2020/1/21

猫カフェ ショーンとプリンの2日目  家族

皆さま、こんばんは。今年のメルボルンの夏はまだ来ない?このまま冷夏??という感じ。


さて昨日の初顔合わせでどうなることかと心配もあった先住猫の兄ショーンと新参猫のプリン。。。


仲が良いのか、ガチ喧嘩しているのかよくわからず。。。結構ひどいじゃれあいをしていました。


流石に初日の夜は上の子(人間)が、『僕がプリンを自分の部屋へ連れてくよ』と言ってくれて、一晩様子を見ながら夜を明かしました。


人間でもそうなのかもしれませんが、客観的に見ていてだんだんと近づいていく様子が動物の場合は露骨で面白いですね。


子猫のプリンは既に躾けられたのか?先住猫のショーンが教えてくれたのか?トイレも所定の場所でしっかりできました。


餌場は、初めは2匹で争奪戦を繰り広げていましたが、今やショーンが譲っています。


なのでプリンが見ていないところでこっそりショーンに餌をあげたりとこちらも気を使います。


そして、猫のベッド。。。もしかりで1日目はプリン用(下の写真参照)にベッドを用意してあげたのですが、今やすっかりもともとショーンが寛ぐ場所&ベッドを占領。

クリックすると元のサイズで表示します
やむなくショーンは少しはみ出して、快くプリンに譲ってあげていました


2日目にしてだんだんと気心が知れて仲良く擦り寄ってます
クリックすると元のサイズで表示します

全豪オープン好発進の大坂なおみ選手のテニスを2匹で応援
クリックすると元のサイズで表示します

まだたまにすごい取っ組み合いというかお互いに甘噛みをしたりして見ている方は驚きますが、私は兄猫ショーンがハンターとしての要素を子猫のプリンに訓練しているのではないか?と思います。


その昔、今や優しいショーンもポッサムの頭やネズミの頭を狩り取ってましたからね。(動物の本能は恐ろし過ぎる)


調べてみると本当に嫌いあってる猫同士ならば同じ場所にも居たがらないそうなので、『それはないな』っとホッと胸を撫で下ろしています。


朝も起きると『ご飯くれ〜』と2匹して足元にまとわりついてきます。バタバタしてると落ち着かないですが温かく見守っていこうと思います。


すっかり猫に翻弄されつつ、猫カフェのような我が家です。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ