2005/12/28

12才でオリンピツクに参加したフィギュア・日本女子選手  フィギュアスケートと浅田真央選手

一昨日までの私の職場での話題の主流は、日曜日まで開催されていた全日本フィギュアスケートの事だった。TV放映された時間だけでも、名古屋からは、浅田選手姉妹、安藤選手、中野選手、恩田選手と、5人が出場していたのだから、止むをえないだろう。例外なく私も、お客様のスケート談義を聞いていた。私は、ずっと浅田真央選手を応援して来ていたので、彼女の話題になるとつい舌が滑らかになってしまった。やはり、何人かの方が、試合を限定しての年齢制限について、疑問に思って居られた。
クリックすると元のサイズで表示します 
1人のお客様が「昔は、12才でも、行けたのですよ」と、何気なく仰った。その場にいたほぼ全員が、その方の話に耳を傾けてしまった。そのお客様Fさんのお姉さんが、通っていらした「梅花学園」という中高一貫校出身の方で、1936年にドイツ、ガルミッシュ・パルテンキルヘンで開催された、冬季オリンピックに、12才(開催中13才になる)で参加されたという選手がいる…というお話だった。お客様のFさんは、その事を書き綴った『わたしたちのオリンピック』(ベースボールマガジン社)という本を持って来て貸して下さると仰った。恐らく私の目から、好奇心という光線が出ていたのが判られたのだと思った。
クリックすると元のサイズで表示します 開会式時の稲田悦子さんと直筆サイン
その本によると、稲田悦子さんは、全選手中、最年少であり、また、開催当時の身長が127センチと、とても小柄だった。1936年開催の冬季オリンピックは、結果的に、第二次世界大戦前の最後のオリンピックとなり、開催時のドイツは、当然ながらヒトラーの政権だった為、開会式の貴賓席にはヒトラーが現れた。その席から稲田さんを見たヒトラーは、「あの子供は、一体何をしに来たのかね?」と側近に尋ね、それが大きな話題となり、新聞記事でも報じられたという。稲田さんのこの時の成績は、参加者26名中、10位と大活躍だった。このように12才のフィギュアスケート選手は、日本人女子初の冬季オリンピック参加選手として、その歴史に名を残した。
クリックすると元のサイズで表示します
残念ながら稲田さんは、2003年7月、胃癌の為79才でお亡くなりになっているが、フィギュアスケート女子選手の草分けとして晩年まで、神宮スケート場等で子供達にフィギュアスケートを教えられる等、多くの後継者を育てられて来た。また、歯に衣着せぬ発言でも有名で「フィギュアスケートでは、スタイルも表現力も違うから、日本人は勝てない」。とか、はっきりと仰っていたそうである。しかし、1998年のパリ世界大会で、伊藤みどり選手が優勝した時は「やっばり、あのジャンプ。本当によくぞ…」と感極まって涙され、伊藤選手の健闘ぶりを讃えられたそうだ。
当時のユニフォーム(秩父宮博物館蔵)クリックすると元のサイズで表示します

私は本を読んで、もしも稲田さんが、今もご健在だったなら、浅田選手の年齢制限問題にも、異議を申し立てられ、強く推して下さっただろうと思った。稲田さんが気になさっていた「スタイルも、表現力も」兼ね備えた浅田真央選手。そして、妬みとか嫌味等の、心の濁りを微塵も感じさせられない、浅田選手の純真さに、オリンピックに参加された当時の、ご自分の姿を重ねられたに違いない。浅田選手は、TV局のインタビューで、「トリノには行きたかったですか?」という意地悪なレポーターの質問にも真顔で、「是非、観戦に行って、応援したいです」と答えていた。心が伸びやかで澄んでいるからこそ、人を魅了する表現力が生まれるのであろう。稲田さんに、浅田選手の今の滑りを見て欲しかったと、切に思ってしまった。
クリックすると元のサイズで表示します
また日本は、冬季オリンピックとして、第2回1928年サンモリッツ大会から参加しているが、女子選手が参加したのは、稲田さんの参加した、第4回ガルミッシュ・パルテンキルヘン冬季大会からであった。その後日本は、第2次世界大戦を巻き起こした戦犯国として、1948年開催の第5回サンモリッツ冬季大会には、ドイツと共に参加を許されなかった。やがて日本が、再び冬季大会に参加出来るようになったのは、1952年の第6回オスロ冬季大会からであり、稲田さんは、既に28才になっていて、現役選手を引退していた。よって稲田さんは、12才という若さで初参加したにも関らず、戦争という国と国の争いの犠牲となり、結局は、ガルミッシュ・パルテンキルヘン大会が、最初で最後のオリンピックとなってしまったのだ。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します ガルミッシュ・パルテンキルヘン冬季大会 (スケートリンク)
そのガルミッシュ・パルテンキルヘン冬季大会は、4競技17種目が実施され28の国と地域から、668名の代表選手を迎えた。日本からは、48名(役員14名、男子選手33名、女子選手1名)が参加した。勿論、1名の女子選手は、稲田悦子選手であった。尚、稲田選手が着用した、当時のデレゲーションユニフォームや、競技に着用したコスチューム(写真、参照)は、秩父宮スポーツ博物館に展示されているそうだ。写真で見る限りでも、高級なシルク(恐らく?)で出来た競技用コスチュームは、デザインも可愛く趣がある。今度上京したら、是非、訪れてみたいと思っている。

◎参考 「わたしたちのオリンピック」 TOL会(オリンピックに出場した女子選手の会)編集 ベースボールマガジン社
1



2007/11/29  6:02

投稿者:ほたる

一休さん、読んで頂き、コメントまで頂きましてありがとうございました。

>12才でオリンピック読ませていただきありがとうございました、

とんでもない!です。此方こそ、ご丁寧にありがとうございます。

>TBSの米田やすみさんが最後の弟子と聞いてびっくりしました。

はい。そうなのです。
ご本人様からもコメントを頂きまして、更に甥の方にも書いて頂き、驚きでした。
稲田さんの事は、もう少し、多くの方に知って頂きたいと思っています。

>ご健康にお過ごし下さい!

ありがとうございます。
一休さんも、お元気で、またお越し下さい。お待ちしています。



☆一休さんへ

2007/11/28  14:17

投稿者:一休

12才でオリンピック読ませていただきありがとうございました、TBSの米田やすみさんが最後の弟子と聞いてびっくりしました。
ご健康にお過ごし下さい!


2006/12/6  12:20

投稿者:ほたる

>このブログを叔母の最後の弟子の、米田やすみちゃんに知らせねばと思っていたら、やすみちゃんはもう来てていましたね(笑)

はい。有り難い事にいらして下さり、
コメントまで残して行って下さいました。

>やすみちゃんと私は、テレビの取材で偶然知りあったのですが、やすみちゃんがスケートの選手だと聞いて、そのコーチが偶然に叔母だったので、とても話が盛り上がって、今では親戚一同やすみちゃんのファンです。

偶然とはいえ凄い巡りあわせですね。
生意気な事を書いてしまいますが、もしかしたら、稲田悦子さんが、
会わせて下さったのかもしれないですね。

>またやすみちゃんと話するときに、ここのブログの話題で盛り上がりそうです。ありがとうございます。

お2人の間の話題にして下されば、光栄に思います。
此方こそありがとうございました。

>みなさんも、米田やすみちゃんを応援してあげてくださいね!!

父親が「朝ズバッ」を観ていて、米田さんの大ファンです。
私から見ると、正に大和撫子…というイメージの方なので、
日本を代表するアナウンサーになって頂けるよう、
及ばずながら、これからも、応援させて頂きます。


☆zoukun様へ No2

2006/12/6  12:19

投稿者:ほたる

zoukun様、はじめまして。
ご来訪頂き、コメントを書いて下さってありがとうございました。
返事が、遅くなりましたこと、改めてお詫び申し上げます。


>私は、稲田悦子の甥にあたります。(私の叔父の奥さんです)

そうですか!ご親族の方に読んで頂いて、驚きとともに光栄に思います。

>今日偶然「12歳でオリンピックに・・・・」を見つけて、寄せていただきました。

ありがとうございます。丁度1年前、浅田真央選手をオリンピックに出して欲しいと、
フィギュア年齢について、書いていた頃でしたので、
お客様から稲田悦子さんのお話をお聞きしたので、書かなくては!
と拙いながらも、書かせて頂きました。

>とても丁寧に書いていただいて、ありがとうございます。

とんでもありません。まとまりがなく、長文になるだけで、お恥ずかしい限りです。

>新聞などでも叔母のことが記事になるときには時々使われるのですが、ヒットラーと叔母が握手している写真もありますよ。

はい。これは、調べている時に、拝見させて頂きました。
以下のコメント欄に書かれているライターさんは、
稲田さんと直接会われたとか。。
その方もヒットラーと握手されている
写真を、お持ちだったそうです。

>私は、ん十年前の小学生の時に、その写真を見てとても驚いたことを、今でも覚えています。

第二次大戦前の事ですものね。私はヒットラーがあの子は「何しに来たのかね」
と側近に尋ねたと言う逸話が大変興味深かったです。
圧倒的軍事色が強まりつつある中の大会の中で、稲田さんの存在は、
ヒットラーにとっても安らぎだったのかもしれないと、思いました。



☆zoukun様へ No1

2006/9/16  19:46

投稿者:zoukun

管理人様、はじめまして。

私は、稲田悦子の甥にあたります。(私の叔父の奥さんです)
今日偶然「12歳でオリンピックに・・・・」を見つけて、寄せていただきました。
とても丁寧に書いていただいて、ありがとうございます。
新聞などでも叔母のことが記事になるときには時々使われるのですが、ヒットラーと叔母が握手している写真もありますよ。

私は、ん十年前の小学生の時に、その写真を見てとても驚いたことを、今でも覚えています。

このブログを叔母の最後の弟子の、米田やすみちゃんに知らせねばと思っていたら、やすみちゃんはもう来てていましたね(笑)

やすみちゃんと私は、テレビの取材で偶然知りあったのですが、やすみちゃんがスケートの選手だと聞いて、そのコーチが偶然に叔母だったので、とても話が盛り上がって、今では親戚一同やすみちゃんのファンです。

またやすみちゃんと話するときに、ここのブログの話題で盛り上がりそうです。
ありがとうございます。

みなさんも、米田やすみちゃんを応援してあげてくださいね!!

2006/7/26  14:12

投稿者:ほたる

はじめまして。ご来訪、ありがとうございます。
米田さんは、以前、以下のように直接コメントを下さいました。

たかくん様のメッセージも、読んで下さると良いですね。

☆たかくん様へ

2006/7/26  9:59

投稿者:たかくん

はじめまして、今朝の朝ズバを見て一目でファンになりました^^
これからもずっと応援してるんで体に気をつけて頑張ってくださいね^^

2006/3/18  15:04

投稿者:ほたる

米田さん、はじめまして。ご来訪、及びコメントをありがとうございます。

>初めまして、米田やすみです。

あっあの、アナウンサーもなさってる。米田さんですか。。びっくりしました。光栄です。

>稲田先生のことが書いてあったので、偶然、このブログを目にしました。書き込みに私が稲田先生の孫かも!という情報がありましたが、

はい。ご親切な方が、ご投稿下さっていました。

>私は稲田先生の最後の弟子でした。選手生活を退いた後も、家族同然に可愛がって頂き、そういう意味では孫のような、いえ孫以上に大事にして頂きました。

そうだったのですか。。本を読み調べさせて頂くうちに、お亡くなりになった事が判り、とても残念に思いました。

>今回稲田先生のこと、丁寧に詳しく書いてくださりとても嬉しく思っています。

此方こそ、つたない筆力で書きましたが、
米田さんに読んで頂いて感激です。ありがとうございました。

>まもなく世界選手権。日本人選手がまた活躍してくれると思います。ぜひ、注目してくださいね!

はい。応援して行きます。
来年は、日本で開催ですよね。
カーリングの世界選手権も日本開催で、とっても楽しみにしています。
スポーツは、勇気と希望を与えてくれます。
米田さん始め、関られている関係者の方々に感謝しています。ありがとうございます。
今後の益々のご活躍を、心よりお祈りしています。

☆米田やすみ様へ

2006/3/18  0:44

投稿者:米田やすみ

初めまして、米田やすみです。
稲田先生のことが書いてあったので、偶然、このブログを目にしました。書き込みに私が稲田先生の孫かも!という情報がありましたが、私は稲田先生の最後の弟子でした。選手生活を退いた後も、家族同然に可愛がって頂き、そういう意味では孫のような、いえ孫以上に大事にして頂きました。
今回稲田先生のこと、丁寧に詳しく書いてくださりとても嬉しく思っています。
まもなく世界選手権。日本人選手がまた活躍してくれると思います。ぜひ、注目してくださいね!

2006/3/14  2:24

投稿者:ほたる

ご来訪、ありがとうございます。

>TBSの朝のショーでレポーターをなさっている米田やすみ
アナは、稲田さんのお孫さんとお聞きしたことがあります。

そうですか。。貴重な情報、ありがとうございました。
私も、調べさせて頂きます。…なんて探偵でもないですけどね。へっぽこすぎて。。
野次馬さん、また、お越しくださいね。お待ちしています。


☆野次馬さんへ


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ