2020/7/6 | 投稿者: sendaikoffeeco

この晩のサプライズのひとつ

ゲストセレクター
ヒックスヴィルの真城めぐみ の顔が
スクリーンに映し出されると
会場には
安堵と懐かしさ
歓喜のおもいが溢れてでていたようです

巷には
たくさんの音が溢れかえっているけれど

とりわけ
ひとつの人生にとっての
大切な音楽とは
個々人のかえがたい何かと
けっして切り離すとこのできない
そんな関わりをもったものの
ようにおもいます

それが音楽のもつ
偉大さのひとつであり

涙や哀しみ
希望や笑顔とともに
だれもが抱える想いや
糧と昇華されていくもの

旋律だけでなく
ひとの背後にある
そうしたものに触れることは

ときにそのひとの核心や
人間味に
歩み寄っていくことであるような気もします

"コーヒーと音楽"

必需品でもなんでもない

暮らしののなかの
余白のようなものの組み合わせ

今般の渦中
計り知れない犠牲や打撃に
見舞われている音楽業界
カフェ業界

そんななかでも
積極的行動をとりたい

佐藤氏との話し合いを端に
捻り出された企画でした

ラジオディレクターとしても
第一線で活躍していた彼ならではの
ラジオを楽しむような雰囲気づくりと
飽きさせない演出 心配り

あの変幻自在
自由度の高い音楽性をもつ
真城めぐみのルーツや
それに対する熱量を
垣間見ることができたり

会場も
彼らの
"おもひでレコード"を通し
それを自身の人生のどこかの時代に
置き換え

慈しむように
堪能している姿が

これまでともまた異なる
手応えと可能性の感じさせる
良質な場の出現を
予感させてくれました

☆GROOVE COUNCIL presents "S.K.おもひでレコード @" 7.5 sun.
SENDAI KOFFEE CO.
17:00 open / 17:30 start ~ 19:00 end
\2,000 (ケーキセット付)
*要予約
*先着20名様限定(座席数の半数)
groovecouncil@gmail.com
SK係まで
Storyteller:佐藤ヒロユキ (GROOVE COUNCIL)

美味しい珈琲とスウィーツをお供に、思い出のレコードを皆んなで聴く贅沢時間。
佐藤ヒロユキ (GROOVE COUNCIL)のほか、skに所縁のあるミュージシャンが選んだ1枚も紹介。

第1回目のゲストセレクターはHICKSVILLEの真城めぐみ。(本人は来ませんがそのレコードにまつわるコメントをもらい紹介します)

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ