2005/11/20

お腹、危機一髪  日記(今日思うこと)

クリックすると元のサイズで表示します昨日は、秋晴れの寒い中
念願だった街、ボストンから車で1時間半程南下した街、フィアヘヴン、万次郎が暮らした土地へ行ってきました。万次郎が得意とした捕鯨。その船出となったフィアヘヴンの隣町、ニューベッドフォードも訪れ、世界一と言われている、捕鯨博物館にも、寄ってきました。
写真も沢山写し、長年の万次郎への思い?を、書こうとしたのですが、此方の時間で夕方6時過ぎから、遅めに食べたランチ(魚)が当たったのか、お腹の調子が悪くなり、トイレに篭城後、遂にダウン。
クリックすると元のサイズで表示しますしんどかったー。部屋に戻っていた事だけが、唯一幸いでした。
……という訳で、昨夜は日記のupが出来ませんでした。ごめんなさい。クリックすると元のサイズで表示します
0



2005/11/21  10:26

投稿者:aoiさん

おなか治ったようでホッとしました・・・
あの辛いタイ料理が遅れて来たのでは!?って心配でした;
大変そうなのにこのアイコンが可愛すぎますね。

http://blog.so-net.ne.jp/aoi/

2005/11/21  10:01

投稿者:すぬさん

ほたるさん、とんだ災難でしたね。
どうぞお大事になさってください。
ジョン万次郎ゆかりの地の続きも楽しみにしてます。

http://gold.ap.teacup.com/sunui/

2005/11/21  1:58

投稿者:ほたるさん

☆やままささんへ
休日も出勤なさっていたのですか。。お疲れ様です。私はお陰様で、のんびりさせて頂いています。やままささんも、どうかご無理はなさらないで下さい。原稿が捗りますよう、引き続きお祈りしています。

2005/11/21  1:55

投稿者:ほたるさん

☆ととさんへ
ご心配、ありがとうございました。
何とか、良くなりましたよ。。捕鯨博物館等についても、万次郎の記事と共に、投稿していきます。1830年代頃から、アメリカの捕鯨船に日本の漂流民が助けられるようになったのも、当時のアメリカの捕鯨が太平洋まで漁場を伸ばしていたからなのです。その捕鯨の歴史などにも、追々触れていきますね。お楽しみ?に。

2005/11/20  21:40

投稿者:やままささん

ご体調が悪いのにもかかわらず、ご訪問ありがとうございます。辛いですね。。わたしの場合は海外に行くと、オリーブオイル攻撃にびっくりしちゃうみたいで、必ずお腹がやられてしまいます。オリーブオイル大好きなんですけどね。。。
こちらはこんばんわ。です。いま必死に原稿に取り組んでいるんですが、進捗状況は芳しくなくて、徹夜しようか、それとも挫折しようか、思い悩んでいるところです。昨日からほとんどPCに向き合っているので、もう集中力皆無です。とりあえず、終電近くまではがんばってみようかなとは思うものの。。。
水分補給して、ゆっくり休んでくださいね。


http://diary.jp.aol.com/tb4bw3xscrrb/

2005/11/20  21:16

投稿者:ととさん

ほたるさん、もうお腹はだいじょうぶですか?
それは、つらいですね…(>_<)
「捕鯨博物館」おもしろそうです。体が元気になったらどんなだったか、
おしえてくださいね。
健さんの番組のこと明日の記事にしますので、時間があったら、
私のところ覗いてみてください。
再放送あるといいですねー。すごくいい番組でしたよ。
「ショーシャンクの空に」は私も大好きです。
ティム・ロビンス&スーザン・サランドン夫婦も素敵です。

http://toto.blogzine.jp


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ