2000/8/30

病室から  

個室の方が夜中の吸痰などに気を使わなくて良いと思った。それに、カーテンで仕切られると、隔離された様な窮屈さを感じる。個人のスペースとプライバシーを守る為のカーテンだけども、日中はオープンにしたい思いがする。今一つ気になるのは、大分リハの学生さんが来た時に、オープンな雰囲気で話が出来にくいのではないだろうか?無関係な人にとっては、ばか騒ぎで迷惑にしかならない事もある。そして、僕の楽しみのひとつである朗読ボランティアさんの俳句の朗読とお話、これこそ無関心な人には、雑音にしか聞こえないと思う。でも、僕にとっては、学生さんの若さと未来への夢に接する事は、僕にとっても生きるパワーをもらった気持になります。そして、俳句の朗読は、孤独の中でこそ感じられる情緒を高める為に欠かせないものになっています。日々の生活から感じる喜びや悲しみ、怒りを日本の四季に合わせて17文字で表現する楽しみは、生きてる証とも言えます。もし、入院生活で、これらの楽しみが不可能になるなら、外出の機会を1日でも増やす事を願っています。そして、樫の木で俳句会のサークルが出来るなら、僕の生きがいも増々膨らむこと間違いないと思います。そこで、明日の支援会議で、学生さんの事と朗読の事を話しては、どうかと思います。更に、真剣な話し、僕の帰る所は、樫の木であり、どんぐりの家でしかないと思っています。家族も実の兄よりも薄田さんやFさん、そして、樫の木の職員の方が、僕の性格から身体的な特徴まで分かっている身内と思っています。そんな身内と思える人に支えられなければ、生きがいも無くなります。今の僕の命を維持しているのが人工呼吸器であり、吸痰という人的行為です。その吸痰と人工呼吸器の知識を、せめて薄田さんとFさんに会得して欲しいという思いもあります。その気持も支援会議で話して欲しいと思います。
 僕の前に道は無い 僕のうしろに道ができる  高村こうたろう
 僕の好きな言葉です。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ