2005/11/13

パレスチナの男子から、イスラエルの女子に臓器移植  日記(今日思うこと)

ヨルダンとイスラエルの国境にある死海は、普通の海水の約10倍、塩分含有量が35%と生物が住めない程、塩分濃度が高い事で、知られている。9月に閉幕した愛知万博では、ヨルダン館に設けられた死海の水で作ったプールに浮くアトラクションが大人気、連日長蛇の列が出来ていた。これでヨルダンまで行かなくても、死海の浮遊を体験出来たのだ。中東というと何となく、治安が悪いとか、中東戦争隣国のイメージが強く、観光には向かない気がするが、ヨルダンは、中東地区では有数の治安組織を持つとされ、「安全」をアピールし、首都アンマンには、大型高級ホテルも建設され、観光客を呼び込んで来ていた。
クリックすると元のサイズで表示します 白い建物が多く美しいアンマンの街

そのアンマンにある3軒の米国系高級ホテルが日本時間の10日未明、自爆テロの標的となった。これは、親米国である、ヨルダンの経済に、打撃を加える目的であろうと新聞記事は報じていた。ロイター通信によると、国際テロ組織アルカイダと連携する、ヨルダン人過激派、ザルカウィ容疑者率いる「イラク・アルカイダ機構」が、インターネット上で犯行を認めたという。「我々の最上のライオンたちがヨルダンで攻撃を仕掛けた」と宣言した。声明の信憑性は不明であるが、ザルカウィ容疑者は、ビンラディンに継ぐ、アルカイダ組織のNo2と言われ、イラクでのテロ黒幕とされて米軍などが行方を追っているのだそうだ。
クリックすると元のサイズで表示します
そんな暗くて、身の毛が弥立つような報道の中、今月3日、イスラエル兵に誤って射殺された12才のパレスチナ少年、アフメド・ハティブ君(12才)から、臓器移植を受けたパキスタン人、イスラム教ドルーズ派のサマ・ガドバンちゃん(12才)が、7日には意識を取り戻し、家族と話し始めているという…暗闇に一筋の光が照らされたようなニュースが届いた。アフメド君の臓器は、父、イスマイルさんの意思で、腎臓、肝臓、肺、心臓が摘出され、移植を待つイスラエル人、サマ・ガドバンちゃんら3人を含む、子供から大人までの6人へと、移植されていたのだ。
クリックすると元のサイズで表示します
イスマイルさんが、臓器提供を決意したのは、イスマイルさんの兄が肝臓移植のドナーを待ちながら24歳で亡くなっていたからであった。息子、アフメド君の文字通りの献身が「イスラエル人の中で、息子が生き続ける。イスラエル人とパレスチナ人の双方に平和を呼びかけるメッセージになればいい」とイスマイルさんは、悲しみを乗り越えて、話していたそうである。
クリックすると元のサイズで表示します
中東地区の話題からは、宗教争い、テロ、戦争という漠然とした暗いイメージがあっただけで、目を逸らしがちであった。また、報道も、大きな力が陰で動き、操作されている気がして、その信憑性には欠けると思う。しかし、この移植に関する報道を契機にして、複雑な問題が少しでも緩和され、人間同士としての暖かい思いやりの心が、湖に投げられた小石の波紋のように広がって行ってくれるように…と、願ってやまない。
クリックすると元のサイズで表示します
因みに、アンマンの自爆テロの首謀者とされる、ザルカウィ容疑者は医師の免許を持っているという。「人間の命のを救おう」と、志を立て、医術を学んだはずなのに…と、とても、残念に思った。同じ頃、イギリスでは、警察の権限強化を目指した「反テロ法案」が下院にて否決された。テロ犯には、憎悪を抱いても、力を力で持って制する事には、反対だという事だろう。聡いと感じた。小学校で習った「作用・反作用の原理」を、あくまでも、武力行使で!と、声を荒げる人達にも、思い出して欲しいと思ってしまった。
1



2005/11/13  23:11

投稿者:ほたるさん

☆aoiさん
こんばんは。ご挨拶に行こうかなって思ってました。
ふうーっ、やっと仕事が終り、今から荷造りです。

そうですよ。貧しさです。故郷を追われ、難民となってしまった60年の歴史があるのです。宗教的には、聖地、エルサレムが、イスラエルの中にあるというのも、問題で、かなり、根が深そうですが、
基本的には、幼稚園で習う事が出来ていないと、思います。
ストーブリーグ、どうなりますかね。
現地から、お届けできたら…って思っていますが、
実はaoiさんの方が、早くて正確だったりして。。

では、また。行って参りまーす。

2005/11/13  22:34

投稿者:aoiさん

このへんの国は物凄いことになってますよね。。。
でもこうしてみんな一生懸命手を取り合ってるんですよね〜
幸せになってほしいです。
かなり大雑把な言い方になってしまいますが
宗教とかテロとか戦争とか言うけど、
結局諸悪の根源は貧困なのではないでしょうか。
ザルカウィを変えたのも貧しさだったのではないかと思うのですがどうでしょう?
彼らの国が豊かになるにはどうしたらいいんでしょうね。
それにはまず物を壊すことをやめなきゃいけないっていうのが
どうしてもわからないんでしょうね。

http://blog.so-net.ne.jp/aoi/

2005/11/13  13:18

投稿者:ほたるさん

☆やままささんへ
お出かけ前のお忙しい時に、ありがとうございます。更に書く事が専門であるライターの、やままささんに、お褒め頂き、恐縮です。臓器移植については、現場に近い方の、ご意見での大作?を期待しています。(すみません。プレッシャーですか)

パッキングですか?聞かないで下さい。ううーぅ。
今夜は徹夜です。。

2005/11/13  12:42

投稿者:ほたるさん

☆ととさんへ
リンク、ありがとうございます。
私も、初めて、aoiさんのブログにリンクして頂いた時は、感動ものでした。私もマイペースで頑張りますから、ととさんも、頑張って下さいね。「ドナーカード」私は持っていますよ。脳死移植に関しては、まだまだ、問題も多いようですが、私は、もしもの時、誰かのお役に立てたら…って思っています。

2005/11/13  12:35

投稿者:ほたるさん

☆ほにゃさんへ
報道も、色々と操作があったりしたようです。ある報道は、全員イスラエル人に移植されたとし、誤射ではなく、わざと打たせて、取引したというような、内容もありました。何を信じて良いのか、解らなくなりますが、何がどうあっても、6人の人に、臓器移植されアフメド君の魂が、平和を叫び続けている、信じていたいです。話は変わりますが、年内の追い込みでしたか?お勉強、頑張って下さいね。

2005/11/13  12:30

投稿者:ほたるさん

☆コロコロさんへ
此方こそ、お忙しい中、いつもありがとうございます。今日は暖かいです。が、また、急に冷え込むのでしょうかね?お互い、健康には、充分、注意しましょうね。またお越し下さい。

2005/11/13  12:27

投稿者:ほたるさん

☆すぬさんへ
コメント、ありがとうございます。
こういった話題は、重いので、書く事をどうしようか?と迷ったのですが、私達が目を背けていては、いけないと、感じたので、あくまでも私見ですが、書いてみました。イギリスでは、野党は勿論、与党でも49人が造反し、非可決になったそうです。仰るように、勇気ある造反・選択で、日本に於ける郵政との癒着云々とは、レベルが違うと思いました。もうすぐ、近くに行きます。Takiさんに、お会いできるかな?と、楽しみにしています。

2005/11/13  10:18

投稿者:やままささん

いつもコメントありがとうございます。これから急ぎ出発しなければいけないので、簡単になりますが,まずは御礼です。
しかし,ほたるさんのブログって,ほんと軟から硬まで充実してますね。わたしも専門領域の内容を充実させようと思ってはいるものの,ブログを書くころにはぐったりで、大抵が「日記」におさまってしまいます。ほんと、もう少しがんばらないと。
臓器移植についても取り上げないとと、よく思ってます(今回のお話、いいお話ですね)。生体移植に依存する日本の現状はやっぱりおかしいです。。。わっ、時間がない。羽田に行かないと。
ほたるさん。パッキングは済みました?レポート楽しみにしています。あっちは寒いでしょうから、かぜ、ひかないように。

2005/11/13  9:43

投稿者:ととさん

追伸:ほたるさんへのリンクも私のところに作らせていただきました。

2005/11/13  9:41

投稿者:ととさん

ほたるさんの情報量、というか、すごく博識でいらっしゃいますね。私はあんまり新聞など読まないので、政治経済のことにとってもうとい、よくない日本人です。
臓器移植をしてもいいという申し出ができる黄色いカードがありますよね。
私もあのカードで臓器提供をオッケーしたいと思いつつまだやってません。

それからそれから!
私のリンク作ってくださってありがとうございます!
すごくうれしいです。ちょっと、こっぱずかしい気もしますが、マイペースで進めて行きたいと思います。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ