年金くまの「その日暮らし日記」

某社勤務の社労士で、社労士受験生勉強会の裏方もやっています。

 

カレンダー

2021年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:年金くま
〉YFさん 

ある程度覚悟して参戦しましたから、諦めもつきました。


走りながら治す方法はないものか、そればかり考えています(笑)
投稿者:YF
残念でしたね。

私は先日の大阪ハーフは、自宅近くのパチンコ屋前で止められました(笑)

しっかり治していきましょう。

投稿者:年金くま
>たまさん
 
 痛めたキッカケが、下り坂ダッシュのスピードアップの練習だったのですが、できるだけ歩幅を小さくしようと意識していたものの、やはり着地時に膝が伸びていたかもしれません。

 今回のレースでは、シップを左右の臀部と右足の膝上に貼り、右ひざはその上からザムストのサポーターを装着して走りました。

 腿の裏側にはサ○メチールを塗りたくっておきましたが、アップが十分だったかと言われれば果たしてどうだったか・・・。

 まだまだこれから鍛錬ですね。

 コメントいただき、ありがとうございます。参考になります。
投稿者:年金くま
>まつしま。Mさん

 ありがとうございます。

 正直言えば、後半は既に右足の感覚がなく、スピードアップなんて到底出来ない状態でした。

 また1から作り直ししていきます。
投稿者:たま
着地時に膝を伸ばしていないですか?
膝を曲げる最大角が大きくないですか?
フルマラソンのトップランナーの走りは着地時に膝が伸びきっていません。でも膝を伸ばさず着地することは周辺の筋肉がすごく必要です。しんどいですが頑張ってください。
また、腸脛靭帯とのこすれで炎症が起こるわけですから、不必要に膝が曲がる走りは向いていません。そしてこの腸脛靭帯炎は寒いときに起こりやすいことから、私はスタート前に筋肉をあっためる、消炎剤を塗りたくっています。ただし、痛くなってから塗ると、よけいに痛くなりますよ。気をつけて。
私も100km以上の大会3回目で腸脛靭帯炎を克服しました。痛めて治すと強くなる、です。
投稿者:まつしま。M
15`までのタイムなら何とか行けそうですが,その後が厳しいですね。だましだましっていうのがよく分かります。この経験をばねに次に生かしましょう!
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ