2021/2/2

初!ファームでお仕事ーブルーベリーピッキング  初めての事

皆さま、こんにちは!


今日は初めてのブルーベリーファームでのお仕事について。


クリックすると元のサイズで表示します
Melbourne's Warburton Valley


経験豊かなママ友さんにお誘いを受けマウントダンデノンYarra Junction近くWarburtonのファームへ🫐


本来多くはワーキングホリデーの若者の皆さんが多いそうですが、今年はコロナの影響で人出が足りなく、永住組のミセスにもチャンスが!


早朝ピックアップしていただき、約1時間。。。マウントダンデノンの森林を越え見えてきたのは広々としたブルーベリーファーム。


クリックすると元のサイズで表示します


お仕事なので、しっかり8時間(ランチタイム30分)労働。


腰に小さなケースを4つロープで引っ提げ、その中に摘み採ったブルーベリーを入れていきます。


160cmの私の身長に対し、木はほぼ目線の高さかやや低いくらいなので、腰をかがめたりすることは少なく、どちらかというと運動不足であまり歩くことがなかったので最後の方は立ちっぱなしで脚が疲れました。


やったことがある方もいらっしゃると思いますが、実はさほど力を入れなくてもポロポロと採れます。


気をつけなくてはいけないのが、


大きさーあまり小さいのは残しておく。(大体1cm以上の実を採っていく)


ー黒、または濃紺の実。赤みがかったのは酸っぱいので避ける


採り残しー1つの木を余すことなく枝をかき分けて採っていく


防虫ーオーガニックなのでたまに葉っぱにカタツムリや蜘蛛の巣が。。。見つけたら除去する


スタンド椅子ー高い方の熟した実を採るため必須


特に大きさや色は重要で、パッキングの際仕分けに手間がかかるそうです。


今日の担当は1列約20mくらいの木々に実ったブルーベリーを採っていく作業。


はじめはサクサクなるべく大きな実を採っていたら、オーナーのおじさんに『はいはい、採り切れてないよ。戻ってきてちゃんと採ってー』と優しく指導が。。。


今年は雨が多かったことから実が育ち切れてないのも多くはじめに言っていた大きめの実だけでなく1cmきる少し小さめの実もOKとのことでした。


1房に様々な大きさや色もまばら、陽の差し込み具合や人によって見方も違うようです。


そんなに簡単ではない。


クリックすると元のサイズで表示します


そんなこんなで午前中に4ケース、午後に4ケース採り終えました。


既に経験豊富はママ友さんは、約20kgや18kgくらいと9ケース目に差し掛かっていた。


私はというとなんとか午前午後で8ケースの16、5kg最後の方は久しぶりの野外労働でヨタってしまっていました。


多い方で24、25〜30Kgを1日で採るらしい。


さて1日の就業を(修業?!)終えて、帰り道。


もう何度となく通っているママ友さん達はさすが周辺の美味しいもののありかを押さえています。


無人販売のりんご(袋いっぱいで$2)、いちご(新鮮でとっても甘いパック$3)、Yarra Junctionのマーケットでベリーがいっぱい入ったヨーグルトなど、、、


ちょこちょこ寄り道し購入して帰りました。


家に帰って本日の収穫採りたてベリーを美味しくいただきました。


クリックすると元のサイズで表示します
メチャ美味〜🫐🍓


程よい疲れ加減で、なかなか出来ない経験を楽しみました。


では、今日はこの辺で〜

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ