2011/11/19

ジョハリの窓  日記

お久しぶりです。
いつもこのBLOGへ来ていただいてありがとうございます。

メルボルンは、サマータイムになり、日本よりは2時間程進んでいます。9時過ぎてもまだまだ明るい、これはちょっとだけ得した気分…
ちょうど夏へ変わる時期…日本でいうと梅雨のような天気です。
この不安定な時期が過ぎるとようやく待ちに待った夏の訪れかなっというところです。

It's been warmer and warmer here in Mel and has also 4 seasons in a day,for example sunny in the morning and rain in the noon then thunderstorm in the afternoon and sunny again!What the hell???


さて、タイトルの【ジョハリの窓】というのは、Joe Luft と Harry Ingham という2人の心理学者が考え出したもので、2人の名前をとってこのような名前が付いています。


面接や初対面などの時でも「あなたの長所(または自分を知ってもらうために)を話して下さい」と言われたとき、あなたはすぐに答えられますか?

自分の長所も短所も知ることによって、自分の適性をより的確につかむことができます。

 自分ではわかっているつもりでも、他人から見ると自分ではわからない「自分」が見えているものです。

「自分」をより深く知ることは、時として嬉しく喜ばしいことでもあるでしょうが、逆にそれを受け入れることが辛い場合もあるでしょう。

しかし、それらがわかるということは、それだけ、自分自身をよりよく理解できたということなのです。


【開放の窓】                
自分もそう思っているし、他人から見てもうなずける、自他共に認める「自分」。 言い換えると自分がOPENにしている部分。 
    
【盲点の窓】                
自分にはわからないが、他人にはわかっている。「自分」でもなかなか気付かない。「あの人自分では気付いていないけれど○○だよね。」などと言われる部分。

【秘密の窓】
自分だけが知っている、他人にはわからない「自分」。周囲から見るともう一人の自分という部分。

【未知の窓】
自分にもわからないし、他人にもわからない。でも紛れもない「自分」。この部分があるから人生は楽しいのです。無限の可能性を秘めている部分。

クリックすると元のサイズで表示します



なんてたまに考えてみるとちょっと怖い気もする。
結構一直線を辿る傾向にある自分だけど、誰しも多面的の中行動している。現にこれまでの自分は割と周囲を気にし過ぎていた傾向にあったし、自らのことを進んで話そうとかいうことにあまり関心はなかったように思う。このBLOGには上でいう【秘密の窓】になるかな、普段OPENにしていない自分のことを書いているかもしれない。


誰かが言ってた、究極を言うと経験と気付きが大切だって。
これも誰かが言ってた、挨拶ができない奴はダメだって。確かにそうだね。


日々しんどい時も辛い時も、微笑みと声掛けの挨拶で何かを変えられると思う。


とは言っても、旦那や金切声をあげている子供達にいつも微笑みってのも難しいけどね!



今年ももう後一ヵ月半をきった。特に2011年の後半は今までの生活とは打って変わって、言わば【大人版キッザニア】のような経験をさせてもらっている。
そこからもまた色んな気付きがあるわけで、元気ならばなんでも出来る!と思う今日この頃。
そんな中からまだ未知の自分を知ること、きっとあると思う。

2



2011/11/23  19:33

投稿者:Chigusa

【AKIKOさんへ】
ふ〜む、なるほど!同感!!!雲ってなんだかAKIKOさんっぽい。
でもそのお友達、なかなかすごい見抜き方だね〜^^
でもその存在は大きいよねぇ〜青空だけの空より、やっぱり雲があるとまた爽やかだし、気持ちもいいしね。
相方さん、色々言ってくれていいよねぇ、なかなか近い人じゃないと、ずばり!とは言えないだろうしね。というか夫婦ってそういうお互いを見つつ、生きていくんじゃないかな。うちのには最近何も言われなくなりました。ってか言っても無駄と思っているのだと思います。我が道を行くタイプなので…。
では、また♡


2011/11/23  6:00

投稿者:akiko

ふーむ、なるほど。
私1と3な気がします。2は連れ合いに指摘されて気づく事が多い/かったなー。
先日友に「akikoさんて雲みたいな女性(ヒト)〜」って言われました!私の中であんまりいいイメージなかったんですが・・・

【雲というのは形はいい。ただ存在するということが重要。その存在の仕方にこそ意義がある。自分のことを何も気にせず、風に流されるほどにどんどんと姿を変えて。みんなの中にはその存在と自由な生き様が残る。ちゃんと記憶に残っているんです。雲は帰らないもの。常に空にある。存在するということが雲なんです。どんなに強く吹かれても、照りつけられても。姿は変われども「ある」というものなんですね】

っていうのを見つけて何か途中私っぽい、って思う部分がありました。それて、しまいましたが・汗。

2011/11/21  19:13

投稿者:Chigusa

【MIKAへ】
いつも心温まるメッセージをありがとう♡
ホント、私もそうだよぉ〜、こちらへきてから色んな自分が交差していて、なので、MIKAが大阪の新天地へ行ってからの気持ちが分かるよ。私ははじめTだったようだったけど、ここ2〜3年でかなり変化が起こったように思う。どちらかというと、V、Wが増えてきたかな。もちろん信頼できる友達にはTだし、Uの部分も多い。ここでのMIKAでの繋がりでいつも改めて気付きをもらって、嬉しいよ。
実際、前の派遣先でも一緒だったオージーのおばさんがいたんだけど、その時は割としかめっ面で私が話に混ざっていても見向きもされなかったので、ちょっと敬遠気味だったんだけど、次の仕事場でも会って進んで話しかけてみたら、だんだんとそのおばさんも笑顔を見せてくれるようになって、休みの前は相手からじゃ、また休み明けにね、楽しい週末を〜って話しかけてきてくれて、またこれも嬉しかったわ。最近はオチのある話をいかに楽しく話すか!?が課題…。

日本は寒くなってきた頃かな。家族みんな元気で、暖かく過ごしてね。


2011/11/21  0:05

投稿者:mika

「日々しんどい時も辛い時も、微笑みと声掛けの挨拶で何かを変えられると思う」

本当にそうだね!同感だよ。
何かのスタートには、特に肝心だし、
スタート後に継続していくことも重要だよね。

「究極を言うと経験と気付きが大切だって。
これも誰かが言ってた、挨拶ができない奴はダメだって」

これも大好きなフレーズだよ。

本当にそうだと思う。
それなくちゃ、伸びるものも伸びないし、続くものも続かなくなる。
人間関係もだし、何かの取り組みにしたってって。

色々、大阪に来たての時を振り返って
ジョバリの窓にあてはめてみたら、
なんだか面白かったよ。

そして、今の自分にも当てはめたら、また面白い。
変わっていなそうな自分が、すこし
この五年で変わった部分があったんだと思えたよ。嬉しい発見!

仕事は始めていないけど、いづれ始めるからそのごの自分の変化も楽しみだし、
ちゃんと頑張りたいし、時間も大事にしたいな。

けどまず大阪に来てからの五年の、T〜Wを考えたら最初はVばかりのスタートだったかも。
知り合った人と内数人だけど、信頼が出来始めてから、友人からTやUを聞いたりして、ようやくここ数年だけど、自分をこんな人よね、って伝えてくれる相手に感謝な気持ち。

誰とでも話せるけど、楽しい時間過ごしたいけど、過ごして欲しいって思う気持ちが強くて、本当の自分を見せる相手は、自分でふるいにかけちゃうから数限られるって思ってしまうから、こっちでは無理だろうなって思っていた自分があったり、今も半々の気持が交差しつつ、でも相手の言葉によって、
自分の心が溶かされたり・・

今回のchigchigメールでいろいろ考えられて感謝感謝だよ。

ほんと、元気が一番、健康って大事だよね。
気候変化が大変そうだけど、身体に気をつけて過ごしてね☆

自分分析コメントでごめんよ。





コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ