2005/9/17

はるみ之つぶやき14号  はるみのつぶやき

まえがき
8月の支援会議は、突然、中止になって、次回の支援会議を9月14日(水)午後6時に予定しました。急な夏休みで申し訳けありませんでしたが、これも、健康であればこそと思います。暑い夏を乗り越えたことだから、先ずは良しとして、許して貰いたいと思いました。
尚、はるみ之つぶやき13号は、8月24日に予定通り発行したのですが、9月14日までに14号を作るとなると、ネタを探すのが大変なことになりました。
 はるみ之つぶやきが14号、支援会議が14日、そして、台風14号。そんな慌ただしい毎日を楽しんでいます。

ケータイ
 ある日のこと、あるヘルパーさんがケータイを忘れて困っていた。2時間くらい経った頃、軽やかな音楽がヘルパーさんのバッグから聴こえてきた。思わず顔を見合わせて微笑んでしまった。

迷惑メール
 パソコンのメールを開くのが楽しい。知り合いからのメールなら当然だが、迷惑メールが吉田春美を男と識別して送ってくる。迷惑リストに入れても、メールアドレスを変えて来る。中身は全く同じ。もっと研究して送れ! と、無理なことを思いつつ、迷惑リストに、ほたり込むのもまた楽しい。 

聖徳太子の気分には、なれなかった
パソコンでZARDを聴きながら、はるみ之つぶやきを書きながら、ラジオ聴きながらQちゃんをする。そして、ウーロン茶を飲む。どうも、意識散漫になって良くないので、ラジオを切った。でも、BoAを聴きながら新聞を読むのもまた楽しい。

我が家でも韓流ブーム 韓国ドラマで訪看さんとヘルパーさんの話は絶好調。間に挟まれて、話を聞くだけで、何となく時代遅れを感じていた。ある日、BoAをパソコンで聴いていたら、同年代のヘルパーがBoAは韓国人だと教えてくれた。少しだけ仲間入りした気分になった。

頭寒足熱
 エアコンと扇風機で涼しい。足先と肩は余程の汗を掻かないと出さない。ヘルパーさんは、出したがる。顔だけ出して、くるまっている所へ訪看さんがやって来た。熱を測ると37℃。有無も言えずにタオルケットを剥ぎ取られた。訪看さんが帰って、又、くるまった。

アンビュー実演
レスピの回路を破損したり、空気が送られないなどの異常が発生した時は、早急に取り替えるか、原因と思われる箇所をチェックして欲しいけれど、回路が外れて抜け落ちたのを元に戻すのは簡単でも、破損箇所を見つけたり、回路交換は誰もが容易に出来ることではないので、先ず、訪看さんに緊急連絡する。到着するまでに手動式人工呼吸バッグ(アンビュー)で気管カニューレに空気を入れましょう。アンビューを両手で持って、利き手の方で4秒に1回程度の間隔で押します。 お母さんの肩をやさしく揉む感じを思い浮かべて見ましょう。

先ずは、慌てないことが肝心です。最初から実演に応えるのも疲れるから、テストバッグで試してみましょう。<写真>
※慌てるなと言っても無理ですね。食事中にむせ込んだ時に平静さを装うのと同じかも知れない。
外れる可能性の高いレスピ回路
1、呼気弁ラインと気道内圧ラインのレスピ本体側。[2本の細い管]
2、カニューレ側の水滴が溜まりやすい回路。加温加湿器に接続されたゴムの部分。
3、加温加湿器とレスピ本体をつなぐ回路。
4、ウォータトラップ。
5、呼気弁とその付近。
※加温加湿器に補充するときは、ゴムの部分に力をなるべく加えないこと。
※精清水を補充する時とウォータトラップの水を破棄する時は、一声掛けましょう。一瞬、空気が止まってビックリします。
吸痰行為のチェック
1、気管支に装着しているカニューレから人工呼吸器を外す。この時に人工呼吸器のアラーム音が鳴るが、気になるなら、テストバッグを付ける。
2、吸引カテーテルの付け根を折り曲げて、先端部分から徐々にカニューレの奥へ入れる。突き当たる感覚の所で折り曲げた指を放し、カテーテルを回転させながら徐々に引き抜く。息を吐き出す音の感じで、痰が残っている時は、ゴロゴロした音がするので、一旦、レスピを付けて呼吸が安定したのを確認して、再度、同じ手順にてカテーテルをカニューレに入れて吸痰をする。最初よりも少し奥へ入れてみて、表情を確認するのも良い。顔の向きを変える事でも、入りやすくなる。カテーテルを抜いて、スーッという吐息がするなら、きれいに吸痰できたと言える。また、口からの吸痰は、ティッシュに吐き出すのが良いが、手慣れた人は、カテーテルを使う。これが瀕回になると、粘膜を傷つけて出血する危険性もある。今の所は、ティッシュに吐き出すが、カニューレから吸痰して出血した事はない。
3、1回の吸痰に要する時間は15秒以内にする。カテーテルを引いたり入れたりを繰り返す行為は、良いとは思えない。(すーっと奥まで入れて、スルスルッと引き抜く時間が約10秒。こんな人は90点。吸痰で100点満点は無い。)
4、吸痰の後、素早くカニューレに人工呼吸器を接続する。終了。
※ 吸痰の時に吸い込みが出来ない場合は、
・吸引チューブが、吸引瓶から外れている。
・吸引瓶の蓋がゆるんでいる。
・吸引瓶内側のパッキンが正常になってない。逆さまになっている等。
・吸引圧力が20以下になっている。
・吸引瓶の吸痰範囲を超えている。
・コンセントが抜けている。
等であるので、冷静に落ち着いて確認する事。

アサガオと雨どい アサガオが雨どいを這い上がって、2階の高さになった。この先、どこまで伸びるのだろう。来年は、家の周りを這わせる話になっている。台風14号の豪雨と強風にビクともしないで巻きついていた。アサガオに負けられない。

編集後記(吉田/薄田)
 支援会議に何とか、はるみ之つぶやき14号を発行しました。今回は、吸痰とアンビューについて、僕なりの経験を分かりやすく短くまとめてみました。
 脳性まひ者への吸痰行為が許可されたとは聞いていないが、待つまでも無く、勉強と経験を積み重ねて、自信と勇気を持ちたいですね。
 衆議院選挙は、思わぬ結果となりました。障害者自立支援法の成立も確かになりました。そこで、多数が少数の意見をどれだけ聞いて、弱者の生活に目を向けた政治ができるかを、私たちは、日々の生活からチェックしましょう。
 4年前のアメリカは、9,11同時テロ。そして、日本の9,11。これから4年の日本の政治がどこに向かうのか、不安はつきません。

「ZARD?BoA?」なんで吉田さんが、こんな若い子の聴く曲を知ってるのでしょう。今まで8年近くNHKラジオしか聴いてなかった吉田さんが、急にどうしてって感じです。パソコンは情報発信、コミュニケーションのツールだけではなく、若返りのドラッグにもなるようですね。驚きました。確かに季節は音楽の秋、それから読書の秋ですよ。そうそう、この前もらったCDには、吉田さんの入院から在宅生活あたりまでの文書がA4でざっと60ページ近く入ってました。冊子になるのは間近のようです。皆さん、楽しみにしていて下さい。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ