ミュージャンたちへ

2021/8/14 | 投稿者: sendaikoffeeco

skライブの良さは?
と尋ねられれば、

バックステージパス のような
"特権を与えられたゲスト感"というか、"特別招待感"というか、そういうものだろうな、とおもう。

客席とステージの境界があいまいで、融合しているようなスタイル。
至近距離で、オーディエンスたちと会話しつつ、談笑しつつ進行する贅沢なコンサート。

うちは、そそくさとはける楽屋もないから(笑)、ファンは、その場に残ったアーティストへ、握手やサインをせがんだり、上気した感激を直接つたえたりもできる。

彼らの人となりまで、ダイレクトに感じられる。そんな、まさにステージと、バックステージを自由に満喫できるところが、
最大の魅力なのだろうとおもう。

音楽愛とともに、そうした、ひととひとの繋がりをたのしみに、皆が集まってくる。

それが長年、傍で定点観測しておもうことのひとつ。

skへ来てくれた多くアーティストへ。
たくさんのひとが、あなたたちを待っています。

辛抱がつづきますが、互いに負けず。
暑中見舞いとともに。クリックすると元のサイズで表示します
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ