2006/1/6

2006年、名古屋ドーム始球式、浅田舞・真央姉妹に決定!  フィギュアスケートと浅田真央選手

第20回、中日体育賞に選出された浅田真央選手(15才)は、姉の舞選手(17才)と2人、3月31日、名古屋ドームでの中日ドラゴンズ開幕戦の始球式を行う事が正式決定した。球団広報によると、球団側は既に、美人姉妹に相応しいスペシャルコスチュームを発注、3月31日に備えているそうだ。2006年は中日ドラゴンズのチーム創立70周年というメモリアルイヤー、その記念すべき年の始球式に起用が決まり、姉妹は大乗り気だという。。大阪で知らせを聞いた姉妹は、毎日放送で開かれた記者会見の席で、真央選手は「とても楽しみで、わくわくしています」と答え、姉の舞選手は「名古屋ドームには遊びに行った事がありますが、野球は観た事がないので楽しみです」と答えた。更に、舞選手は、「ボール投げは遠投で6メートルしか飛ばないので、練習します」と付け加えたそうである。
クリックすると元のサイズで表示します 3月31日、名古屋ドームで始球式をする浅田姉妹。
それにしても、『遠投で6メートル?』新聞で読んだ私は、目を見開いてしまった。砲丸投げでもあるまいに、と不思議に思った。腕の力を殆ど使わないフィギュアスケートとはいえ、6メートルには驚いた。しかし、かく言う私も、スポーツは殆ど卒なくこなして来たが、ボール投げだけは、得意ではなかった。スポーツテストたるものになると、走力、持久力、瞬発力、どれをとっても、標準並み以上であるにも関らず、ボール投げになると、ソフトボール投げも、ハンドボール投げも、平均以下で、いつも担任の先生から「ほたるー、真面目に投げろー」と言われてしまっていた。私は至って真剣に投げていたのに…である。中学の陸上部に入って本格的に投げ方を教わった砲丸投げとも大して差がない飛距離だったのだ。
クリックすると元のサイズで表示します
ある日、ソフトボール部の顧問の先生が、ボールの投げ方指導して下さった。しかし、ホームは改善されたが、飛距離は延びず、私は手首が弱いという結論で片付けられた。この私の手首が弱い説には、列記とした根拠がある。それは小学校2年の時だった。右手首を脱臼し、治った途端に、交通事故に遭い同じ右手首を骨折してしまっていたのだ。何時だったか妹が私の小学生時代の通知表を見つけ出し、不審がって持って来た事があった。体育が『3』だったからである。「どうしてお姉が体育3なの?」と聞いて来た。私は「ああ、手首の骨を折ってギブスを巻いていた為、鉄棒とかマット運動とか出来なかったからね」と答えたら、今度は逆に「そ、それで3?」と聞き返された。「まあ、それでも運動会とかは走っていたからね」と答えたら妹は呆れ返っていた記憶がある。
クリックすると元のサイズで表示します
さて、私が手首を脱臼した時の話に戻ろう。小2の頃、私は何人かの同級生達と、校庭に有る滑り台でよく遊んでいた。その滑り台はジャングルジムのようになっていて、様々な経路で登っては滑り降りを繰り返し、とても楽しかった。ある日Tちゃんと2人で天辺に達し得意げに立ったいたが、突風が吹きTちゃんはよろめいてしまった。その瞬間、私は彼女の腕を掴んでいた。ここまで書くと『人助け』で名誉ある自慢話になるのだが、何と当時のTちゃんは少々?太目で、私はかなり華奢だった。結局Tちゃんを支えきれず、手首を脱臼し掴んだ腕を離して、落としてしまったのだった。右手は手首から先だけが糸が切れたマリオネットのようにぶらぶらだった。だが、Tちゃんは私が掴んだ事で、ワンクッションになったらしく、無傷で澄んだのだった。
クリックすると元のサイズで表示します
数日後Tちゃんのご両親が不二家のケーキ箱と、デパートの商品券を持って、私の家へお礼に訪れた。「この度は、ほたるさんのお陰で家の娘が…」と頭を下げられたご両親に、私の父は、「いやーぁ、結局、手を離してしまいましたから、お礼なんぞ、とても受け取れません」と、お礼の品を指し返していた。「そんな、そんな」と両家で押し問答が続いた結果、どうやら「これだけでも…」と、商品券だけ受け取る事になった様子だった。その一部始終を、扉の隙間から右手を三角巾で釣ったまま、観ていた私は、地団駄を踏みたかった。ケーキといえばその当時の我が家では、誕生日かクリスマスにしか食べられない貴重品だった。「どうしてケーキの方を返してしまうの?」と飛び出して行きたい気持ちを抑えるのに必死だったのだ。その背後には私を見張るように祖母が控えていた為、不可能だったが、今振り返っても、ケーキを返した行為に対する不満で頭が一杯になり、あの時の商品券が幾ら入っていたのか?何に使われたのか?聞く事さえも忘れてしまっていて、今に至って不明のままである。
クリックすると元のサイズで表示します
そんな訳で、右手首を脱臼し、すぐ後に骨折した為、腕力は弱いからボール投げは下手だと結論付けられたのであった。舞ちゃんの遠投距離6メートルも、自分を基準にしてしまい大変申し訳ないのだが、「何か原因があるのではないか?」と、私はつい質問でもしたくなってしまった。それはさて置き、3月31日の名古屋ドーム、浅田舞、真央姉妹がどんなコスチュームで登場し、どんな風に投げ、果てさて、キャッチャーまで届くのかどうか?がとても楽しみである。投力は無くとも、指の先までしなやかな動きをし、表現力豊かな浅田姉妹は、お母さんがバレエの先生で、スケートを始める前からバレエを習っていたらしい。そう聞くと、あのしなやかさはバレエで培ったものだと納得されられる。因みに私も幼少時バレエを習っていたのだが、それを話すと「ニッポン、チャチャチャ」のバレーボールと100%、勘違いされてしまう。この違いは何か?目の前に鏡が無ければ、その答えは出て来ない。
0



2006/1/9  11:49

投稿者:ほたる

そう、エレガントの言葉は流行しているのですが、
実態が・・・・・・・?。

>もちろんほたるさんも含めてよっ

aoiさん、嬉し〜〜い。可愛いなんて、久しく言われていないですわ。
…なんて、これもまた、実態は、成人の日の着付を終えて、
 単なる疲れ果てた、おばさん…ですな。

>脱臼の話、痛い!!!

痛かったですよー。でも、それより返されたケーキが痛かった。。

一塁まで走って…お疲れですか。。ははは。
私は、長距離も強かったですよ。ま、逃げ足が速かったという事ですけど。。
でも、今なら、私も一塁へ行くのに、へろへろになるかも?です。。


☆aoiさんへ

2006/1/8  21:09

投稿者:aoi

あはは、エレガント大流行ですね♪
ほたるさんのところに来るとかわいい女の子いっぱい見れて嬉しいな〜
もちろんほたるさんも含めてよっ
浅田姉妹頑張ってるね、応援したくなるよ。
脱臼の話、痛い!!!聞いてるだけでうわーーーーー!!!!!
でもほたるさんてスポーツもお得意なのですねー
私なんて学生の時、ソフトボールやったら1塁まで走る間に疲れちゃって
うわ!なんつー運動能力のなさ!って自分に対して笑ってしまったよ。

http://blog.so-net.ne.jp/aoi/

2006/1/8  2:43

投稿者:ほたる

不覚も不覚、決定的でございましたぞ。。
>わたしは元々エレガントなので、これから目指すという組織の入会資格はないと思います

やままささん、一寸、ヤバイっすよ。男性で元々エレガントって。。
aoiさ〜〜ん。ととさん〜ん。
オジサン、変だと思ってたけど、やっぱり、変ですよぉ〜〜。

>3月31日、ナゴヤドームですね。仕事が重ならない限り、舞ちゃんと真央ちゃんに会いに行きたいです。
悪の帝国からは、名古屋、立ち入り禁止!です。
誰が決めたって?、あたくしよ。文句あります?←毬藻。

>遠投6メートルか。。
あの。。↑は、舞ちゃん。私は、これでも何とか、20メートル近くは飛びます。
因みに砲丸投げは、14メートル投げました。きっとハンマー投げなら、やままささんをぶっ飛ばせるかも?おおっ、すると、古畑が、故意がどうか調べにやってくるかもしれないぞ。
このブログは、決定的な証拠になるなぁ。やばいぞ、ペンギン隊諸君!
(リクエストにお答えし復活しました)世露死苦!!こうでしたっけ?漢字?


☆やままささんへ

2006/1/8  2:24

投稿者:ほたる

あはは。でも、確かに、コメント、一番乗りって気持ちいいですよね。
そうなんです。体育だけは、ずっと「5」でした。それだけが取り得でしたね。。
>自転車に乗るのも下手で工事現場に突っ込んだことあります。

うわっっ。危ない!自転車は得意ですよ。一輪車も乗れます。あんまり腕白なので、
「サーカスに売る」と言われてました。今なら「中国雑技団」ですよね。

>入組の弟1条件が「悪の帝国」から抜けることですからねぇ。

どうやら、意地を張って居られます。フォースの力を信じて、
素直になられ、我々の仲間に入られれば……
「楽になりますよーーー」って。。ねぇ。。
★特別出演・オルティース登場
「だろ、だろ、だろーーー」えへっ。


☆ととさんへ

2006/1/8  2:15

投稿者:ほたる

すぬさんのブログ復帰、嬉しいです。
Takiさんは、お元気かしら?今年も「ぬすさん」って仰るのかな?

>子供時代の武勇伝ですね。ケーキの件は残念でした。。。

はは。こんな話ばっかりです。お転婆も度が過ぎて、お嬢様学校へ入れられたのですが。。
それも効果なし!しかし、本年度こそは、「エレガント」を目指して、頑張ります。
……なんて、夢は大空でも、現実は地上を這っていたりして。。ぐすん。。。

☆すぬさんへ

2006/1/7  18:07

投稿者:やままさ

ほたるさん。不覚です。仕事道具であるカメラの修理にいっていたら、訪問が遅れ、すっかりエレガントコンビに、出汁にされてました。ちなみに、わたしは元々エレガントなので、これから目指すという組織の入会資格はないと思います。帝国の応援も辞められないし。。。
しかし、いいこと知りました。3月31日、ナゴヤドームですね。仕事が重ならない限り、舞ちゃんと真央ちゃんに会いに行きたいです。ほたるさんも警戒警報ならしておいたほうがいいよ。遠投6メートルか。。雪合戦ならほたるさんには楽勝で勝てそうだ。それまで名古屋に雪が残っていることを願う。ふふっ。


http://diary.jp.aol.com/tb4bw3xscrrb/

2006/1/7  9:31

投稿者:とと

やったっ!☆
今日はやままささんより、書き込みが早いぞ!って、争ってどうする?!
ほたるさんの運動神経すばらしーーー。
私はほんとに体育だけはどう、がんばっても3でした。
逆上がりもできなかった。
自転車に乗るのも下手で工事現場に突っ込んだことあります。
今も怖くて持ってません、自転車。
しかし、ケーキの悔しさ、わかります。
今だったら商品券なんでしょうけどね。(笑)
今日もお仕事ですね。がんばってください。

え、やままささん、エレガント組にはいりたい?
つらい選択ですね。
入組の弟1条件が「悪の帝国」から抜けること
ですからねぇ。
今後の展開が楽しみです。

http://blog.goo.ne.jp/toto384

2006/1/7  3:40

投稿者:すぬ

名古屋って本当に有名スポーツ選手の宝庫ですね〜。
私も遠投6-7メートル程度です。
全然投げられません。
ほたるさんは、脱臼の後遺症あると思いますよ。
子供時代の武勇伝ですね。ケーキの件は残念でした。。。
私の場合、単に天然に肩が腕が非力なだけのようです。

http://gold.ap.teacup.com/sunui/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ