デジカメ温故知新

カシオのデジタルカメラが登場して20年。当時は写真の足元にも及ばない仕上だったのが、もはや世の中デジカメ一色。
しかもモデルサイクルの早さも凄まじく、お陰で私のような「カメラなら何でも大好き」というお馬鹿さんにとっては激安な中古デジカメがホイホイ増殖すると言う嬉しいような「いーかげんにしなさい」状況なのだ。
ここではそんな過去の名機(迷機?)をバシバシ紹介しようと思うのだ。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:残
以前カッコ良さに惹かれて購入しました
調子が悪くなりEXILIMに一度移行しましたが思い通りの写真が撮れない不満がありましたので復活させることにしました。やはり写真の良し悪しを決めるのはレンズなんですよね。
投稿者:大佐
Rikkieどの、どもども。
そうそう、レンズカバーの造型に一番凝ってるのがT5だと思います。ただ首から提げて「見せびらかす」というソニーの考えはアイデア倒れですね、だって重過ぎる。
やはり机の上に置いたとき存在を主張するくらいが丁度良いと覆います。
投稿者:Rikkie
どもども、大佐殿。

クールピクス990はあっしも持っていますよ。拾ったのは数年前ですが、いい値段がしたはずです。ニコンでなければ旧世紀デジカメに投資する価格帯ではないと記憶しています。ニコンだと売るつもりもないので使いもしない悪循環でどこかに埋もれているはずです。売るつもりのソニーとかパナソニックはすぐ使うんですが。
T5はあっしも持っていました。自分の書いたHPを読み返すと「一番美しいと思っている」と書いてありますね。縦吊りした時に例のシルバーのロゴが正立するんですよね。多分、ホワイトカラーがIDカードを吊るすように吊るしてほしかったのでしょう。ああいうのは肩がこるし、不用意に前かがみになるとカメラがどこかしらにぶつかって危険なのですが。肝心のメッキだから塗装だかも剥げてクレーム対応になったようです。
MFモードはカシオも熱心でしたね。最近のモデルは分からないですが。パナでは見られません。
カシオのエグさは無国籍に魅かれる若者には受けるのでしょう。
ところでDVDハンディカムを手に入れたのですがタッチパネルが使えないのでフィニシャライズが出来ないんですよね。サービスに聞いたらDVDハンディカムを持っている友人を探せと言われました。これだからソニーの親和性のなさは(怒。

http://rikkie.air-nifty.com/camera/

カレンダー

2020年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ