2018/10/22 | 投稿者: sendaikoffeeco

同質的なコミュニティの良さと
限界

その先にある多様な価値観を
もったひとびととの共同体のようもの
コモンズ


東北に数多くいる
アートコーディネーター
彼らの営みや役割の重要性に着目した
一般社団法人アーツグラウンド東北 千葉優太氏が発起人となり

そこからさらに踏み込んで
「文化的コモンズをつくる」
ということをテーマした
シンポジウムが

今般のskで開催されました

コメンテーターに
戸舘正史(愛媛大学社会共創学部寄付講座 松山ブンカ・ラボ ディレクター)
小川智紀(認定NPO法人STスポット横浜 理事長)

ファシリテーターとして
桃生和成(一般社団法人Granny Rideto 代表理事)
を迎え

この
非常に難しい問題に対し
彼らの意見や見解を受け

東北各地からの多くの参加者らも
手探りながら
真剣な議論を展開

新たな繋がりなどとともに
たいへん有意義な会となっていたようです



☆シンポジウム「次代を担う東北の文化的コモンズをつくる」
〜誰もが参加できる文化的入会地とは〜


日時:2018年10月22日(月)15:30〜17:30
場所:SENDAI KOFFEE
   (仙台市青葉区春日町4−25 パストラルハイム春日町1F)
料金:無料(1ドリンクのご注文にご協力ください)
定員:40名(先着順)
【内容】
昨年度、「コーディネーター」という存在に着目しながら、「文化的コモンズ」の形成の可能性を実践的に考える目的で、調査・研究・フォーラム・ネットワークを柱として実施しました。対象地域は東北の太平洋沿岸45市町村として、青森県から福島県までの被災地域の現地調査・研究に取り組みました。また、大船渡市にてフォーラムを実施しました。
平成29年度に行われたこの事業の報告書を元に、「文化的コモンズをつくるとは具体的に何をつくることなのか」を参加者とともに「悩み、実践してみて、整理して、また悩む」といった共同作業の場をつくります。
「文化と社会の接点」の様々な可能性をともに探っていきませんか?多くのご参加をお待ちしております。
昨年度の報告書はこちら
goo.gl/KEfvqR
【コメンテーター】
戸舘正史(愛媛大学社会共創学部寄付講座 松山ブンカ・ラボ ディレクター)
小川智紀(認定NPO法人STスポット横浜 理事長)
【ファシリテーター】
桃生和成(一般社団法人Granny Rideto 代表理事)
【お問い合わせ/お申し込み】
下記のメールアドレスまで、氏名、所属、(当日連絡可能な)電話番号、メールアドレス、人数(ご同伴者がいる場合のみ)、ご参加を希望されるコース(シンポジウムのみ、勉強会のみ、両方)をお知らせください。
agra06t@gmail.com(千田まで)

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/10/22 | 投稿者: sendaikoffeeco

"TALK これからの大人の部活動 〜社会につながる文化的サードプレイス"

「大人の部活動」

学生時代の
特有の連帯感やそこへ注ぐ情熱

そのようなイメージを
社会へ出た人間
大人たちの
仕事や家庭などの所属とはまた別の趣味や遊びのような
一方すこし真剣な営みについて例える

今回
このテーマのもと

小松 理虔  (地域活動家・ライター)
阿部 峻久  (特定非営利活動法人Wunder ground 事務局長)
松崎 なつひ (宮城県美術館教育普及部学芸員)
今川 和佳子 (アートコーディネーター)
?
といった
青森 福島 宮城
東北各地で
実務の傍
意識的 積極的に
ひとびとや地域のなかで
面白い活動をしているパネラー4名が登壇


彼らの取り組み
そして
それに対して
現在起きつつある町のリアクションなどを
紹介

生活の余白のなかでの
地域と個人の
新しく建設的な関係性


それを築くヒントのようなものを
この日集まったお客様も興味深く
探っていたようです




☆TALK これからの大人の部活動 〜社会につながる文化的サードプレイス〜

日時2018年10月22日(月)13:30〜15:00

料金1,000円(1ドリンク付)
定員40名(先着順) ※要事前申込 

会場
SENDAI KOFFEE CO.
(仙台市青葉区春日町4-25 パストラルハイム春日町1F)

出演
小松 理虔  (地域活動家・ライター)
阿部 峻久  (特定非営利活動法人Wunder ground 事務局長)
松崎 なつひ (宮城県美術館教育普及部学芸員)
今川 和佳子 (アートコーディネーター)






クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/10/9 | 投稿者: sendaikoffeeco

☆TALK これからの大人の部活動 〜社会につながる文化的サードプレイス〜

日時?? 2018年10月22日(月)13:30〜15:00
?
料金? ?1,000円(1ドリンク付)
定員? 40名(先着順) ※要事前申込 
?
会場
SENDAI KOFFEE CO.
詳細
artnode.smt.jp/event/20180831

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/10/9 | 投稿者: sendaikoffeeco

☆シンポジウム「次代を担う東北の文化的コモンズをつくる」
〜誰もが参加できる文化的入会地とは〜
2018年10月22日(月)15:30〜17:30
場所:SENDAI KOFFEE
料金:無料 1d別
定員:40名(先着順)
詳細
google.co.jp/amp/onpam.net/…

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/2/24 | 投稿者: sendaikoffeeco

この日 登壇の写真家 MOTOKO 女史
こんな例えをします

彼女が手掛けた
くるり ベスト版のアルバムジャケット
京都タワーを正面から撮った写真


建設当時
景観を損なうと
圧倒的な不評を生んだというこの建造物

あるとき
人気アーティストのアルバムジャケットとなる
ファンたちは
京都へ訪れると
そのアングルで撮影し
SNSへアップする

その連鎖で
いつしか ひとつの観光名所となり
斜陽だったタワー自体も
活性化していく



ソーシャルメディアの台頭による
トップダウン形式で情報を下ろす
マスメディア時代の終焉に着眼し

コマーシャルフォトグラファーとしての活動からの模索変遷をへて
ソーシャルメディア
"ローカルフォト"へ移行したという彼女


この手法を応用し
「土地」や「ひと」
そして「日常」に
フォーカスし
コミュケーションの手段とし

それによりローカルに
光をあて
新しいうねりを生み出そうとする試み

小豆島カメラ や
http://shodoshimacamera.com/

長浜ローカルフォト
http://nagahamalpa.tumblr.com/
というプロジェクト中心に解説


"ローカルラーニングツアー in 山形"
https://reallocal.jp/yamagata
を企画し

ハード
ソフト両面からのリノベーションに
近年力を入れている山形市

建築設計や不動産業のみならず
都市計画などへも切り込む
東京 日本橋の(株)オープンAとの
タッグで運営された今回


こうした意識で
地元を眺めてみる

参加者にとっても
おおきな刺激ともなる機会であったようです




☆talk event「一枚の写真が地域を変える」 2月24日(土)18:00〜
登壇 写真家 MOTOKO
500円(税込)(ワンドリンク)
主催
山形リノベーションまちづくり推進協議会、山形市
企画:株式会社オープン・エー
協力:reallocal山形

|

クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ