デジカメ温故知新

カシオのデジタルカメラが登場して20年。当時は写真の足元にも及ばない仕上だったのが、もはや世の中デジカメ一色。
しかもモデルサイクルの早さも凄まじく、お陰で私のような「カメラなら何でも大好き」というお馬鹿さんにとっては激安な中古デジカメがホイホイ増殖すると言う嬉しいような「いーかげんにしなさい」状況なのだ。
ここではそんな過去の名機(迷機?)をバシバシ紹介しようと思うのだ。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Rikkie
どもども、大佐殿。

DP1持っていまっせ〜。素晴らしい写りと旧世紀廉価デジカメ並みのカメラとしての基本性能(特にAF)がアンバランスなカメラです。去年の韓国と今年の上海でしか使っていないですね。結構、いい値段で買ったのですが。昔、海外旅行の為に服と靴を新調する方々を軽く笑っていたのですが、海外旅行でしか使わないカメラと言うのも片腹痛いですな。

リコーもGRのブランドを継承させるにユーザーニーズを真剣に考えたのでしょう。ソニーがツアイスのレンズだなんて言ったって、20〜30代のデジカメ世代にはピンとこないでしょうからね。
一方でコシナのノクトンとプラナーとかは若い連中に支持されているんですよ。シグマとニッコールのどちらがイイか悩んでいたりもする。ニッコールの方が安いらしいですな。

http://rikkie.air-nifty.com/camera/

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ