2007/3/26

はるみ之つぶやき  はるみのつぶやき

支援の歯車
在宅復帰して4年目を歩いています。1年目の頃は、昼も夜中も訪看さんを何度呼んだ事だろう。今も体調万全な時は少ないが、訪看さんを緊急に呼ぶような体調不良や人工呼吸器の事故も本当に少なくなった。これは、体調自己管理や人工呼吸器管理の失敗を梃子にした貴重な経験として振り返る価値のあるみんなの財産になっていると思います。そんな時だからこそ、入院6年間の苦労や看護師との葛藤を知らない訪問看護ステーションにも支援の輪を拡げる勇気になっています。まだまだ、支援の輪を拡げないことには、中心軸の僕が挫折する前に頼りにしている歯車の歯がポツンポツンと欠けていく寂しさがあります。新しい歯が入って来ても、はるみ之oilに馴染んでもらう苦労もある。そんな中で、3月12日(月)から、COMSN訪問看護の訪問(月、木)がスタートしました。僕の歯車の回転をきっと良くすると思います。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ