2007/7/2

はるみ之つぶやき  

喋れたら
 もしも僕が喋れたら、理屈を並べると思う。そして、はるみ之つぶやきは生まれてなかったと思う。いくら喋れても理屈を並べられたとしても、“原爆を落とされて戦争が終った。しょうがない。アメリカを責められない。”なんてことを日本人なら喋らないし、思いも寄らない。ところが、久間防衛大臣は、戦争反対と原爆廃棄に対する日本人の熱意と誇りを失っている。いくら弁解しても発言は消えない。これはもう、女性を“子供を産む機械”に例えた柳沢厚生労働大臣の暴言さえも薄い陰にしている。誤解もしない。本音と思う。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ