2005/9/30

明日から天王山  Boston Red Sox・MLB

今日は、ピッチャーのクレメントが、ピリッとせず、
先制されていたが、レッドソックスの3番・4番打者、
ラミレスオルティースのホームラン等で、追いつき
9回裏、ワンアウトの後は、打順よく、1番、デーモンが、
ヒットで出塁、盗塁の後、2番レンテリアが4球を選んだ。
常に、多くの残塁を誇る?レッドソックスだったが、
今日は、オルティースがヒットを打って、サヨナラ勝ちを
決めてくれた。やはり、得点の主軸になったのは、
ドミニカ共和国出身のラミレスと、オルティース
この2人組みであった。

クリックすると元のサイズで表示します

いよいよ、明日から、レギュラーシーズン、最終戦の
 対ヤンキースとの、3連戦である。
正に、天王山・天下分け目の合戦。
アリーグ東地区の両雄対決となる。
場所は、ボストンフェンウェイパーク
この週末レッドソックスファンの熱狂ぶりは、凄いだろう。

ヤンキースには、防御率1点台の、守護神・リベラがいる。
昨年のデビジョンマッチでは、親族の葬儀会場(パナマ)から、
飛行機をチャーターして駆けつけ、そのまま投球し、抑えたという
投球力、精神力、共に揃った、敵ながら素晴らしい投手である。
まずは、大きくリードして、彼をマウンドに出さない事が重要だが、
レッドソックス打線なら、彼をも、打ち崩してくれると信じている。

ワールドシリーズに向けて、レッドソックスが、東地区で優勝し、
堂々とプレイオフに進むのには、対ヤンキース、3勝しなければならない。
直接対決で、負け越しているので、地区優勝にはその道しかないのだそうだ。

明日は、ヤンキース戦ということで、日本でもTV放送がある。
しかし、週末で、仕事が忙しくなりそうだから、録画しようと思う。

残り3戦、1戦1戦、落とせないが、まず、明日、勝つことが
とてもとても、大事になる気がする。明日の先発はウェルズ
対ヤンキースに強い投手なので、期待は大きい。後は打撃陣
が火を噴いて、ピッチャー陣を援護して欲しい。

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ