2020/7/6 | 投稿者: sendaikoffeeco

この晩のサプライズのひとつ

ゲストセレクター
ヒックスヴィルの真城めぐみ の顔が
スクリーンに映し出されると
会場には
安堵と懐かしさ
歓喜のおもいが溢れてでていたようです

巷には
たくさんの音が溢れかえっているけれど

とりわけ
ひとつの人生にとっての
大切な音楽とは
個々人のかえがたい何かと
けっして切り離すとこのできない
そんな関わりをもったものの
ようにおもいます

それが音楽のもつ
偉大さのひとつであり

涙や哀しみ
希望や笑顔とともに
だれもが抱える想いや
糧と昇華されていくもの

旋律だけでなく
ひとの背後にある
そうしたものに触れることは

ときにそのひとの核心や
人間味に
歩み寄っていくことであるような気もします

"コーヒーと音楽"

必需品でもなんでもない

暮らしののなかの
余白のようなものの組み合わせ

今般の渦中
計り知れない犠牲や打撃に
見舞われている音楽業界
カフェ業界

そんななかでも
積極的行動をとりたい

佐藤氏との話し合いを端に
捻り出された企画でした

ラジオディレクターとしても
第一線で活躍していた彼ならではの
ラジオを楽しむような雰囲気づくりと
飽きさせない演出 心配り

あの変幻自在
自由度の高い音楽性をもつ
真城めぐみのルーツや
それに対する熱量を
垣間見ることができたり

会場も
彼らの
"おもひでレコード"を通し
それを自身の人生のどこかの時代に
置き換え

慈しむように
堪能している姿が

これまでともまた異なる
手応えと可能性の感じさせる
良質な場の出現を
予感させてくれました

☆GROOVE COUNCIL presents "S.K.おもひでレコード @" 7.5 sun.
SENDAI KOFFEE CO.
17:00 open / 17:30 start ~ 19:00 end
\2,000 (ケーキセット付)
*要予約
*先着20名様限定(座席数の半数)
groovecouncil@gmail.com
SK係まで
Storyteller:佐藤ヒロユキ (GROOVE COUNCIL)

美味しい珈琲とスウィーツをお供に、思い出のレコードを皆んなで聴く贅沢時間。
佐藤ヒロユキ (GROOVE COUNCIL)のほか、skに所縁のあるミュージシャンが選んだ1枚も紹介。

第1回目のゲストセレクターはHICKSVILLEの真城めぐみ。(本人は来ませんがそのレコードにまつわるコメントをもらい紹介します)

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/3/23 | 投稿者: sendaikoffeeco

いかにも鳴りの良さそうな
ギブソンのヴィンテージフルアコを構え
フェンダーのツインリバーブへ繋ぐ

楽曲ごとそして
イントロ ヴァーヴ 
バッキング ソロと
局面ごと巧みな奏法と
トーン ボリューム操作で
音色を使い分け
聴かせるおおはた雄一

ときにウォームに
ときにラウドに

やさしく枯れた大胆と繊細を
最大限ひきだすギターマニア


そして
ベテランでありつつも
いまだ音響というものを妥協なく追求し

その水準と信頼で
さまざまな実力派ミュージャンから
引っ張りだこのサウンドマン
groove council 佐藤氏


佐藤氏が探り続けるサウンド
明暗や硬軟
響き 伸び

さらに
アーティストの人間性 感受性まで
理解し
表現へと反映させることにより
ライブというパッケージに
さらなる付加価値を
見出そうとする独自の試み

ここに共鳴し
このところ彼とのタッグを好む
おおはた


ブルース フォーク
カントリーなど
ルーツミュージックを通過し
目視の距離にある日常や生活を

特有の抜け感と
洒落たワードセンスで歌い上げてゆく


生演奏でいかんなく発揮される
彼のパフォーマンスクオリティー
それを最高質の音の粒で届けあげる佐藤氏の後方支援

この結びつきでこそ提示しうる喜び


贅沢極まりない時空に
この日集まった多くのオーディエンスも
堪能し切っていたようです





☆おおはた雄一
「ギターと珈琲、ときどき言葉」
2020年3月22日(日)
仙台 SENDAI KOFFEE
open17:30/start18:00
¥3,500+1D別/当日¥4,000+1D別
【ご予約受付】グルーヴ・カウンシル 





クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/3/11 | 投稿者: sendaikoffeeco

311。未曾有の天変地異から9年。そしてここに重なる現在の有事。混乱と危機。
変えるべき本質に届かない声や想いに
無力感が比例します。

主催、演者とも複雑な心境のなか、
今夜の生演奏会は、予定通り開催いたします。


2020/3/11(wed) SENDAI KOFFEE
『〜3.11〜小さな宇宙の音楽祭』
open 18:15 / start 19:00
charge 投げ銭+1drink
LIVE
松本敏将(tobaccojuice)、次松大助(The Miceteeth)、タカハシヨウヘイ

SENDAI KOFFEE
仙台市青葉区春日町4-25パストラルハイム春日町一階
022-224-7403
0

2020/2/19 | 投稿者: sendaikoffeeco

☆THE CHARM PARK
"THE CHARM PARK 1st Dreamers TOUR 2020"4月27日(月)
〈宮城〉SENDAI KOFFEE CO.
開場19:00/開演19:30
▽チケット情報
全自由 : 3500円(別途ドリンク代必要)
▽FCサイトはこちら
thecharmpark.bitfan.id
クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/2/2 | 投稿者: sendaikoffeeco

伝説のバンド「はっぴいえんど」誕生50年にちなみ
「日本語のロック」が生まれた瞬間を解明していった
ノンフィクションW TOKYO ROCK BEGINNINGS −日本語のロックが始まる「はっぴいえんど」前夜−

にて昨年末 
大滝詠一役を演じたことで話題となったssw 笹倉慎介 

今回8年ぶり
2度目のsk公演でした


埼玉県 入間市米軍ハウス
ジョンソンタウン内の
カフェ兼レコーディングスタジオ
guzuriを長年主催 

ここを拠点とし
数多のアーティストの
レコーディングへ関わりつつ
自らの音楽活動をこなしてきた彼

そのことも
先述の大滝詠一役への抜擢へ
彼らの歴史と重ね
間接的に影響していたのか

あの起用で想像されるように
古き良き日本語ロックの
良質な継承者でもある笹倉慎介


おだやかな人柄が
そのまま滲む
ノスタルジックな世界観を
精通した音楽性を介し
淡々と紡ぐ
生演奏

後半は
仙台を中心に
幅広く活躍するギタリスト伊藤克広も
ゲストとして参加
数曲をコラボレート


浮遊感あるサウンドと
主旋律を効果的に浮かび上がらせる
フレージングで
楽曲へ高揚感を与える好サポートを魅せ

笹倉慎介
待望の仙台公演も
より濃密なものと
なっていたようです




☆笹倉慎介 仙台公演
日時:2月2日(日) 
OPEN 18:00 / START 19:00
会場:SENDAI KOFFEE 
料金:前売3,000円 当日3,500円(+1ドリンク代)ゲスト伊藤克広(gt)



クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ