2019/5/24

ますかけが両手にあると天下取り、最強なのか?!  分類なし

前回、ますかけ手相の内容を書きましたが消えてしまったようで、もう一度更新します。


ますかけ線とは手相の一種で、

手のひらの真ん中に線が一本通っている手相の事です。



この手相は徳川家康にもあった為、

何か事を成し遂げる人はますかけ線がある事が多いと、

昔から日本で思われてきたのです。



そして片手だけではなく、両手にこのますかけ線があるのは、

更に珍しく、千人に一人と言われています。

実際に、この手相を持っている有名人は・・・
明石家さんま、イチロー、桑田佳祐、アントニオ猪木、速水もこみち、宮崎あおい、長瀬智也、黒柳徹子、タモリ、広末涼子、又吉直樹、梅沢富夫、佐藤健、本田圭佑、福山雅治、浜田雅功、安達祐実、倉木麻衣、田村亮、田中裕二、中川翔子、妻夫木聡、松下幸之助、坂上忍、小泉純一郎、志村けん、堀江貴文、芦田愛菜、早見優、藤浪晋太郎

みんなそうそうたる方々ですね〜


実際私もこの手相の持ち主ではありますが、半世紀近く生きてきて、特に得した事もないですし、一つの職、職場で何十年もという事も飽きてきてしまい苦手。

離婚も一度経験してるし、何かで大成功をおさめたって事もない。。。

自分にあった職で、得意分野の仕事を任せられると、確かにダントツの成果を残せた事もある。(20後半〜30代くらいの時)



その後、人生も半ばでバックグラウンドのないオーストラリアへ移住し、二人目の出産や、子育て、就職も思い起こせば、こちらで4社ほど経験している。(計8年間くらい、その間ステップアップも出来たし、資格も取れたので苦労はしたが、良い経験にはなった)


いくら手相が良くても、ちゃんと努力をしないと、成功なんて出来ないと思うし、一時的に良くても長続きしないんだなぁっと思う。

今、しばらく職にはついていないが、人生の後半戦に挑むにあたり、まだまだ試行錯誤の段階ではあるが、自分の得意分野で適した仕事に出会えるといいなぁと思う。

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ