2009/9/8

赤ちゃんの脳を育む&ベビーマッサージ  子育て

みなさま。お元気ですか?
ここメルボルンは大分春らしくなってきています。

春先は強風・雨の日も多いけど、そんな中休みに朝からパァ〜っと快晴だと気持ちもいいですよね〜

さて、今日は最近ちょっと役に立った本のご紹介。

【赤ちゃんの脳を育む本】
クリックすると元のサイズで表示します

脳の地図などの分かりやすい図解、その月齢にあった脳の発達に伴なうカリキュラムで赤ちゃんとの遊び方などすぐに挑戦できそうな内容です。
子育てがはじまるとなかなか余裕がないものですが、日々のちょっとした時間に遊び感覚で赤ちゃんと一緒に楽しめるのではないかな。

初めて赤ちゃんを持つママにとっては、日々のお世話だけでも精一杯だと思いますが、この本は赤ちゃんとどう接していいのか?赤ちゃんの反応は?この頃にはどんなことが大切?などなど、きっと参考になると思います。

〜生まれてすぐから脳の活動は始まっています〜

〜早くできたり、上手にできることより、基礎が大事〜

内容は…
【理論編】
1・脳の働きをもっとよく知ろう
2・0〜2才の育児では、こんな“脳の鍛え方”が効果的
3・赤ちゃんの脳を育てる8つのポイント

【カリキュラム編】
0ヶ月〜1ヶ月半ごろの反射期、1ヶ月半〜3ヶ月半ごろの首すわり期・・・・・1才〜1才半ごろのあんよ期、〜2才ごろまでのじょうずにあんよ期までが、手遊び・運動・感覚・社会性・知能別に写真で載っていてわかりやすいです。

日本の脳科学者によって書かれています。


それともう一つ。
【親子でふれあうベビーマッサージ】

これはジュリアスが産まれた時にとても役に立った一冊で、ノアへも時間があると実行しています。

クリックすると元のサイズで表示します


赤ちゃんが泣いていても「気持ちの良い」状態にしてあげる(不快な原因を取り除いたり、あやしたりする)方法がわからなければ、赤ちゃんは泣きやみません。親はイライラし、悪循環に陥ってしまいます。ひっきりなしに泣き声をあげる赤ちゃんを前にして途方に暮れてしまいます。
ベビーマッサージをすることで、親は自信を持って赤ちゃんと接することができ、赤ちゃんをよく観察し、触ったときの反応を理解するようになると、自然なリズム、好きなこと嫌いなことがわかるようになって、泣き続ける我が子と我慢強く付き合うこともできるようになります。

毎日のおむつ替えの時、お風呂の後や寝かしつけの時にも簡単なストレッチやマッサージができるし、障害のある子供のマッサージ、未熟児、新生児、月齢の進んだ赤ちゃんのマッサージ、幼児への遊び感覚で出来るマッサージのやり方も写真付きで分かりやすく載っています。

トラブルの解消法として、疝痛とガス、便秘、歯の生え始め(ティージング)、乾燥肌など、苦痛をやわらげてあげることもできるのです。

マッサージオイルはサンフラワーオイルやグレープシードオイルなどの肌への刺激が少ない天然で有機栽培のものがお薦めです。

もちろん、赤ちゃんは慣れるまでは嫌がって泣いてしまう時もあるけれど、だんだんと時間を長くしていき、段階を踏んでいくと気持ち良さそうにしてくれます。目と目を合わせてマッサージをしていくと大切に思っている気持ちも伝わるのです。

これは両方ともAmazon.co.jpで頼むこともできます。




身振りによるコミュニケーション〜ダンス オブ コミュ二ケーション〜

赤ちゃんは他の人々とつながりを持ちたいという強い欲求を持っています。どんなに小さな赤ちゃんでも、声をかけたり、肌を触れ合わせたりすると反応するので、それを利用してこちらの気持ちを伝えられます。

やっていることを理解し始めるにつれ、赤ちゃんは自分流の方法で反応を返してくれるようになります。さらにその反応を見逃さずに、またそれに答えてあげることができれば、二人の間には、赤ちゃんが言葉を理解できるようになるよりもはるかに早い時期から「ダンスオブコミュニケーション」が成立します。

このコミュニケーションは、互いに目を見つめあい、そして微笑み合うことから始まります。赤ちゃんは徐々に真似をするようになり、それが次第に言葉になり、赤ちゃんはおしゃべりを始めます。

赤ちゃんのコミュニケーション力を伸ばすため、色々な音や言葉を聞かせ、たくさん抱っこしてあげるといいそうです。そうすれば赤ちゃんは反応を返してくれます。それにまた応えてあげるのです。この「会話」は、二人にとって楽しいものになるでしょう。特に、赤ちゃんの進歩を実感できるときは、その楽しみも格別なものになります。

赤ちゃんの様子をよく観察することによって、赤ちゃんにはリズムがあることがわかってきます。赤ちゃんは静かにしていたい時もあれば、かまってもらいたい時もあるのです。赤ちゃんのリズムを理解していれば、赤ちゃんの要求にきちんと応えてあげることができます。

〜親子でふれあうベビーマッサージより抜粋〜
0



2009/9/14  17:25

投稿者:Chigusa

【のりこんこんへ☆】
そっかぁ〜その時その時で子供に対する具体的な心配や、考えてあげることは多くでてくるんだね。小一となると幼児を脱皮して、本人の考えもしっかりしてくるだろうしね。ごまかしもきかないし、難しいんだろうな。まだまだ未知の世界だわ。それに男女でも違ってくるんだろね。お互いガンバロウね!
あ〜でもわかる、溺愛って気分。私はすでにノア君は、孫みたいな状態になってるのかも^^;本当に孫を見るまで生きていられるのかしら?!心配です。

2009/9/13  23:15

投稿者:のりこんこん

お久♪相変わらず楽しく興味深いブログ、ジュリノアブラザーズの健やかな成長も感じとれて、幸せ気分で一気読みしたよ(^^)
赤ちゃんの頃の触れ合いかぁ!振り返るともっと大切にしてあげたかったぁ、もっと育児を楽しみたかったなぁ、って感じで、けどきっとそんな思いがトシとって孫を溺愛するバーバに変身していくんだろうなぁ、なんてね!
小学生になったなっちへはイラッの種類も変わり、これからは将来に向けた具体的な心配とかややこしいことも出てくるだろうけど、チグサに初心を思い出させてもらってその都度対応してあげられるように私も頑張るぞ!!

2009/9/10  21:35

投稿者:Chigusa

【Fuyuさんへ☆】
初のコメントありがとう♪
別でメールしましたが、穂乃花ちゃんお誕生おめでとう!!!可愛い女の子なんだろうな。TOMMYパパはもうメロメロじゃない?ノアと一日違いだね。
脳内教育って今日本でブームらしいね。
パパは真剣に取り組みそうだね。
Fuyuちゃんも毎日の育児頑張ってね!

2009/9/10  21:29

投稿者:Chigusa

【mikaへ☆】
ホントに、どうしたらいいのか?って日々試行錯誤だよね。特に第一子の時は。mikaのように育児支援やサークルへの集まりで、同じ月齢の赤ちゃん同士も絶対に刺激になってるし、母も同じ悩みを持つ人達と触れ合う事で勉強にもなるしね。
さきちゃんにもいい影響だったんだろうと思うよ。頑張ったね!
今は2人の共存でイラっとすることが多いのだけど、【子供の育つ魔法の言葉】聞いたことはあったけど、早速見てみる、参考にするね。ありがとう☆

2009/9/10  21:09

投稿者:Chigusa

【flyng-pigさんへ☆】
そのようですね。今時の赤ちゃんはおっぱいのんで寝んねして、だけではないようです^^
教えて頂いた作者のご夫人の教室も大盛況のようですごいですよね。
さすがにカリキュラムの生後3ヶ月の赤ちゃんが太鼓を叩くってのは難しいかもしれないですが。
3歳までにポジティブな対人関係を築くって本当に大切ですね。母もどんどん外に出て、いい人間関係を築くことで、その影響も赤ちゃんに良いのだと思います。

2009/9/10  20:38

投稿者:Chigusa

【Yukiさんへ☆】
なかなか満喫もしてられないのも現実^^;
脳の本は英語版でもあるんだねぇ。
これは日本でのTVでも取り上げられているらしいよ。2才までだけど、2〜3才以降のもでている。
是非2子君にも実践してあげてね!Kちゃんにもまだまだできるよ。

2009/9/10  20:33

投稿者:Chigusa

【まこちゃんさんへ☆】
ハハハッ面白い言い伝えですね。。。
ケツ、かけ!はうける^^
おしりはうつ伏せのマッサージで付け根を軽く押してあげると気持ちがいいようですよ。
お母さんは普段の生活できっと子供とのスキンシップは多くあると思うのでので、形式的にじゃなくてもいいのです。

2009/9/10  20:29

投稿者:Chigusa

【ivyさんへ☆】
形式的でなくても、お腹をさすってあげたり、頭をなでてあげることは日頃から何気なくしてるよね。
そんなんでいいんだと思うよ。
下の子は逞しくなるよ。
お誕生会も無事楽しく終わってよかったねぇ〜

2009/9/10  11:54

投稿者:Fuyu

お久しぶりです!Fuyuです。まずは、ノア君お誕生おめでとうございます!メアリーさんに聞いて、ブログにお邪魔しました。。実は、我が家にも同じく6月26日にNewフェースが加わりました。『穂乃花HONOKA』です。TOMMYパパが脳内教育に大変興味ありなので、早速この本教えてみます。すぐに買っちゃいそうです。先輩ママとして色々教えてくださいね!では・・・

2009/9/10  11:19

投稿者:mika

すごい勉強になるね。
ママ自身が自信をもてたり、わらをもすがる思いのときの道しるべになるね。
あたしは長くづけられなかったタイプだけど、三歳までにどれだけポジティブな人とっていうのがすごく賛同する、、臆病で人見知りが激しかったサキがを心配していたんだけど、治るといいなと思つつ、また私も一対一では不安で、いろいろなサークルや育児支援の催しなどに通っていたからかなって思うし、母親にもいわれるんだ.
持って生まれた性格と環境で作られる、変化するというか、子ども自身が育むっていうのがあるんだなって。
 出来る限りのコミュニケーションって
本当にいいんだね。
 あと今でもトイレに貼ってあって(保育園の育児支援クラスで配布されたんだけど)
いらっとしたとき、何がいいかわかんないときなど、絶対見てるんだ。
ドロシーローノルト著 「子供が育つ魔法の言葉」って本からの抜粋。」有名だから知ってるかもしれないけど、ネットて見てみてね。
ここに羅列してある言葉を大事にして育ててるんだ。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ