2005/12/29

私の心に響く言葉・・・  日記(今日思うこと)

「星野富弘さん」、「相田みつをさん」、「ひろはまかずとしさん」、私の机の上には、常にこの3人の方の本がある。自分の心の中が、少し重くなったらこの3冊を必ず開く。心が明るくなったり、元気が出たり、そして何より素直になれて、自分を省みる事ができる。年末も押し迫って、猛烈に忙しくなって来た。有り難いことであるが、今日するべき事が多すぎたりする日は心に余裕もなく、自分は勿論、接する人に思いやりの気持ちが欠けて来る気がする。恐らく誰も気付いていないと思うのだが、自分は一番解っている事だ。私の28日も、そんな1日だった。
クリックすると元のサイズで表示します
夜の9時半過ぎ、体の疲れを取ろうと早めに入浴し、その後は事務仕事をしようと思っていた。体はほぐれた気がしたが、心がほぐれていない気がしたので、例によって1冊の本を手にした。昨夜は「ひろはまかずとし」さんの本であった。ひろはまさんは、愛知県蒲郡市出身の詩画作家である。元々は服飾デザイナーをなっていて、その後生まれ育った同市に帰省し、心の風景を綴る言葉『言の葉』を描く墨彩画家として活動を始められた。私は当時ひろはまさんの出来たばかりのアトリエを訪れた。初期の絵は水墨画で淡彩だったが、やがて色がつき、カラフルになって行った。しかし、ひろはまさんの作品には、全てに共通して、小さな天使が描かれている。蜂のように飛んでいる天使の絵。これはひろはまさんが作家活動を始められて、18年経った今も変わっていない。
クリックすると元のサイズで表示します
ひろはまさんの作品は、地味ではあったが少しずつ評価されて行った。やがて、1996年に小学館「小学一年生」に作品連載、2000年には、三重県公立高校の入試問題に、ひろはまさんの『言の葉』(澄んだ心でみつめれば何もかもがきれいに見えます)が出題された。2001年からは、「月刊PHP」に言の葉を連載。4月には、アトリエ開設10周年を記念し、蒲郡市内の小・中学校、蒲郡高校、市立図書館、市役所に著書(24冊)を寄贈された。以降雑誌等にエッセイを寄稿するとか活動範囲は幅広く著書多数。心地よい風のような作品作りをめざされている。ひろはまさんの絵と言葉には、暖かさがあり、心の中で日々、忘れかけているものを思い出させてくれる。昨夜の私も同様で、その本を繰りながら眠ってしまった。お陰で、今朝の目覚めは爽やかだった。早朝事務仕事を済ませ、私はいつもの仕事の準備にかかる事が出来た。作品の一部を(ひろはまさん肉筆の絵も文字もなく、暖かさを伝え難いが)ここに掲載させて頂く。
クリックすると元のサイズで表示します
不自由の中の自由を うまく楽しめないような人間は
   本当に自由になった時 何ひとつできません


どんな事をしても「よかった」と思うことにしています
   そうすると本当に「よかった」という結果になるから不思議です


一人でしか 出来ないこと
二人でなくては 出来ないこと
皆して 初めて出来ること
色々あるから
まちがわないようにね


いというのは
  その字のとおり
    相手を まず先に考えることですよ


って 見つめている
    という字の意味を わかってください

クリックすると元のサイズで表示します
 「僕」は宇宙中探しても、たった一人しか存在しない「僕」として
おもいっきり「僕」らしく「僕」を表現して、生かされてみようと思い
 今日もそして命与えられている限り、
  言の葉を画き続けさせていただいています。

もし、その言の葉たちの一葉をあなたが、
 そのまんまるな心で、受けとめていただけたとしたら、その時点で
  それを育むも、枯れさせるも、あなたの自由です。

できることなら、僕の言の葉の一葉一葉が
 なるべくたくさんの方々の心の中に芽生え
  やがて美しい花々を咲かせていただけたらうれしいな

                      −ひろはまかずとし−
クリックすると元のサイズで表示します
◎以下 ひろはまかずとし 彗星倶楽部公式HP
 ↓ここに行くと、ひろはまさんの肉筆を拝見する事が出来る。
 
    http://www.kajel.com/
0



2005/12/29  18:52

投稿者:ほたる

☆テレ枡さんへ
こんばんは。でしょうか?
>(退院時に病院に寄贈予定)

それは、良いアイディアですね。
星野さんの絵と詩は、病気で頑張って居られる方にとって、
大きな力となることと思います。
何せ実体験に基づいて書かれていますもの。。
ひとつひとつの言葉と、花の絵が胸を打つと思います。心が洗われますね。

>この温かな言葉ひとつひとつも、少しづつ読ませていただきます。

はい。サイトに行かれますと、絵と筆も載っています。暖かい絵です。
そして、お元気になられましたら、愛知県のアトリエにも、是非お越し下さい。


2005/12/29  17:02

投稿者:テレ枡

先だって、ある方からお預かりした「星野富弘さん」の【風の旅】という本をベッド脇に置いて、毎日すこしづつ読んでいます。(退院時に病院に寄贈予定)
今日は、ほたるさんに−ひろはまかずとし−さんを紹介して頂ました。この温かな言葉ひとつひとつも、少しづつ読ませていただきます。
ありがとうございました。

2005/12/29  16:55

投稿者:ほたる

☆やままささんへ
ふふ。まったく、正直な方だこと。。明日になったらまた…なんてことはないですね。。私もひろはまさんは、無名の時から応援して来たので、そう言って頂けて嬉しいです。言葉は文字列だけでは、誤解も招きますが、きっと心を込めれば相手に届くと思ってます。現在は、このようにメールやブログ内で、瞬時に届けられます。つくづく、便利になりましたね。私も感謝しています。

大掃除、如何でしたか?掃除のコツをお教えしましょう。。
ははは、それは、捨てることです。
>ネット環境劣悪で、反撃できないので、お手柔らかに

まあまあ、そうおっしゃらずに、何処へ行かれましても、刺激は元気の素ですぞ。
手加減するのは、お相手に失礼です…ゆえに、遠慮は致しません。ご覚悟を。。


2005/12/29  16:52

投稿者:ほたる

ととさんへ
喜んで頂けて、良かったです。また、何処かで手にしたら見てやって下さい。

>かえるみたいな天使がとんでる

もうっ、ととさんったら。。確かに、蛙にも似てますね〜。笑える。
お気に入りの本のご紹介、ありがとうございました。
「小さいことにくよくよするな」は、存じていまして、お店にも置いてます。
しかし、私は、もう少し、くよくよしたら?と言われてます。ひっどいでしょ。
人の事、なぁーんにも、考えない図太い奴みたいにさ、言うのですよ。全く。。
まあ、当たらずとも遠からず…ですけどね。はは。ケセラ、セラですわ。
それより、明日から帰省でしたっけ?淋し〜い。うるうる。お帰りをお待ちしてま〜す。

2005/12/29  13:23

投稿者:とと

す、すばらしいっス!!!!!
私はこの方を全く知りませんでした。
サイトを見て、泣きそうになりました。ほんとだ、
かえるみたいな天使がとんでる。絵もほのぼのとして、
いいですね〜。
読書嫌いの私のお気に入り癒し本は
「小さいことにくよくよするな」です。
ベストセラーらしいから、ほたるさんは、すでにご存知でしょう。
一応、↓これです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763180827/qid=1135829873/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/249-6841118-1170703

http://blog.goo.ne.jp/toto384

2005/12/29  11:33

投稿者:やままさ

ほたるさん。こんにちわ。ここに来るようになって、かれこれ1か月。今日が一番来て良かったと実は思ってます(あっ、いつもいい話ですよ。ほんとコメントもあたたかいし)。なんか年末でいろいろなことが重なり、わたしの12月28日も、なんだかな〜〜の日でした。

冒頭の「ほたる推奨図書」。是非、読んでみたいと思います。ただ、ひろはまさんを紹介されて、ひろはまさんでは癪なので、この正月は別の人のにしよう。読後感想でアップします。

しかし現実ってのはムゴイ。今日は大掃除だー! しかも年賀状も手付かずだー! 仕事も終わんなかったー! わたしもととさん同様。正月は妻の田舎で過ごします。ネット環境劣悪で、反撃できないので、お手柔らかに。でわ。いつもありがと。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ