2007/11/1

(*^_^*)ひまわり号(*^_^*)  

「ひまわり号の旅」
2007年10月21日(日)ひまわり号吉田チーム7名は、夢と希望を膨らませて、佐伯寿司コース探訪へ出発しました。
  隊長=吉田春美
  ヘルパー=江口/自立支援センター大分)
  ボランティア=薄田、脇田s、脇田n、桾本、河崎)
<出発までの段取り>
−前日−
 13:00〜 旅行携帯物品のチェックリスト作成と確認(吉田・江口)
 16:00 ヘルパー引継ぎ=人工呼吸器に関係する携帯物品などの確認(吉田・江口・    脇田s)
−当日−
05:00 起床、洗面、軽食を済ませて訪看さんの到着を待つ。
05:30 排便処置開始(つる訪看/恵良、あさがお/加茂)
07:00 江口さん、薄田さん到着
人工呼吸器関係携帯物品などの最終チェック、リフトワゴン乗り込み
07:15 自宅出発 大分駅へ移動
<行き> 列車で移動
07:20〜30 大分駅1番ホーム集合・受付 → 1番ホームへ移動
07:45 セレモニー  07:57 列車到着・乗り込み  08:06 出発
 08:17〜24大在駅(7分停車) 08:31〜55幸崎駅(24分停車) 09:12〜13臼杵駅
 09:23〜28 津久見駅(5分停車) 09:50佐伯駅到着(待合室で30分休憩して人工呼吸器に電源補充する。) 佐伯駅 →徒歩移動約7分→ 11:00頃/錦寿司(噂の大きな寿司を食べる。美味しかったが、ネタが薄かった。) →徒歩移動約5分→ 12:00頃/海の市場(のんびり買い物と数年来の友人と触れ合いを楽しむ。)
<帰り> 14:00頃 海の市場からリフトワゴンで移動、そのまま自宅へと行く筈が無い。
(津久見から臼杵、大分海岸線コース/吉田、薄田、江口、脇田s、脇田n)
15:00頃 臼杵の実家に到着(おっぱい島の風景を楽しむ。)30分位して、一路坂ノ市経由我が家に帰る予定だったが、とんでもない再び通らないと思う横道に逸れたけれど、とても楽しい探検旅行でした。
 <帰宅後の段取り>
17:00 帰宅 ヘルパー引継ぎ(自立支援→なでしこ)/つる訪看(衛藤)に連絡
 着替えを済ませて間も無く衛藤所長到着して、ガス抜きチューブの交換と腹部マッサージをする。ガスは出なかったけれど、我慢できる腹満だったから、夕食を軽く食べて様子を見ることにする。
その他
 現地では極力、移動を最小限にし、呼吸器の内部バッテリーの消耗を軽減出来たが、列車の中での電源確保が出来ない事の不安が的中する。携帯バッテリーを2台持参して良かった。

ひまわり号参加にあたって思うこと
 ひまわり号には、初回から1997年の13回まで毎年参加していました。その後、入院のため中断、それでも1999年15回には病院から外出の形で福岡ドーム行きに参加、そして今回は、8年ぶりの参加になります。前回の福岡ドームは、どんな形で参加したかなぁ、と思うくらいに病棟看護師や主治医、理学療法士、そして、樫の木の薄田さんや藤井さんをはじめ、本当に多くの人達に支えられた旅行でした。蒸留水がなくて、工藤主任が病院や薬局を探し回った事は、後日のエピソードになりました。この時すでに人工呼吸器はつけていたけれど、行きも帰りもリフトワゴン車で、人工呼吸器の電源確保が出来ました。今回も、人工呼吸器をつけての参加は最重度の障害者ということだと思います。そして、佐伯までの片道は、電源の無い列車に乗ります。持参する携帯バッテリーを見つめながらの旅行になります。
 それにしても、ひまわり号には、たくさんの思い出があります。1回目のひまわり号に参加した時は、5年目の入院生活をしていました。その時に誘ってくれたのが、ケースワーカーの小手川さんでした。当時、病院の清掃作業をする人たちの休憩室が、夕方になると、ひまわり号の事務局になっていました。そこには、草伏さんや木許さんといった友達も居ました。でも、今は、小手川さんも草伏さんも木許さんも、とっても淋しいけれど、亡くなってしまいました。僕は、ひまわり号に参加したことをきっかけにして、多くの人に支えられながら、夢の退院、在宅生活を楽しんでいます。今、樫の木がひまわり号の事務局になっていることを思う時、ひまわり号に一緒に参加した人達の夢や希望の一端を樫の木に映してしまいます。ひまわり号のスタートは、大分の障害者福祉・医療の向上を目指す一歩でもあったと思います。もし、ひまわり号の参加と触れ合いがなかったら、今の僕の生活は不可能だったと思います。そして、障害者のもっともっと沢山、色んな夢を叶えるため、ひまわり号の歩は止まらないと思います。僕の在宅生活も続きます。今日は、久しぶりの交流を楽しみたいと思います。 吉田春美





クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ