〜シリーズ メルボルンのライフスタイルがオンライン化しました  お知らせ



TNC Monthly Report
クリックすると元のサイズで表示します
ライフスタイルリサーチャー


株式会社TNC ライフスタイルリサーチャー〜シリーズ 世界のライフスタイル〜12月のマンスリーレポートで、オーストラリア・メルボルン特集をしていただきました。


こちらの企業は、斬新な目線で世界各国に暮らす日本人の目から見たその国の情報や声、その国に長く暮らさないとわからない文化や、数字に潜む意味をひもとくことを特技としています。


日本人が未だ知らない斬新なモノやコトを探すインバウンズ、日本企業が進出する際のベースとなるリサーチはアウトバウンズ。そのどちらにも、ライフスタイル・リサーチャーとして様々な事業を展開されています。

クリックすると元のサイズで表示します


メルボルン記事の編集に当たり、ご担当のUさんには私のおぼつかないレポートを親身になってご対応くださり感謝とともに、長いことメルボルンに暮らしていても知らなかったことが山ほどあり、色々と調べていく中で勉強になったことも数多くありました。


このBLOGでは、自身の移住生活の経過や、日本とはバックグラウンドが異なる中での子育てで、それぞれ日本だったら?オーストラリアだったら?と試行錯誤をしつつ、住む場所は違ども実生活を通してそれぞれの国の文化や背景、生活様式、考え方などを照らし合わせたテーマにしています。何かしらのご参考になれば幸いです。


2019年の半ばから再開したこの『私のメルボルンライフ』をいつもご覧いただいて、本当にありがとうございます。


1

2020/1/21

猫カフェ ショーンとプリンの2日目  家族

皆さま、こんばんは。今年のメルボルンの夏はまだ来ない?このまま冷夏??という感じ。


さて昨日の初顔合わせでどうなることかと心配もあった先住猫の兄ショーンと新参猫のプリン。。。


仲が良いのか、ガチ喧嘩しているのかよくわからず。。。結構ひどいじゃれあいをしていました。


流石に初日の夜は上の子(人間)が、『僕がプリンを自分の部屋へ連れてくよ』と言ってくれて、一晩様子を見ながら夜を明かしました。


人間でもそうなのかもしれませんが、客観的に見ていてだんだんと近づいていく様子が動物の場合は露骨で面白いですね。


子猫のプリンは既に躾けられたのか?先住猫のショーンが教えてくれたのか?トイレも所定の場所でしっかりできました。


餌場は、初めは2匹で争奪戦を繰り広げていましたが、今やショーンが譲っています。


なのでプリンが見ていないところでこっそりショーンに餌をあげたりとこちらも気を使います。


そして、猫のベッド。。。もしかりで1日目はプリン用(下の写真参照)にベッドを用意してあげたのですが、今やすっかりもともとショーンが寛ぐ場所&ベッドを占領。

クリックすると元のサイズで表示します
やむなくショーンは少しはみ出して、快くプリンに譲ってあげていました


2日目にしてだんだんと気心が知れて仲良く擦り寄ってます
クリックすると元のサイズで表示します

全豪オープン好発進の大坂なおみ選手のテニスを2匹で応援
クリックすると元のサイズで表示します

まだたまにすごい取っ組み合いというかお互いに甘噛みをしたりして見ている方は驚きますが、私は兄猫ショーンがハンターとしての要素を子猫のプリンに訓練しているのではないか?と思います。


その昔、今や優しいショーンもポッサムの頭やネズミの頭を狩り取ってましたからね。(動物の本能は恐ろし過ぎる)


調べてみると本当に嫌いあってる猫同士ならば同じ場所にも居たがらないそうなので、『それはないな』っとホッと胸を撫で下ろしています。


朝も起きると『ご飯くれ〜』と2匹して足元にまとわりついてきます。バタバタしてると落ち着かないですが温かく見守っていこうと思います。


すっかり猫に翻弄されつつ、猫カフェのような我が家です。
0

2020/1/19

兄猫ショーンと子猫のプリン  家族

皆さま、お久しぶりです。お元気ですか?


メルボルンは雨続き。恵みの雨とも言えますが、朝晩はまだ寒かったりします。


ところで、本日我が家に新家族が増えました!


その名も『プリン』元気いっぱいの茶とらの子猫ちゃんです


クリスマスの日に偶然とも言えるタイミングで1年ぶりに戻ってきた黒猫のショーン


彼はもう8歳になるので人間でいうとアラフィフくらい。。。もうそろそろお疲れ気味なのか、日中はの〜んびりとお昼寝しています。


そんなショーンに友達というか弟分というか、そんな思いから今回も『RSPCA』で 可愛いAdopted kittenを見つけました。


もともとショーンは大人しく聞き分けの良い人懐っこい猫なのできっと仲良くなれるだろうとは思うのですが、ちょっと様子見です。


今のところ、まだ4ヶ月の元気いっぱいのプリンに押され気味。。。


まだちょっとお互い近寄ると威嚇し合っています。


そんな様子を見ていた下の子(10歳)が『なんだかまるで僕とお兄ちゃん(14歳)みたいだね』っと仲裁に入っています。


いやはやそれにしても人間の子もそうだけど赤ちゃん猫は我が家に来てからずーっと遊び続けています。


黒猫ショーンも茶とらのプリンもまたオス猫なので、なんと4BOYS+OLDBOY(笑)とかなり賑やかになっています。

茶とらー英名(ジンジャータビィー)鼻や肉球はピンク色、性格は食いしん坊で甘えん坊に加え憎めないキャラ
クリックすると元のサイズで表示します
額にM字の模様やアイライン、頬の上の方にクレオパトララインが特徴的
クリックすると元のサイズで表示します
下の子の膝の上でまったり
クリックすると元のサイズで表示します
猫草を食べると元気復活
クリックすると元のサイズで表示します


気温の上下が激しいので体調管理も難しいですが、皆さまお身体大切に。


ではでは今日はこの辺で〜

0

2020/1/9

花・花・花  メルボルンでの生活



皆さま、こんにちは。


最近、花触ってなかったなぁ、新年生け初めでもしようかな。


家族の集まりでいただいたワイルドフラワーが枯れそうだったので、再利用。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリスマスアレンジメントやリース
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


義母のお誕生日に
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


今日はこの辺でお終い〜
0

2020/1/6

息子のスリープオーバー  子育て


皆さま、こんにちは。


ここのところ、メルボルンの住宅街は少し閑散気味。。。というのもこちらは日本とは季節が逆なので今は夏休み。


およそ、12月中旬から約1月いっぱいサマースクールホリデーなのです。とそれに伴って家族でどちらかへお出掛けっということも少なくないのです。


メルボルンが拠点だと、近場でタスマニアやニュージーランド、シドニーやゴールドコースト、ケアンズ。少し足を伸ばして東南アジア諸国。タイやマレーシア、バリなどなど皆さん割と1週間とかゆっくりされている方々が多いようです。


ちなみにタスマニアへはカーフェリーが出ていたり、シドニー辺りへは10時間くらいかけて車で行かれる方も多いです。


私はかなり前に、ニューカレドニア、プーケット、国内だとケアンズ、ゴールドコースト、ブリスベン〜フェリーでモートン島などへ行ったことがあります。


しかし実際仕事をしていた時は、日本人の生真面目な?性格上なかなか長期休暇を取るのも気が引けて、それでなくても日本帰国で1ヶ月くらいの休暇を既に取っているとそれ以外ではなかなか難しく、ここ数年どこへも小旅行は出掛けていませんでしたね。

クリックすると元のサイズで表示します
ところでこのなが〜いサマースクールホリデー。うちはホリデーの時だけはお泊まり許可しています。


上の中坊は社交的なので小学校の時からいつもお泊まりへ行ったり、友達が泊まりに来たり。。。


一緒にゲームをしたり、チップスを食べながら映画を観たり、近くのバスケットコートへ遊びに行ったりと楽しそうにしています。


年頃の男の子なので何をしてあげたら良いのかわかりませんが、以前お友達が来た時にちょこちょこ差し入れをしていたら、今回は事前にこう言われました。。。


『お母さん、あまり色々持ってこないでいいから』っと一言。きっとうざかったのでしょう


ということで、それでもポテチやチョコチップクッキーやミントライムウォーターなどいそいそと出てきた息子に渡したりと、無駄な抵抗をしています。


これまた下の小坊は小さい頃から滅多にお泊まりへ行ったり、来たりがなくお友達誘おうか?とオファーしても『いい、行かない』ということで家で自分なりに色々と遊んでいるのが良いそうです。


前のホリデーで兄弟で泊まりに来てくれた時にちょっと頑張って夕ご飯に唐揚げや焼きそばを作ってみたのですがあまり好評ではなかったので、オージーボーイズの口に合う食べ物は?というのもまた考えものですが、今回は息子のリクエストでPizzaにしました。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/1/2

真夏のオーストラリアで冬のワンダーランド  メルボルンでの生活

謹賀新年


皆さま、新年はいかがお過ごしでしょうか?


こちらは、クリスマスの盛り上がりも束の間、新年は花火やイベントなども開催されますが、大体2日から通常通り仕事が始まります。


どちらかというとクリスマスの方が一大イベントのようですね。


真夏のオーストラリアの風物詩ともいえる、ホームデコレーション。クリスマスが終わっても新年が明けてもまだまだ健在。


今回は家の近くのホームデコレーションを見物しに行ってきました。


テーマ『真夏のオーストラリアで冬のワンダーランド』

クリックすると元のサイズで表示します
ライトで家の壁がが見えないほど
クリックすると元のサイズで表示します
大きな雪だるまとトナカイ
クリックすると元のサイズで表示します
家を照らすプロジェクター効果で躍動感がスゴイ
クリックすると元のサイズで表示します
シンプルで素敵ーお家の前庭に

メルボルンで最も人気のあるクリスマスライトのいくつかの場所では、毎晩何千人もの観客が訪れ、交通渋滞を引き起こし、地元のカウンシルや警察がこの混雑を回避する対策も施行されるほど。


こちらは12月10日前後から開催され、1月上旬くらいまでになりますが、これらのハウスデコレーションは


『The Melbourne Christmas Lights Finder』という アプリで以前より簡単にメルボルンでライトアップしている家を見つけ、自分なりのツアーを組み、色々なお家の外観を見学することも可能です。

クリスマスライトサーチ


メルボルンで最も人気の場所リスト
MELBOURNE’S BEST

NORTH(北部)

118 The Boulevard, Thomastown

42 Gordon Grove, Preston

24 Allumba Dve, St Helena

SOUTH(南部)

1 Lulworth Place, Frankston North

151 Dalgetty Rd, Beaumaris

6 Tennis Court, Mornington

EAST(東部)

7 Angel Close, Narre Warren

43 Jenola Pde, Wantirna South

88 Parkhill Rd, Kew

WEST(西部)

1 Crana Crt, Hoppers Crossing

Wilson Cres, Hoppers Crossing

Santander Cres, Point Cook

雪のマシン、フォグマシン、巨大なスノーフレークライト、窓用に偽の雪のスプレーとステンシルも人気があります。また、移動する赤と緑のドットライトを家やメリークリスマスのようなメッセージに照射するプロジェクターも人気があります。

多いところはおよそ2万個のライトが使われているそうです。またシドニーでは人気投票によるコンテストも行われているそうです。この先メルボルンでももっと大体的に行われそうですね。


まだご覧になっていない皆さまは是非一度行かれてみてはいかがでしょうか?思わず歓声をあげてしまうほど!
0

2019/12/28

旅する気分で召し上がれ〜アメリカ南部へ  メルボルン観光日記


皆さま、こんにちは。


クリスマスの喧騒が終わっても、1月の初旬までは引き続きクリスマスモードのここメルボルン。


今年も余すところ数日となりました。相変わらず全くと言っていいほど年の瀬気分は味わえない雰囲気です。


さて、先日メルボルンにあるちょっと遊び心のあるレストランへ行ってまいりました。


オーストラリアには世界屈指のグルメガイド『ミシュラン』に代わるものとして『グッドフードガイド』というものが毎年9月に発行されています。


これはミシュランの星のようなシェフハット(HATS星1〜3)でランク付けされ、評価はそのレストランの雰囲気や外観、サービス、景色を楽しめるなど、来場者の口コミをとても重要視しています。


今回は、メルボルンでも予約を取るのが難しいとされる『Atlas Dining』 1 HAT


オーナーシェフは何度も海外の他のレストランに修行へ行き、そこで学んだ料理を提供しています。


予約はオンライン上で、予約の確認メールは航空券を思わせる名前や到着地(今回はアメリカ行き)です。


席に着くとパスポートが置かれており、オーナーの理念や経験から得た食の技術、テーマなどが記されています


以下コースメニュー

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
地元産King fish (ヒラマサ)のスモーク焼き
クリックすると元のサイズで表示します
中華風ソースの前菜
クリックすると元のサイズで表示します
魚介とアメリカ南部の主食ともされるグリッツ
クリックすると元のサイズで表示します
スモークフライドチキン
クリックすると元のサイズで表示します
とても柔らかく新鮮な和牛ブリスケット(胸肉)BBQ
クリックすると元のサイズで表示します
ストロベリークッキーアンドクリーム
クリックすると元のサイズで表示します
明るくシンプルな内装
クリックすると元のサイズで表示します
個々に用意されている革製のカトラリーケースがお洒落
クリックすると元のサイズで表示します
外観はシック たまたま駐車中の赤い車が映えます

ATLAS DINING | USA MENU

133 COMMERCIAL ROAD,
SOUTH YARRA, VIC, 3141

PH: 03 9826 2621
E: US@ATLASDINING.COM.AU
TUES-SAT, LUNCH & 6PM-LATE

0

2019/12/25

1年ぶりに帰ってきた猫〜サプライズクリスマスプレゼント  クリスマス2019

クリックすると元のサイズで表示します



皆さま、メリークリスマス


昨日、約1年間行方不明(その間2回ほど一瞬だけ戻ってきていた?)だった、うちの黒猫ショーンが戻ってきました!


生きていてくれて感謝です。


今年の1月の半ば、ショーンが外にいるのを見たのが最後、神隠しにあったようにいなくなってしまいました。いつもはお散歩してすぐ戻ってきていたのです。


それから以前の記事(2019年6月黒猫のショーンが行方不明)にも書きましたが、できる限りの手を尽くして天命を待つ、という状況でした。


先日、アニマルシェルターから連絡が入り耳に入っていた個人情報のマイクロチップから、家の情報がわかったそうです。


捕獲した場所は、かなり家の近くだったそうです。きっとどなたかの家猫として飼われていたのでしょう、とのこと。


猫のショーンは少し痩せて、お腹に噛まれた傷があり、しばらくアニマルエイドの治療が必要だったので、昨日ようやく引き取りに行きました。


家のことや、家族を覚えているかどうか?心配でしたが、はじめは少し警戒していましたけど、しばらくするといつもいた場所に落ち着いて一緒にTVを観ていました。
クリックすると元のサイズで表示します


色々と猫ちゃんの餌、水場を整えてしばらくは様子を見つつまた元気になるように願います。
クリックすると元のサイズで表示します


昔からの習慣で外に出たがろうとしますが、家の中のみで過ごしてもらおうと思います。


子供達へもサプライズなクリスマスプレゼントとなりました。

1

2019/12/23

SofitelNo35でクリスマスランチとショッピング🎶  もうすぐクリスマス



皆さま、あっという間にクリスマスの週になりました。


クリスマスショッピングはまだまだ終わっていませんが、今日の夜から明日にかけて慣行予定です。


基本、ショッピングは必要に迫られてお店に直行直帰、あまりブラブラ見回ることはありません。


色々と見れば、もっと良いものが見つかるのでしょうけども。。。苦手ですね。


そんな私ですが、久しぶりに女友達とクリスマスランチ&ショッピングを決行!


クリックすると元のサイズで表示します
メルボルンのコリンズストリートSofitel HotelNo35レストラン
実はここは数十年前に、結婚パーティーをした場所で、思い出があります

クリックすると元のサイズで表示します
メルボルンの街 緑が多いですね

クリックすると元のサイズで表示します
テーブルにはクリスマスのセッティングが。クリスマスクラッカーが添えられて
クリックすると元のサイズで表示します
ビュッフェ形式でしたが、デザートも美味しい
客層は、かなり年配の皆さまが多かったですね


その後、メルボルンCBDでショッピング。

クリックすると元のサイズで表示します
まずは ZARAを見回してみました
クリックすると元のサイズで表示します
それから、H&Mへ。ただ今、クリスマスセール中
クリックすると元のサイズで表示します
戦利品!黒で大きめのトートバッグ(内側がピンクのスエードで可愛い)と、椰子の木模様のムームーのようなサマードレス$15はお買い得


帰りはスタバで一休みして、帰りましたとさ。
0

2019/12/20

エスケープルーム〜リアル脱出ゲーム体験  メルボルン観光日記


皆さま、暑いです。はい、ここメルボルン。現在8PMの気温。38度。今日の最高気温は43度。


あの、そうなんです。夕方から夜にかけて更に気温が上昇するのです。しかし”クールチェンジ”といって日によって涼しい風に変わり、気温も夜にかけてかなり下がる場合もあるのですが、今日は今のところまだきていませんね。


さて、先日メルボルンCBDにあるエスケープルーム”リアル脱出体験ゲーム”へ行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

ゲーム開始前に説明書を読み、1人代表で外との連絡が取れるトランシーバーを持ち込むことができるので、煮詰まった時にヒントをもらえます。


ゲームスタートです。制限時間は60分。この脱出は部屋の中のあらゆる数字のヒントから、番号式のロックを解除していきます。


まず初めの小さい個室@に入室します。壁に貼られた時計の文字、絵画をブルーライトで読み取って浮かび出てくる暗号を解読したり、銅像の位置を変更して、そこからヒントとなる数字を紐解きます。


個室@には4つの番号式鍵があります。


なんとか全ての鍵を開け、次の個室Aへ。


ちょっとお化け屋敷を連想させる部屋で、血のついた足形や、昔流行った映画の”チャイルドプレイ”を彷彿とさせるチャッキー人形のようなものが何体もあり棺桶も置かれていたり、大きいパネル式のロック解除や、造形文字を暗号から読み解きます。

クリックすると元のサイズで表示します

個室Aには全部で8つくらいの番号式鍵があったかな。


私たちは4人で入ったのですが、結構初めからスピードを飛ばしていかないとゴールにはたどり着けないと思います。


今回体験したのは、” Escape Hunt Melbourne” でしたが、” エスケープルームメルボルン”でググると、色々なタイプの脱出ゲーム体験ができるようです。


・Rush escape room
・The Mystery room
・Escape hunt
・Spaceship escape
・Ukiyo escape room
・Virtual reality escape room
・Doctor Q escape room
    ・
    ・
    ・
    ・

これから1月いっぱい迄は長いサマースクールホリデーに入ります。


" Escape Hunt"は小学3年生くらいから大人まで楽しめるので、体験してみてもいいかもしれませんね。


* 各エスケープルームのサイトから詳細や適正年齢などを確認して、予約をしてからの参加をお勧めします。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ