2019/10/7

久しぶりのサプライズ  メルボルンでの生活

皆さま、お元気ですか?


メルボルンでは2週間の春休みが終わりようやく今日からターム4(年間の最終学期)がスタートしました。


とともに、私の学校も今日からでしたが、気づいたら日曜日からサマータイムになっており、1時間ほど時間が早まったので、朝がかなり辛かったです。


このスクールホリデー中に、お友達から素敵なサプライズ!


メルボルンには素敵なカフェが多いのですが、なかなかそのカフェ目がけて出かけることもなく、お友達に連れて行ってもらいました。


本当はその日メルボルンを流れるヤラ川沿いでウォーキングでもしようね、なんて話していたのですが私の誕生日もあったので気を利かせていただいてサプライズでブランチに行ってまいりました。


思いがけず、とっても素敵でお料理も文句なし!のカフェだったので、既にご存知の方も多いとは思いますが、書いております。


クリックすると元のサイズで表示します
TOPPADDOCK
658 Church St, Richmond


クリックすると元のサイズで表示します
爽やかな夏日和でしたのでちょうどこの辺のデッキ席に座りました
クリックすると元のサイズで表示します
ちゃんとしたエッグベネディクトを食べたのは初!かも
クリックすると元のサイズで表示します
お花畑のようなパンケーキが美味しいそうです


是非これからの時期、ヤラ川沿いでのお散歩がてらお出かけしてみても〜
0

2019/10/5

タピオカティー?バブルティー?!  クッキング

いつもご覧いただいてありがとうございます。今年ももう10月…後2ヶ月もするとここメルボルンもお馴染みのクリスマスモードに突入かぁ。


まぁ彼らにとっては年に一度の最強イベント。毎年、毎年しきたりのようにやってくるHAPPYモードのクリスマスシーズン。


さて今日は『タピオカティーを作ってみました。』の話題。


今年の7〜8月に日本へ帰った時ももれなく割とどこの店でもタピオカティーを売っている場所が目についた。


ここメルボルンでも、アジアン系のカフェやレストランではメニューに勢揃い。


クリックすると元のサイズで表示します
こちらはCLAYTONという場所にあるChayo Japanese Cafeで飲んだ、タピオカほうじ茶ラテだったかな。


こんな感じだったら自分でも作れるかな。ということで、アジアングロッサリーショップで、タピオカを探してみたら、『Black Pearl』とい名で売られていました。


クリックすると元のサイズで表示します
カエルの卵みたいですね。

クリックすると元のサイズで表示します
これを30分くらいグラニュー糖(黒糖でも)で煮詰めて…


クリックすると元のサイズで表示します
タピオカ抹茶チャイラテを作ってみました。上のフォームはアーモンドミルク〜美味しかったです。


ところでこのタピオカ用のストローも必需品。


お知り合いに教えてもらった『Sustainable BubCup』
クリックすると元のサイズで表示します
ストローの色も選べるし、Co2排出を減らすための再利用可能。こんなので飲んだらもっと美味しそう♪
ミルクシェーキやスムージーでもOK。


タピオカティー、こちらでは、バブルティーBubble Teaと呼ばれているそうだ。


では今日はこの辺で
0

2019/9/22

長いようで短かった日本帰国の旅〜最終回〜  日本滞在日記

皆さま、お元気ですか?


長かったようで短かった日本滞在もこれで最終回となります。いつも読んでいただいて本当に感謝しています。


無事に全行程を終了し、あれよあれよと言う間に帰る日になってしまいました。


最後の日は近所のスーパーやマツキヨで日用品を買ったり、1人でライオン・キングを映画館で観たりとあっという間に時間が過ぎてしまいました。


滞在中は、整体にも4回通い、ボキボキっと首や背骨の歪んだ箇所も治してもらったりと、身体も少しシャッキっとしまして、先生にも適度な運動は必要ですねっとのアドバイスを受けこちらへ戻ってからは、ピラティスでインナーマッスルを鍛えています。


こちらにいると、必然的に車移動になるので、今後に備えて足腰を鍛えていかないと、若さにはもう敵いません。


実家は駅近なので、母が改札まで見送りに来てくれました。しばらくは急にガランとしてしまった家でさみしくなるだろうな。
(朝早かったので、髪ボサボサですね)
クリックすると元のサイズで表示します


成田空港にも、毎回帰国の度に友達が見送りに来てくれて、いつも本当に嬉しいです。ありがとうございました。


帰りの飛行機も日本航空です。ここで少し機内食などの内容を載せておきます。


機材はボーイング773。行きと同じエコノミーでしたが、今回は結構混んでいるようで、真ん中の4人席になりました。


また、行きと同じように機内食もかなり美味しかったです。

クリックすると元のサイズで表示します
スカイタイムのキューイジュース かなりリフレッシュできます。
クリックすると元のサイズで表示します
ランチのお子様プレートーデザートはプッチンプリン味の日本プリン、たべっ子動物まで
クリックすると元のサイズで表示します
そしてこちらは、若き料理人達による機内食RED-U35
クリックすると元のサイズで表示します
味付けが完全に日本人好みでペロリッと平らげました
クリックすると元のサイズで表示します
そして、軽食ではエアーモスバーガー
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
デザートはハーゲンダッツのアイスクリームとコーヒー
クリックすると元のサイズで表示します
ちょうど帰りの機内で14歳の誕生日を迎えたお兄ちゃん、CAさんからちょっとしたプレゼントを頂きました。とても嬉しかったようです!
クリックすると元のサイズで表示します
まだまだ冬のメルボルンへ到着〜


来年は、とうとう2020東京オリンピック🇯🇵 友人何人かは、観戦チケットが抽選で当たったそうです。


まぁでも日本に住んでると、その期間はおそらく真夏でかなりの猛暑だし家で涼しくTV観戦の方がいいわぁとも言っていました。


来年はどうかなぁ、帰れるかなぁ。。。まだちょっと未定ですが、やはり私はこちらよりも日本で過ごした期間の方が断然長いので、安心するし、落ち着くなぁと思います。


今回は3週間という短い滞在でしたが、リラックスして、たくさんの親戚や友達にも会えて短い間でしたが色々な場所にも出掛けて、またこちらでの生活を続けていくための息つぎの期間にもなりました。


母のことも、いつも心残りではありますが元気に過ごしてもらいたいです。


9月半ばの台風で、関東の多くの地域で被害が出てしまいました、まだ残暑の続く中一刻でも早い復旧をお祈りしています。


2019年.7月ー8月にかけて日本滞在記
1

2019/9/14

もうこれが最後かもしれないな  日本滞在日記

皆さま、お元気ですか?


京橋の三井ガーデンホテルで一泊した次の日、朝食付きのプランだったのでオムレツなどの朝食をいただき、その後母には以前私がこちらから(メルボルンの自宅)スカイプの遠隔でみていただいたスピリチュアル東京のカウンセリングのプランを入れておきました。

*詳しくは、2019年7月6日の記事『スピリチュアルカウンセリング〜信じる?信じない?!』をご覧ください。
SPIRITUALLY-TOKYO


実は、これまた引き寄せの法則なのか?ホテル予約をする際はそのスピリチュアルサロンがまさか隣のビルだなどとは露知らず、蓋を開けてみたらなんと!隣り合わせだったのです。


ということで、こちらも事前予約。母にはサプライズだったのですが、もしかしたら嫌がるかもしれないので(戦前生まれなもので)、もしそうなら私が対面でみてもらってもいいかな、と思って話したら結構その気になり、母を入り口まで送り30分間みてもらうことになりました。


みてもらった後、その方も外まで出てきてくれたので、私も直接対面しました。


母もたった30分間の会話を色々と楽しそうに話してくれたので、まぁまぁ良いサプライズにはなったかな。


チェックアウトをし、皇居を抜けてタクシーで向かいます。この辺りも懐かしそうにタクシーの窓から眺めていました。


この日もかなりの暑さで、歩くと足に痛みのある母は気づくと5mくらい後ろをヨチヨチ(ヨボヨボ、トボトボ?)歩いていて休み休みゆっくりと廻りました。

クリックすると元のサイズで表示します
私の生まれた場所のすぐ前にある懐かしい神社で、双子の母の名前の由来にもなった神社『久子と國子』

クリックすると元のサイズで表示します
昔ながらの家屋が残る


母の実家は数十年前に引っ越して、今はマンションが建っているのですが、ご近所さんはまだ残っていて、懐かしそうにしていました。


『もうこれが最後かもしれないな』っとちょっと寂しそうに呟いていました。


今は1人での遠出はなかなか難しくなってきていて、ここまで来ることももうあまりないかもしれないので、良い思い出になっているといいのですが。


ところで、この辺りには本当にたくさんの神社やお寺があります。例えば…
『愛宕神社』『増上寺』『日枝神社』などなど
なんでも江戸城を建てる際に、徳川将軍家と天海僧正によって鬼門・裏鬼門封じのために、江戸城と周りの寺社が風水や陰陽道に基づいて造営された可能性があり、(風水・陰陽道説には賛否両論あります)江戸城を中心として方位を確認すると、全てが江戸城を護る位置に建てられていることが確認できます。:江戸城を守る寺社仏閣考より
なので、現代でも東京周辺は未曾有の災害からなんとか逃れているそうです。1923年に関東大震災、第2次世界大戦時末期に東京大空襲はありましたけど。


今日はこの辺で〜
0

2019/9/9

都会のオアシス  日本滞在日記

皆さま、こんばんは。


さて、もう少し日本での滞在記として書いておきます。


前々回のBOYS3人を無事に早朝富士登山行きに送り出した後、私はまた別のプランがありました。


昨年、母が脳出血で倒れた後の半年間、私の献身的な?介護もあり、ケアーマネージャーさんや、リハビリ、宅配弁当の手配、アルソックのセンサーを取り付けたり色々で、何とか一人暮らしができるまでに回復しました。


それでも、やはり今後もしも何か起きても早々には駆けつけられません。きっとご両親やご家族が日本にいる方も同じ思いかと想像します。


日頃はなるべくマメにLINE動画で連絡を取り合ったりしています。


ということで、実際限られた時間の中、何ができるのだろう。。。


考えてみれば23歳で実家を出た後、母と娘でどこかへ出かけたこともあまりなかったなぁ。


ちょうどBOYS達も一泊二日でいないし、母娘水入らずプランを決行!


今回は、父の親友ご家族との思い出の場所でランチもあったので、ちょっとのんびりとランチ後は近くのホテルに泊まり、母の生まれ育った場所をぶらりと散策してみることにしました。


クリックすると元のサイズで表示します
ザ・カフェbyアマン

大手町のビル群、緑の生い茂る森の中でカジュアルフレンチダイニング
地下鉄大手町駅B1出口から徒歩5分
11.00am−10.00pm(日・祝 11.00am−9.00pm)
お問い合わせ 03-5224-3339


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


お近くの方も、行き帰りに東京へ寄る方も是非行かれてみてください。(予約要)


その後は、母と2人で三井ガーデンホテル京橋へ一泊。ちょっと和洋折衷風のホテル。

枕やベットがとてもフカフカでそれだけで気持ちが良かったです。

夜は、ホテル近くのつけ麺屋へ行きました。

普段母と話はするけど、こうやって泊まりで外出し、場所が変わるとちょっと不思議な感覚でした。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

次の日は、母の生まれ育った街へ(続く〜)
0

2019/9/6

これで何度目の新しいことだろう  学校生活

皆さん、こんにちは。


メルボルンはなが〜い冬が明け、ようやく春めいてきたようなそうでないような。。。


あちらこちらに、ピンクの梅や桜?らしい花が満開ですが、今日は花冷えの1日でした。


さて、今日は少し最近の様子なんかを書いてみようかと思います。


あれは、まだ2019年初冬のメルボルン、雨の降る寒い日でした。


以前から興味のあったEducation &Support の勉強を始めようかなぁということで、大学の説明会に参加しました。


それから、それから色々と検討したり、該当コースの申請手続き、『Working With Children Check』や『Police Check』、『Health Check』、そして私はこちらのYEAR12(高校)を終了していないので、このコースに対応できるかどうかの、英語と数学のテスト諸々。。。(√とかXっていつぶり?!)


ちなみにオーストラリアでは、子供や学童に関わる場所で何かしら従事するには、必ずこの『WWCC』や『Police Check』が必要です。


その後、しばらく審査があり無事に大学から入学許可がおり、さぁタイムテーブルをっと確認したところ何と!スタートがちょうど日本へ旅立つ日だったのです。


日本行きの2日前にオリエンテーションに参加し、学生証も入手。


一応学生課なるものに確認のメールをし、返信はなかったものの日本から戻った週明けの月曜から3週間遅れで何とか滑り込みセーフ!


3週間の授業の遅れや、9月から早速始まるWork Placement(教育実習)の場所の申請、履歴書提出、そして面接などで、日本での思い出に浸る間もなく次から次へと矢継ぎ早にやる事盛りだくさん。。。


それでも何とか実習の小学校も決まり、大学にも通いながら今週から勤務しています。


過去に日本では某英会話学校で勤務していたのですが、どちらかというとマネージメント側だったので、教師ではないのですが、教える立場はどんなものなのか、果たしてこの仕事が自分に向いているかはまだ未知の世界。


今担当しているのは、たまたまその小学校に『日本語』の授業がありYear1〜6まで。結構なボリューム。先生は日本人ではないのですが、本当にエネルギッシュ、ダイナミック、オーガナイズもバッチリされていて熱意のある方です。


現在は、3校で約700名以上の小学生にもう20年以上も日本語を教えている。とのことでとても嬉しく思いました。


後もう1日は、Year4,5,6の普通学級の子供たちをみています。


そして私もまた新しい出会いとスタートをきるのはこれで何回目になったでしょうか?


こちらでは、まだ子供が小さかったため、旦那の勤務時間とのバランスをとりながら、はじめはバイトから、派遣会社経由のお仕事も何軒か。


その後、フルタイムのお仕事を7年、転職も経験し、その都度『はじめまして』の回数も増え、何だかもう場慣れしてきたというか、相当メンタルも鍛えられてきたような気がします。


でもいくつになってもこうやって新しい環境で(今回は学びですが)はじめられるのは、大変だけど人生の勉強にもなるなぁと思います。


それにしても、子供達のエネルギーには圧倒されますが、学びたい!知りたい!興味がある!好き!という彼らのサポートができることは本当に嬉しい毎日です。


大学では、まだ基本的な内容や、児童養護理論やそれを実践に活かすには?自閉症、ADHD、学習障害なども深く学んでいき、来年になると養護学校での実習もあるようです。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/9/1

BOYS 富士山へ登る  日本滞在日記

皆さま、こんにちは。


日本滞在も最終週となりました。


そして、今回はうちの3BOYS富士登山に挑戦!

クリックすると元のサイズで表示します

日本では、学校遠足などで、登山体験などをしたり、ある程度登山の知識がついていると思いますが、いきなり3,770m級の山を登るのは、はじめて。こちらではあまりこういう経験はできないだろうなぁ(しかも団体行動で)


富士登山決定後は、それなりに足腰のトレーニングで、ダンデノンレンジズ国立公園にある


『Kokoda Track Memorial Walk (1000 Steps)』ーここは、約1000段ある急勾配。で毎週末練習をしていた。


さて当日。。。台風の影響も多少出てきた関東。


早朝、実家近くの駅からバスが出発。私は見送りに行ったのですが、日本の山の日の振替休日でバスは満員!そのほとんどが日本人の山ガールや、単独男性、カップルなど38名。その後まだ各ターミナル駅から登山者が増えてくるらしい。


日程は、1日目ーまず5合目まで向かう。


午後から登り始め、8合目の山小屋で休憩、仮眠。


2日目ー深夜に出発後、早朝のご来光を見る為、頂上を目指す。その後下山開始。


クリックすると元のサイズで表示します
2人ともちょっと苦しそう


3人とも8合目まではなんとか無事に到着。次の日の深夜から山頂に向けて、後1〜2時間というところで旦那と下の子が、高山病になりかかり、9合目までで断念。

クリックすると元のサイズで表示します

台風の接近も相まり、この日、ご来光は見れなかったそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

初の富士登山!とても良い経験にはなったと思います。何より無事に帰還できて良かった、良かった!
オージーBOYS頑張った。
クリックすると元のサイズで表示します

富士山は登るより、もしかしたら遠くから眺める方が良いのかもしれないなぁ?!
0

2019/8/29

Miracle Night 再び!  日本滞在日記

皆さま、こんばんは。


日本滞在記ももうそろそろ中盤に差し掛かってきました。もう少しお付き合いください。


今回の日本帰国でも、日本の友人達との本当に濃密な、そして一年に一度の再会を果たすことができました。


本当はもっと会いたい方々もいたのですが、なかなか日程調整が難しくまた次回の楽しみに取っておきます。


うちのBOYS達には新鮮な、日本の中学生、高校生と一日お台場のROUNDONEでプレイデート!


なかなかできない体験ができ、本人達も楽しい一日になりました。


私たちママは、近くでガールズトークに花を咲かせておりました。
彼女の現在の職業と私がこれから勉強する分野が同じなので、貴重な話も聞けました。

クリックすると元のサイズで表示します
これ、TULLY'S COFFEEの ストロベリーアイスラッシュ 今見ても美味しそう〜
この日もかなりの猛暑日で、味良し、品良し、全て良しの気の利いたものはいつでも嬉しい。


そして、また嬉しい再会!


昨年彼女に会った時はお腹に赤ちゃんがいたのですが、今回は元気に誕生した可愛い赤ちゃんに会えました。


ご家族でもメルボルンに遊びに来てくれて、上のお兄ちゃん、お姉ちゃんもスクスクと成長していて、離れているのに近所のおばちゃんのような気分になりました。


今や3人のママさんの友達も子育てが大変な中、私たち家族をお招きいただき、素敵なおもてなしまで本当にありがとうございました。


幼稚園からの幼馴染との再会もありました。


それぞれの子供達ももう成人していたり、子供から手が離れた後の様子も垣間見れたりで、もうお互い相当の年ではあるけれど、そのいっときは中学生に戻った気分になっているのが不思議です。


しばらく会ったり、会わなかったりという時期も会ったけど、またこうやって5人が集まれるのも何かのご縁だと思います。


そして、最後は2018年のMiracle Night 再び! Miracle Night 2019!!!


苦楽を共にした20年来の職場の仲間との再会。


西東京、埼玉、奈良、私、メルボルンからの集結。


しかも、ビックリしたことに、それぞれの日程調整をしていた時は気づかなかったのですが、昨年と同じ日だったのです。


同じ職業だったので、なんとなく雰囲気や考え方が似ている4人。みんなあの頃と変わりなく、いや変わっていることも沢山あるだろうけどこうやって近くで顔を合わせて、思いの丈を吐露しあい、苦労もありの、人生いろいろな生き方をシェアできる幸せが本当に嬉しかった夜でした。


みんな、ずっと元気でいようね!


クリックすると元のサイズで表示します
Miracle Night 2019 Shinjyuku
0

2019/8/28

Shinkannsen Ride🚄熱海へGo!  分類なし

皆さま、こんにちは!


今回は、子供達に新幹線体験を。。。と思い、東京からも近い熱海にしました。


私も新幹線は久しぶり!っと言っても東京⇄熱海間はたったの4、50分。


ちょっとした東京テーマパークの乗り物の1つの様な感じです。


東京駅に早めに着き、新幹線と一緒に。ワクワク🎶
クリックすると元のサイズで表示します


あっという間に熱海に着いてしまったのですが、夏休みということもあり駅周辺はすごい人!


来宮神社 鮮やかな竹の綺麗な場所でした。
クリックすると元のサイズで表示します
熱海のパワースポットー樹齢2000年以上の大楠ー本州ではNo1.の巨樹
クリックすると元のサイズで表示します
こういうの日本ならではですよね…ほっとします
クリックすると元のサイズで表示します


そしてその晩の熱海は花火大会があり、宿泊先の屋上から熱海湾に上がる花火を心ゆくまで堪能しました。
本当に綺麗な日本の風物詩でした。
クリックすると元のサイズで表示します


その他、熱海湾での遊覧船、熱海城へ登るロープウェイや、その上にあった熱海秘宝館ーここは普通に子供達も一緒に入ろうとしたらR18だった様です。
熱海城ー比較的近年に出来たお城(中には色々な催しもあり、ゲームも楽しめる)


そして帰りはまた新幹線に乗り、あっという間の一泊2日でした。


0

2019/8/27

あれから2年の歳月が経ち…  日本滞在日記


皆さま、いつもこの『私のメルボルンライフ』をご覧いただいてありがとうございます。


真夏の日本から帰ってきて2週間が経とうとしています。


昨年の半年間の滞在からすると今回は3週間という短い期間だったので、また日々の忙しない生活に戻り、今思うとあっという間だったな、と改めて思います。


さて、今回の帰国は一昨年に他界した父の三回忌も兼ねておりました。


ちょうど2年前の今頃が命日だったのですが、2017年の8月下旬頃はあまり天気も良くなく、どんよりとした日々が続いていました。

クリックすると元のサイズで表示します
とても煌びやかなお寺です(本人希望の場所)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
お坊さんにお経をあげていただきました。南無阿弥陀仏。


本人が亡くなる2・3日前にこのお坊さんと話して、お墓の段取りや、戒名、『合掌』の文字、お葬式の参列者までも事前に自身の希望で決めてあったそうです。


三回忌の当日も猛暑で外出を控えましょうとTVでしきりに言っていたのですが、集まった親戚、父の親友も皆さまもうご高齢。


そんな中『熱中症』で倒れやしないか心配でしたが、無事に終了しました。





命日の夜、今や一人暮らしの母とLINEでこんな会話を…


私 『綺麗な花に囲まれて、お父さんもあちらで幸せに過ごしていることを祈ります。』


母 『百合の香りで、眠れそうにありません。2年間が瞬く間に過ぎてゆきました。』

クリックすると元のサイズで表示します


身内話で湿っぽくなってしまいましたが、痛みや苦しみのない場所で暮らしていることを祈るばかりです。


みんな、元気にやっていますよ、ご心配なく〜!


亡くなった方を悲しみのあまり呼んでしまったり、悲しんでばかりいたりはしない方が良いようです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ