
ひーちゃんはお口が見えないの。

2012/12/25  22:01 | 投稿者: pansy

2012年は別れと出会いの年だったなー。

クリスマスにれんれんの妹がやってきた!

名前は柊か梅ちゃん?と考えていたが、
顔を見て、ギザギザの耳がひいらぎっぽくて、
ひーちゃんに決定。

店員さんも不思議がってたけど、
最初から私にまったり抱っこされて、
もしかして、ぱんちんですか?ってくらい
家に着いても馴染んでいる。

れんれんは予想通り、最初威嚇し、唸って
吠えまくっていたが、ずーっとそれに
じっと耐えていたひーちゃんが、
突如反撃してれんれんを逆に追いかけ、
トムとジェリー状態で部屋を2周、
ソファの下(れんれんの安全基地)に
隠れて、それ以来いじけてかれこれ2時間
出てこない・・・れんれんよ。

クリックすると元のサイズで表示します

2012/12/24  18:55 | 投稿者: pansy

父:パピヨン 母:ラサ・アプソ

れんれんを見つけたペットショップのHPで、
可愛いハーフ犬を発見。

ラサ・アプソ・・・シーズーの元祖犬。
調べると、
「チベットの山岳地帯。
大変きびしい自然の中で古くから生きてきた犬種です。
修行僧の間では、死後の魂はラサ・アプソの体内に入ると信じられ、
幸運を招く犬として大切にされてきたそうです。
チベット仏教の統率者であるダライ・ラマによって
中国の皇帝に献上されたという記録も残っているとか。
その中国の宮廷で、ラサ・アプソ とペキニーズを
交配させて誕生したのがシーズーなのですね。」

本当は試験が終わったら、もう1匹欲しいと考えていたが、
明日はクリスマス。
見に行こうかな?
クリックすると元のサイズで表示します




AutoPage最新お知らせ