恐怖の読書・・・

2010/2/7  21:56 | 投稿者: pansy

昨日借りてきた本

『変な給食』幕内秀夫
日本全国の変な給食献立を写真で再現。
これ見てると、ごはんが週3、パンが週2で
魚、豆類、野菜がバランスよく並ぶ、
我が町の給食が本当にまともに思える。
だって、生クリームサンドと焼きそばだけとか
ありえなくない?

『世界クッキー』川上未映子
「乳と卵」は読んでないが、装丁の可愛い
エッセイ集だったので。

今日の帰り、電車が止まって40分くらい
車内に居たが、分厚い文庫本の
松本清張の傑作短編集
(宮部みゆきセレクション)を
持っていてラッキーだった。
怖い話を読めたので。

怖いと言えば、
『私の遺言』佐藤愛子
を読み終わった。
心霊学にますます興味がわいてしまった。

超常現象。
夕べ、12時頃、確かに電話が鳴ったのだが、
着信履歴は残ってないの。
こういうのも何かの仕業?
面白いなぁ。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ