2005/12/13

しゃぶしゃぶの美味しい店(しゃぶ禅)  ボストンでのお薦めのお店

ボストンのチャイナタウンに、しゃぶしゃぶのお店がある。私はいつも地下鉄に乗って出かけている。中央にある広いカウンター席は、1人用の鍋なので、友達と行っても「取り合い」をしなくて済む。アメリカ人の中にはドイツ系の人とか、他人と鍋をつつく習慣がなく、嫌がる人もいるので、1人ずつの鍋だと安心である。カウンターの他にボックス席もあるので、ご家族連れは、其方の席でわいわいと、鍋をつつくのも、また楽しいだろう。

オーナーのDavid Wongさんは、Fedexにお勤めだった頃、14年間、日本に住んでおられた。台湾にも居られた事があり、アジア各地の鍋の良い所を抜粋して、このしゃぶしゃぶのシステムになさったという。しゃぶしゃぶ用のだし汁は、チキンブロスを素にしたオリジナルで、スープだけでも、とても美味しい。帰国前の週末、慌しかったが、私は『絶対食べて帰る』とばかりに意気込んで、友達と2人で出かけた。

クリックすると元のサイズで表示します しゃぶ禅の外観

お店に着くと、夜の10時近かったにも関らず、お店は活気に満ちていた。Davidさん自ら出てきて下さり、席に案内して頂いた。いつものA−1(Finest USDA Prime Rib Eye of Beef - $18.95)を注文、ご飯か、うどんかを選択するのだが、私はうどんにした。そして、ドリンクは、これも私の定番、西瓜のスムージィー($3.50 )友達はハニードゥというメロンのスムージィー($3.50) を注文した。

スムージィー。フレッシュで美味しい クリックすると元のサイズで表示します

私達は、タレをポン酢とゴマダレ(セサミソース)に変えてもらい、薬味はニンニク(ガーリック)と葱(スカリオン)を用意してもらった。元々用意されているタレは、しょう油ベースのソースで、好みによっては、そのままが良い人もいる。まず、野菜が用意された。季節によって若干の変化はあるが、白菜、椎茸、エノキ、コーン、豆腐等が入っている。また、トマトが一切れ入っているが、これがまた、出汁にもなるし、温トマトになって、食べるとまた美味しいのだ。

クリックすると元のサイズで表示します 鍋の周りに並んだ霜降り肉と野菜等

メインのビーフだが、注文してから、丁寧にスライスされて出てくる。アメリカのビーフは、USDA(米国農協)の審査によって、3つのグレードに分かれており、その中でも最高のPrime Rib Eyeは、その辺のスーパーでは手に入らないそうだ。味は和牛には劣るが、それでも充分美過ぎる程美味しい。お湯に通すとさっと縮れて、タレに浸けるとタレを包み込む。しゃぶ禅では、神戸牛(三島)$38も用意しているそうだが、A-1で充分だと私は思う。

沸騰したスープにさっとくぐらせる  クリックすると元のサイズで表示します 

お肉は、とても美味しかったので追加して食べた。野菜を食べた後、残ったスープをスプーンで5杯くらい器に取り、塩とブラックペッパーで味付けをして、うどんのスープにする。出汁が出ていて、スープだけで、お腹が許す限り何杯でも、飲めてしまう。そしてデザートには、「ぜんざい」という冷たい小豆スープが出てくる。この「ぜんざい」も甘すぎず美味しいと思う。

クリックすると元のサイズで表示します 店内にある青い目の招き猫。よく見るとドルを招き、手も「カモーン」と反対を向いている。因みにこの「ドル招き猫」は、愛知県生まれである。

他にも海鮮鍋、鳥鍋、キムチ鍋、お肉も豚ロースも用意されている。夕方7時〜8時台は、満員で必ず人が大勢並んでいるが、回転は早いので、そんなに待つ事はないと思う。原則として予約は無しでOKだが、大勢でのパーティ等に利用する場合は、電話予約を入れた方が安心だ。

クリックすると元のサイズで表示します オーナーのDavid Wongさん

お腹が一杯になり、満足してチェックをすると、Davidさんが来て下さった。腰の低い方で、丁寧に見送って頂いた。外は氷点下と冷え込んでいたが、お腹が一杯で暖かい気持ちになり、帰路についた。満足、満足。。ご馳走様でした。。

  ◎しゃぶ禅
16 Tyler St., Boston,MA
   (617) 292-8828
11:30am〜11pm(日〜水)
11:30am〜12pm(木金土)

  ○Shabu-zen HP
http://www.shabuzen.com/

☆余談
アメリカの西瓜は大きくて、安くて、種がない種類もあり(俵のような形をしている)とっても甘い。見かけは、甘い感じがしなくて、購買欲は沸いて来ないが、食べてみると、美味しくてびっくりする。ハニードゥというメロンも、あっさりしていて甘過ぎず、とても美味しい。果物はオレンジを始め、バナナは勿論、ぶどうも林檎も、種類が豊富で、安く手に入る。
0



2005/12/14  3:34

投稿者:ほたるさん

☆テレ枡さんへ
申し訳ござりませぬ。牢名主様。
貢物でお許しくださりませ。。

>今度、私の食生活紹介しちゃおうかな?

は〜い。楽しみにしています。
?ん?
。。拷問に遭いそう。。

2005/12/14  3:31

投稿者:ほたるさん

☆ととさんへ
やままささんの逆襲が恐くて、怯えつつ、
また、お寿司ネタなど、upしようと思っとります。

アメリカ産牛肉輸入解禁は、そろそろですね。
諸説が多いし、私は、あまり気にしていません。
ボストンでは、焼肉もステーキハウスも、
よく流行っていますよ。

写真…ですか?
私は身長が、2メートルあって。。
なんて。。実は、椅子に乗って撮りました。
いえ、本当は、友達に乗ってもらいました。
エレガントを目指すレディとしては、
そんな事、、、とても、出来ません?

2005/12/14  3:13

投稿者:ほたるさん

☆コロコロさんへ
今、全米で、日本食店の数はトップらしいです。
でも、なかなか、美味しいお店は無いです。
怪しいお寺風や、遊郭みたいな造りのお店とか。。
むむむ、○雅○の店員さんの、着物の着方、、、
いつも、着せ直したいって、思ってしまいます。
でもね、そのお店、日本食の店のBest of Bostonに
選ばれているのです。ふうー。何か違うんですが。。
その点、しゃぶ禅さんは、正統派ですよ。

西瓜…あー、思い出してしまいます。
食べたーーい。ホント、美味しいですよ。。

2005/12/14  3:07

投稿者:ほたるさん

☆しゃぶしゃぶ大好き。やままささんへ

お約束は、守らないと…と、載せちゃいました♪

>ぬれたシャツの変わりに店のユニホームを着せられ

そのお姿、拝見したかった。
いよっ。。ワインも滴る、いい男!
と、今更、誉めても、ご機嫌は直りませんか。。

汚職事件、一次変換とはまたまた、危ないですね。
私は一昨日、「受診」を「受信」と変換されました。
記憶しているのですよね。。恐い、恐い。

因みに今夜、
私は3度目のヘッドスライディングでした。
これで3塁まで、進塁したぞ。
後は、ホームスチールを狙います。
(ははは、新庄じゃ、あるまいし、)

2005/12/14  2:07

投稿者:Shinさん

あれー、昨夜のコメントの名前欄が「?」になってる・・・。
すみません、↓「?」は私です。。。 反省文、書いてきます。

http://diary.jp.aol.com/ugt79psdua/

2005/12/13  23:45

投稿者:emiさん

あまり肉には興味のない私です、米、肉には・・・ですね。
 興味あったのは・・・鍋の周りに並んだ霜降り肉と野菜等 の写真(というかデジ)
 これ撮るのに・・・立って撮ったのですか??ひひひ・・
 これに興味を持ちました。

 店の外見は日本のスキー場のレストランのイメージです。

2005/12/13  23:38

投稿者:たけさん

シャブZENはBrooklineにもありますよね!
チャイナタウンにもあるんですか?!
アメリカのしゃぶしゃぶ店も、結構1人用でつつけるお店多いんですよ。
LAのしゃぶしゃぶ店も1人用がほとんどです。
本当、一緒にお鍋つつくの嫌がる人達多いですから・・・(笑)

知ってるので一度行きたいなーと思いつつ、
まだ一度も踏み入れていないお店です。
美味しそうなレポート有難うございました!

今日も雪降るボストンより・・・

http://blog.goo.ne.jp/panko_boston/e/051367d86cc07696e44ab29b37d06fd1

2005/12/13  19:22

投稿者:Usakoさん

しゃぶしゃぶおいしそ過ぎます!食べたい〜!
しゃぶしゃぶのお店にスムージーがあるところがアメリカっぽいですね♪それからコーンやトマトが一緒に出てくるところも新鮮だわ。
ほたるさんの旅の日記を読むたびに、ボストンのおいしいお店や名所を知る事ができてとっても楽しいです♪

http://diary.jp.aol.com/gxmjucsnj/

2005/12/13  17:31

投稿者:テレ枡さん

やままささんの云う通り
来るんじゃなかった。
ぐすん。ぐすん。
食べたいよー
今度、私の食生活紹介しちゃおうかな?
「一日も早く出て行け」
という思いやりたっぷりの食事の話。

2005/12/13  16:00

投稿者:さん

ボストンには素敵なしゃぶしゃぶのお店がある、とメモしておきました。
ここからそんなに遠くないからいずれ行きたいですね。
ドル招き猫が気に入りました。(笑
スムージィもあっさりとしていそうで、お肉に合いそうです。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ