Come Back Johnny!

グロテスクな表現、画像がある為、心臓の悪い方は閲覧しないように
してください

 

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
サム・ライミ監督デビュー作品。休暇を郊外で過ごそうと別荘を訪れた数人の男女が、そこで見つけた“死者の書”という奇妙な本とテープレコーダーに録音されていた呪文を紐解いたために邪悪な死霊が復活。次々と若者たちを血祭に上げていく。怖かったですし、面白かったで...
<strong>ホラー映画洋画</strong>

ホラー映画初心者のすけきよです。ついに見てしまいました・・・

グラビアアイドルの<a href="http://blog.odakyoko.chu.jp/" target="_blank">キョコさん</a>やなかよし(思い込み?...
5人の若者が山奥の貸ロッジに遊びに行く。偶然地下室で奇妙な本とテープレコーダーを見つける。何気にテープレコーダーを廻すと、ある学者の声が入っていた。この本は死者の書。死霊を呼び起こす本だったのだ。そし
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ