2021/1/4 | 投稿者: sendaikoffeeco

大崎八幡宮。
祓い浄めていただく。
息子のトレーニングウェア借りて、忙しい彼の分まで。

高校時代ときおり、外周して、この石段で、走りやらされたな。

選手権も勝ち進んでるみたいだけど、観ると泣けてきてだめだな。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/12/31 | 投稿者: sendaikoffeeco

社会人となり、ジンセーをたのしむ手段としての「働くこと」が、「生きるため」にかわり、いつしか「生きること」になっていた。

今年、「働くこと」が、これほどままならなかったということ、ほんとう心身に応えたな。
それは、すなわち「生きること」だから。

いろいろなことに気づけた一年だった。

そして、期せずのさまざまなものに救われた一年でもあった。


辛抱のトンネルは、まだまだつづくだろうことは覚悟をして、そのさきで羽ばたけるように、これまで通り、壁にあたりながら、「生きていく」よりないのだろうな。


本年もskをご愛顧いただきましたこと、心より深く感謝申し上げます。
2021年元旦は休業。
2日からオープンいたします。

来年もなにとぞよろしくお願い申し上げます。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2020/12/26 | 投稿者: sendaikoffeeco

コロナの根絶は不可能という。
生物学的な事実。
おそらく人類史以前からの。

共存を前提で、対策する。

ワクチンが解決にならないことや、変異による危険性、
PCRの反応精度の低さ、数値操作などのことなど、埋もれる言論のなかで、心ある専門家は指摘しています。

そして、接種や検査による億や兆円単位の利権がどこに流れているのか、とか。

見かけの感染者がふえると、いったいだれが得して、だれが損をするか。

冷静に状況把握するってことと、
自分になにができるのかをさがして、実行するってところでは、平事も有事もかわらないのだな。

後者のむずかしさは、ほんと痛感した一年だったな。

あと
マスクがほんときらいだ、ってことも笑

花でも飾ろ。


クリックすると元のサイズで表示します
1

2020/12/17 | 投稿者: sendaikoffeeco

使い込んだ実用的な手のじいさんばあさんをみると、そうありたいな、とおもっていた。

気がつけば、年中ひび割れの、ボロボロな手の持ち主になっていた。

切れた指先が、ねつを帯びて疼くし、作業効率を引っぱってくる。

だけど、すまんもうすこしおれのジンセーにつきあってくれ、と願いする。

クリックすると元のサイズで表示します
3

2020/12/6 | 投稿者: sendaikoffeeco

店をスタートさせたときには
このサインはなかったんです。

白扉のまえに、"SENDAI KOFFEE"
って紙に書いたものをおいていただけ笑
じふんらしかったな、ともおもう笑
昔からかわらない笑

すこしあとになって
ぼくが落書きした原案を、きちんとプロにデザインしてもらって、このカタチにいたりました。

不眠不休でも平気で、
無我夢中だった黎明期。
ある種のゾーンに入っていたのだろう、ともおもいます。
あのときの瞬発力だったからこそ生み出せた、
"コーヒーカップにハートを込めて"
というアイデア。

ここに365日
"ごくふつう"に灯りをともすこと。

してきたことは、ただのそれだけ。

サインづくりに協力してくれたデザイナーさんは、数年前、若くして倒れてしまって、もうこうした仕事を頼むことはできなくなってしまった。

311から1週間。
"(営業再開した)看板の灯りをみつけて、
泣きながら、ここまで走ってきました"
お客様から、そんなことを言われたこともあったな。

2020年は、コロナ禍。
めちゃくちゃに振りまわされて。
それでもひたすら辛抱してサインをともす。

おおくの出来事、傷
特別や日常を内包して
SENDAI KOFFEE という屋号も、このロゴも、懐もった厚みのある存在と成せるといい。

それが、
店が月日とともに生きることなのかもしれないな、などともおもう。

クリックすると元のサイズで表示します
1




AutoPage最新お知らせ