2020/7/22 | 投稿者: sendaikoffeeco

いろいろなところで無力を感じるなか、何かできないか、と考えて、こうしたことを伝えるもひとつかなと。

日本はどうしてこれほど感染が抑えられているのか?という、いわゆる"ファクターX"
これも解明されつつあるようだ。

ひとは
常に、絶え間なく、さまざまなウイルスに感染し、免疫をつくり、他のウイルスから体を守っている。

武漢から新型ウイルスG型が上陸するすこし手前、昨年12月ころ、
日本国内へは、弱毒性のK型ウイルスと、S型ウイルスというものが、武漢からの避難民や、その後につづく中国人の入国によってピークをむかえていたという。

このころ発症せずとも、これらK型、S型に大多数の日本人は感染していたという。

これがファクターXで、K型、S型に感染し、体のなかに免疫をつくったひとたちは、
その後新たに新型ウイルスに感染したとしても、無症状であったり、一晩発熱することにより、新型のウイルスを体外へ押しだす、という人体のしくみに守られていた。

その逆もあるようで、ウイルス干渉というようだ。

中国沿岸や、日本はそうした要因があって、被害が少なかったという。

反対に、アメリカやイタリアなど、
国境封鎖が早かった国々は、K型が上陸ぜす免疫が広がらなかっため、新型Gウイルスにやられてしまったということだ。

さらに医療インフラや保険制度の問題も重なって、こうした結果になったのだろう。

単なるファクトとしては腑に落ちる。

やはり、ウイルスとの共存が根本的な対策で、逆に過度に活動を控えてしまった結果、抗体を途絶えさせることの危険もあるという。

健常者であるなら、コンディションを維持しつつ、これまでとおりの社会生活を送る、というのがいいのだろう。

こうした背景を隠し、ひとたちを怯えさせるための、中身のない数字だけの感染者報告や、いろいろなものには作為があるとおもって、冷静にみて行動すべきなのだとおもう。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/7/17 | 投稿者: sendaikoffeeco

きのうは雑誌の取材がありました。
その折の店内スナップ撮影の模様。

媒体露出。
ユナは2度目かな。今回初がリナ。

カメラマンさんが、"ふたりともかわいいなあ" とハイテンションになっていたのが可笑しかったです。

でもそれもプロの気遣いなんでしょうね。

おかげでユナリナも
リラックスした表情をしてました笑。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/7/12 | 投稿者: sendaikoffeeco

今夜は、これより地元宮城のユニットtae-chuの有観客カフェライブ。
彼らにとっても、skにとっても自粛以降初。

すべてのミュージャンを、すこしでもはやく
"おかえり"と迎え入れたい。

クリックすると元のサイズで表示します


この模様の一部は、今週16木曜、TBC朝の情報番組"ウォッチン!みやぎ" にて放映予定です。
0

2020/7/11 | 投稿者: sendaikoffeeco

カバーアルバム「mariage」を引っさげた全国アコースティックツアー『宮田悟志 “mariage” Acoustic Live Tour 2020』の振替日程が決定いたします。

<仙台公演>
【日程】
8月2日(日)
【会場】
SENDAI KOFFEE
宮城県仙台市青葉区春日町4−25 パストラルハイム春日町1F
HP:https://purple.ap.teacup.com/sendaikoffeeco/
【時間】
17:30開場/18:00開演
【料金】
\5,000(税込)
※1ドリンク別
【メンバー】
Vo. 宮田悟志
Pf. 中村豊
Gt. エリアスチアゴ
【ご予約】
メール予約
yoyaku.satoshimiyata@gmail.com
○件名:8月2日 仙台公演
○本文: @予約氏名(フリガナ) Aチケット枚数 Bお電話番号
上記を明記の上送信お願いいたします。
確認でき次第、当日の整理番号を記載した返信メールをお送り致します。
3日以内にこちらから返信のない場合は恐れ入りますがもう一度ご連絡下さいませ。
ご予約受付中!!

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/7/6 | 投稿者: sendaikoffeeco

この晩のサプライズのひとつ

ゲストセレクター
ヒックスヴィルの真城めぐみ の顔が
スクリーンに映し出されると
会場には
安堵と懐かしさ
歓喜のおもいが溢れてでていたようです

巷には
たくさんの音が溢れかえっているけれど

とりわけ
ひとつの人生にとっての
大切な音楽とは
個々人のかえがたい何かと
けっして切り離すとこのできない
そんな関わりをもったものの
ようにおもいます

それが音楽のもつ
偉大さのひとつであり

涙や哀しみ
希望や笑顔とともに
だれもが抱える想いや
糧と昇華されていくもの

旋律だけでなく
ひとの背後にある
そうしたものに触れることは

ときにそのひとの核心や
人間味に
歩み寄っていくことであるような気もします

"コーヒーと音楽"

必需品でもなんでもない

暮らしののなかの
余白のようなものの組み合わせ

今般の渦中
計り知れない犠牲や打撃に
見舞われている音楽業界
カフェ業界

そんななかでも
積極的行動をとりたい

佐藤氏との話し合いを端に
捻り出された企画でした

ラジオディレクターとしても
第一線で活躍していた彼ならではの
ラジオを楽しむような雰囲気づくりと
飽きさせない演出 心配り

あの変幻自在
自由度の高い音楽性をもつ
真城めぐみのルーツや
それに対する熱量を
垣間見ることができたり

会場も
彼らの
"おもひでレコード"を通し
それを自身の人生のどこかの時代に
置き換え

慈しむように
堪能している姿が

これまでともまた異なる
手応えと可能性の感じさせる
良質な場の出現を
予感させてくれました

☆GROOVE COUNCIL presents "S.K.おもひでレコード @" 7.5 sun.
SENDAI KOFFEE CO.
17:00 open / 17:30 start ~ 19:00 end
\2,000 (ケーキセット付)
*要予約
*先着20名様限定(座席数の半数)
groovecouncil@gmail.com
SK係まで
Storyteller:佐藤ヒロユキ (GROOVE COUNCIL)

美味しい珈琲とスウィーツをお供に、思い出のレコードを皆んなで聴く贅沢時間。
佐藤ヒロユキ (GROOVE COUNCIL)のほか、skに所縁のあるミュージシャンが選んだ1枚も紹介。

第1回目のゲストセレクターはHICKSVILLEの真城めぐみ。(本人は来ませんがそのレコードにまつわるコメントをもらい紹介します)

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ