2016/1/17  22:36 | 投稿者: nana

冬もま近な、ひっそりとした秋のひとときは、
寒々として、いやなときだと思ったら大まちがいです。
せっせと、せいいっぱいの冬じたくのたくわえをして、
安心なところにしまいこむときなのですからね。
自分のもちものを、できるだけ身近に、
ぴったりひきよせるのは、なんとたのしいことでしょう。
自分のぬくもりや、自分の考えをまとめて、
心のおくふかくほりさげたあなに、たくわえるのです。
その安心なあなに、たいせつなものや、とうといものや、
自分自身までを、そっとしまっておくのです。
(『ムーミン谷の十一月』より)

気に入った物だけに囲まれて、
お仕事の時と、犬たちの散歩にだけ
外に出て行き、猫たちの温もりが癒し。
夢の中で過去を生きている、
それが今の私さ・・・・。




AutoPage最新お知らせ