ブルーロベリア

最近もっとも気にいっている花を表題にしました。ガーデニング、ワイン、ビール、など話題にしていきます。
コメント欄に自由に書き込みを御願いします。

 
ブルーロベリア

カレンダー

2006年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目

RSS取り込み1

RSS取り込み2

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2006/6/22

鉢植えのアメリカンブルーが咲き始めました。

クリックすると元のサイズで表示します


夏の暑い時期、ロベリアのブルーが途絶えたあと、暑さにめげずに花を咲かせる貴重なブルーです。

霜に当てなければ越冬するので、無加温の温室で刈り込んで毎年越冬させます。
7年目くらいになるので相当大株になりました。
そろそろ玄関のロックガーデンの脇へ鉢を移す時期です。

刈り込んだ小枝を水差ししておくと冬の間に根が沢山でてくるので鉢上げして
梅雨の間に路地に定植しています。

今年はまだ植え込んでいないので6月末までには植えないと・・・。
と思いながら今週の土日は仲間と山に出かけてしまうので来週です。

クリックすると元のサイズで表示します
キンギョソウも春に一旦咲いたあと、花の穂を刈り込んでおいたらまた咲き始めました。ピントがあっていませんが。


あと、南向きの台所の前に植えた梅(南高梅)の実を収穫しました。クリックすると元のサイズで表示します

今年は4キロ近くとれたので、しょうゆ漬け、塩漬け、梅酒、を仕込みました。
2月には台所の窓のそばに白梅が見れるので好評です。
0

2006/6/19

まずは宿根草中心の庭の一角の様子を初公開です。
人によっては、雑然としていると感じてくれる人もいるようですが、イングリッシュガーデン風の自然な感じをイメージして植えたつもり・・・。
(というか手入れしなくても言い訳がたつような風?)
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します昨年の春球根を植えた右端のアスチルベ・カトレアが元気よく咲きました。
少し、左にあるアスチルベ・アメジストはまだつぼみです。


クリックすると元のサイズで表示します

左端に見える黄色の花はクニフォフィアです。英国から
取り寄せた種から育てもう7年目ほどに。
ちょっと変わった雰囲気の花です。


左の奥にはジギタリス、バラが最近まで咲いていましたが、紹介するまえに終わってしまいました。

手前の黄緑色はリシマキア。昨年植え付けたらはびこってしまい、隙間に植えてあったパンジーが負けてしまいました。でもいい色です。
手前に少しロベリアも植えてありますが、もう限界・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ついでにこの間の土曜日に作った多肉の寄せ植えをひとつ。
伸び放題になって型崩れした多肉を切り込んで挿し木。しばらくは楽しめるでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/6/11

クリックすると元のサイズで表示します昨日、初めて屋外の鉢植えズッキーニを収穫しました。ズッキーニは、市場で売られているきゅうりぐらいのサイズより2倍位大きくしたほうが歯ごたえもあり、好きなので少し大きめになるまで待ちました。普通は15cm位だと思いますが、23cmまで大きくしました。
さっそく、カポナータ(ラタトューユ)にして本日いただきました。
(カポナータは煮込んでしまうので、あまり歯ごたえとかはありませんが、存在感はあったと思います、どちらかというと、炒め物にして歯ごたえのあるズッキーニの方が好きですが・・・)

実は本日、ワインと自作のビールを味わう会と称し、パーティを開催したのですが、メニューは次のとおりです。

<料理>
1.カポナータ
2.ホタテとタコのマリネ(レモンと、オリーブ油)
3.生ハムのレタス添え
4.トマトと豆腐のサラダ(梅ソース和え)
5.ミートボールのトマト煮
6.ペペロンチーノ

あと、参加者には持ち寄り不要とご連絡していたのですが、いろいろ提供していただき、鳥の砂肝白髪ねぎ添え、各種野菜のガーリック炒め、手作りパン(黒ごま入り)、米ぬかクッキー、特性の海老せんべい、各種チーズの盛り合わせ(野生やぎのフレッシュチーズ、ゴルゴンゾーラ、他珍しいチーズ)をいただきました。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します





<飲み物>
1.自家製ヴァイツェン(小麦のビール)
2.自家製ラガービール(缶詰簡単セット)
3.白ワイン(chateau MARSAN):ソービニオンブラン80%+セミヨン20%
4.白ワイン(Muscadet Sevre et Maine Sur lie(2004))
5.赤ワイン(Bourgogne Passetoutgrain:2002 J,P,Truchetet)
6.赤ワイン(Cotes-Du-Rhone:2003 Les Rabassiers)
7.赤ワイン(Pauillac:2001 Carruades de Lafite)

12時過ぎからはじめ、あっという間に夕方6時になってしまいました。館山のKさんの海老せんべいの独創性に驚かされました。君津のYさんご主人の手製の料理も砂肝がワインにあって驚き。 チーズもウォッシュタイプのとろとろ柔らかチーズで、最後のポーイヤックとは絶妙の相性で感動しました。
また、次の自家製ビール(ベルジャン・ホワイト)が完成した暁には、また味わう会を開催したいと思います。

0

2006/6/5

睡蓮鉢の睡蓮と池の別の睡蓮が咲きました。写真は昨日の日曜に撮ったものです。
クリックすると元のサイズで表示します

睡蓮鉢の方は直径5cmほどの小型種です。
時期になるとまとまってさくのできれいです。

クリックすると元のサイズで表示します
池の方は、1週間ほど前に咲いたものより小さめの中輪種で可憐なピンクが気にいっています。


クリックすると元のサイズで表示します次はアルストロメリアです。これは5年ほど前に英国から取り寄せた種から発芽したものですが、毎年春になると出てくるものの一向に花が咲かず、昨年からようやく咲きはじめたものです。
木が茂っている間に植わっているため、日当たりのせいかとも思いますが。
アルストロメリアは花弁に黒ぽい筋がたくさん入っているのですが、この種類は比較的筋の色が薄く目立たなくて気にいっています。

クリックすると元のサイズで表示します最後にプランターに水を張って植えた稲(酒造用米)です。漸く肥料が効いてきて青々としてきました。
昨年と今年、鴨川の大山千枚田保存会の行事で田植えを体験してきましたが、今年も苗の残りをもらってきて植えたものです。
指導に従って一ヶ所あたり4〜5株を15cm間隔で植えています。千枚田の稲とどちらがよく育つか競争です。

0
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ