2020/1/26 | 投稿者: sendaikoffeeco

おはようございます。写真は冬季限定フォンダンショコラです🍫
今夜26日曜はライブのため、16時までの通常営業です。
原田珠々華 カフェツアー 仙台公演
チケットはソールドアウトです。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/1/24 | 投稿者: sendaikoffeeco

おおはた雄一
「ギターと珈琲、ときどき言葉」
2020年3月22日(日)
【会場】宮城・仙台市 SENDAI KOFFEE CO.
(仙台市青葉区春日町4−25 パストラルハイム春日町1F)

【出演】おおはた雄一 (Vocals & Guitar)
【時間】open17:30/start18:00
【料金】¥3,500+1D別/当日¥4,000+1D別


【ご予約受付】グルーヴ・カウンシル 
groovecouncil@gmail.com  
・公演名(仙台 or 名取)*複数公演のお申込みも可能です。
・枚数(両公演ご希望の方は仙台1・名取2などとわかるようご記入下さい)
・氏名(フルネーム)
・電話番号
以上を明記してメールにてお申し込み下さい。

受付後3日以内に詳細を返信しますので、上記アドレスからのメールを受信できますよう
設定のご確認をお願いします。

【お問合せ】グルーヴ・カウンシル 

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/1/21 | 投稿者: sendaikoffeeco


湯川潮音ツアー第二章“弦とわたし”
2020年3月13日(金)
湯川潮音
SENDAI KOFEEE CO
(宮城県仙台市青葉区春日町4-25)
開場:19時/開演:19時30分
前売り3,300円/当日3,800円(1ドリンク別)

●●●お申し込み●●●
【店頭販売】SENDAI KOFEEE CO 店頭で販売しております。

【メール予約】sendai0313@furo-kikaku.com
「お名前(ふりがな)、携帯番号、イベント名、人数(4名様まで)、お連れ様のお名前」を添えて、上記アドレスまでお申し込みください。
・メール送信後すぐに自動送信メールが届きます。自動送信確認メールが届かない場合、
メールアドレスを誤って入力しているか、迷惑メールとして処理されている可能性がございます。sendaikoffee@gmail.com
@furo-kikaku.comが受信出来る設定になっているか必ずお確かめください。

問い合わせ:info@furo-kikaku.com
==========================





【湯川潮音プロフィール】1983年東京出身。小学校時代より東京少年少女合唱隊に在籍、多くの海外公演などを経験。
2001年ポップフィールドではじめて披露された歌声が 多くの話題を呼ぶ。翌年のアイルランド短期留学から帰国後、
自作の曲も発表し本格的な音楽活動をスタート。以降、美しいことばの響きを大切にした歌詞、
クラシックやトラディショナルを起点に置いた独自の世界観で音楽を紡ぎ続けている。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/1/15 | 投稿者: sendaikoffeeco

フローリストたちの激戦区、パリ1区にある古巣有名店に舞い戻った西間木さん。
一時帰国で聞かされるその活躍の凄みに、ショックと悔しさばかりが立つ再会でした。

言い換えれば、刺激と奮起の呼び水を汲んでくれた。
これには感謝。
ありがとう。

フランスへ移住し、もともと彼女の備える潜在力が解放されはじめているな、と感じます。

独特の嗅覚で、
望むひと、環境、運命を切り拓き、糧として輝いていく。
どこにいても励みをくれる。

敬意とともに、大切にしたい友人のひとりです。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/1/14 | 投稿者: sendaikoffeeco

今回の西間木さんの帰国と再会を待ちわびていたナツキ。

理由は、遡ることその高校時代。
当時、進路に迷うナツキに対し、西間木さんは「建築」というひとつの指針を与えていたといいます。

それを受けたナツキは、大学で建築を専攻し、卒業後はその方面へ就職。
加えて、先だっての二級建築士の一発合格を、どうしても直接西間木さんへ報告したかった。



念願叶う夜でした。
涙目だったふたり。



ナツキも、西間木さんから聞かされた、刺激あふれるパリでの仕事ぶりに、またいろいろ感じるところがあったようで、ここからさらにどう変わっていくのか、
見守りたいところです。





追記
ナツキがスタッフとなった縁も西間木さんでした。


フラワーレッスンの生徒として、skに通うようになったことがきっかけ。
カウンター越しに、背のちっこい女の子が、「ここで働きたい」と直訴してきた4年前のあの風景を、まるで昨日のことのように覚えています。



クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ