2021/7/27

13歳のアスリートと輝く涙 東京オリンピック続々と  ニュース

皆さま、こんにちは。


1週間延長になったロックダウン、今夜で終止符を打つのでしょうか?


冬の間はまだまだ落ち着かない日々が続きそうです。


           


【東京オリンピック2020ハイライト・7月27日(火)現在】


毎日続々と日本とオーストラリア選手の活躍が出ていますね!


特に日本の選手の勢いが凄い


日本のオリンピック番組より、いくつかピックアップしてみました。


なんと!日本史上最年少13歳の西矢椛(モミジ)選手 スケートボード女子ストリート
クリックすると元のサイズで表示します

実況中継では思わず『13歳!の快挙 真夏の大冒険〜〜』と叫んでいましたね。


そして16歳中山楓奈(フウナ)選手も頑張りました!



昨夜は卓球ミックスダブルスーみまじゅんペア(水谷隼(ジュン)選手と伊藤美誠(ミマ)選手のペアが中国のペアに勝利)日本初の卓球金メダルだそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



アーチェリー男子団体ー最後はオランダとの大接戦 対戦選手より中心に近い10点で勝利が決まりました。



日本の御家芸の柔道もすごい!

柔道男子66キロ級と女子52キロ級が25日、日本武道館で行われ阿部一二三(ヒフミ)と妹の阿部詩(ウタ)が史上初の「夏季大会での兄妹金メダル」を達成しました。
クリックすると元のサイズで表示します
画像 NHK アフロ

柔道男子73キロ級で、大野将平選手が金メダルを獲得しました。大野選手は前回のリオデジャネイロ大会に続く金メダルで、2連覇を果たしました。


柔道女子57キロ級、多彩な技で攻め続けた芳田司(ツカサ)選手は開始3分すぎ、鮮やかな内股で技ありを奪い、「合わせ技一本」で勝利。


などなど、今後もサッカー、バトミントン、バスケットボール、サーフィンと試合が続いているので目が離せませんね。


何よりもアスリートの皆さん本当にカッコいいです。


試合後のインタビューでも口々に「苦しくて辛い日々の連続でした」「応援してくれた皆さんに感謝しかありません」「僕たちの姿を見て、頑張ってくれたらいいと思います」など涙ながらに嬉しさを表しています。


この一時のコメントだけでは表すことができないくらい、それぞれの選手に様々な歴史やドラマや苦難があると思いますが、思いっきり試合に挑んで欲しいなぁと思います。


メダル云々とは言いましたが、日本勢のメダルラッシュスーパープレイ凄いですね。




そして、オーストラリア勢は、やはり競泳が強い!!!

オーストラリアの選手は、水泳女子400mフリースタイルAriarne Titmus 選手も勝利
クリックすると元のサイズで表示します
au.sports.yahoo.com

観客席から見ていたコーチが喜びのあまり。。。大暴れするというハプニングもありました
クリックすると元のサイズで表示します


オージーフレンドからも、「オリンピックのゲーム観るの大好き!日本は本当に素敵だね💜」とメッセージが来てました。


それにしても最近の若者の名前はキラキラネームというか、当て字というか風変わりな名前が多くなりましたね



8月8日(日)までオリンピックは続きます。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ