2021/1/23 | 投稿者: sendaikoffeeco

鬼滅の刃。

あの映画が、これまでのビジネスモデルを古いものにした、という点が興味深かった。

その本質は、きちんと「作り手」に利益が還元されるケースをつくった、ってことだ。

通常の映画というと、
広告代理店の仕切りで、「製作委員会」というのができて、放送局や出版社、各種スポンサーなんかがたくさん入り込んでいて、その中間搾取が嵩む。

今回は、テレビというより、サブスクから火がついての映画化。
製作委員会もなく、シンプルに、「集英社」と、「アニメーション会社」と、「制作」の三者のみでつくられたものだったという。

この差は大きい。

資金や宣伝攻勢といった支援もとうぜん大事だろう。

だけど、大手局やメディアの、一方向的な発信から成功したヒットでなく、
草の根レベルから評価されて、メイカーサイドが、その恩恵を受けた、ということに価値があったのだとおもう。

モノを右から左へうごかして、その利鞘で儲ける商業が、今日最大級の幅をきかせている。

だけれど、きちんとなにかをつくりあげて、そうしたひとたちが、きちんと報われる、というカタチが、本来あるべき姿のはず。

アニメ業界って、ほんとうに低賃金の劣悪環境で踏ん張ってるクリエーターたちがごまんといるところ、というから、
鬼滅型のあたらしいスタイルは、彼らへも救いの光になったんじゃないかな。

アニメはほとんど観ないクチだけれど、ストーリーもいいって聞くから、あとゆっくりたのしんでみたいな。

クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ