2006/1/25

『ライブドア』株の行方…「監理ポスト」の意とは?  株式

株には全く興味の無かった私が、最近新聞紙面の株の欄を開くようになった。自分に持ち株もないのに、見ているのも妙なものだが、ライブドアショックの余波を受けた他の株価がここに来て、安定して来たようで良かったと安堵している。さて、その株価欄の紙面の末尾に「監理」と書かれた部分があり、マザーズのページの「監理」の部分に『ライブドア』と『ライブドアマーケティング』が記されている。
クリックすると元のサイズで表示します
では、この「監理」と書かれた「監理ポスト」について質疑応答式に書いてみようと思う。尚、素人が調べたデータなので、詳しい方は間違いは勿論、説明不足の点等、ご指導願いたい。

<font>Q1 管理ポストとは?<font>

上場廃止の可能性を、投資家の人達に知らせる為区別してある。東証は今後、上場廃止基準に触れるかどうかの審査を行い、違反しているとみなされば、「監理ポスト」から、「整理ポスト」に移し、原則として1ヶ月後に上場廃止となる。それまでは、基本的に株の売買は通常通り行える。

<font>Q2 『ライブドア』と『ライブドアマーケティング』 両者株が何故、「監理ポスト」に置かれたか?<font>

ライブドアに対する強制捜査後に、東証は情報開示が不十分として、両者の株を21日付けで「開示注意銘柄」に指定した。しかし、堀江氏らの逮捕により、上場継続を認めると、公益や投資家の保護を定めた東証の「包括規定」に触れる恐れが発生した為、投資家に更に注意喚起する必要が出来た。堀江氏らの逮捕容疑である「偽計取引」や「風説の流布」については、明確な上場廃止基準が定められていない。その為、東証は捜査の進展に注意しながら、粉飾決済など他の明確な上場廃止基準に触れる行為が無かったかどうか、調査中である。

<font>Q3 過去に包括規定だけで、上場廃止になった例は?<font>

伊豆箱根鉄道など4件ある。包括規定は、その裁量の余地が大きいので、東証は客観的な証拠や事実を積み重ね、慎重に判断するのではと思われる。

<font>Q4 一部で既に報道されているが、ライブドアグループの粉飾決算が明白になった場合は?<font>

西武鉄道、カネボウなどの例のように、明確な上場廃止基準である、有価証券報告書の虚偽記載に当たり、上場廃止になる可能性が高い。

<font>Q5 『ライブドア』と『ライブドアマーケティング』 両者株が、「整理ポスト」に移った後に上場廃止になった場合の売買は可能か?<font>

「整理ポスト」でも売買は可能だが、まもなく市場で取引できなくなる不便さを嫌い、大きく値を下げるケースが殆ど。ライブドアの株主は22万人いて、上場廃止の影響は大きい。そして市場から資金調達できなかったライブドアが、グループ企業を身売りするなど、グループ解体をする可能性も出てくる。

<font>Q6 『ライブドア』と『ライブドアマーケティング』 両者株の上場を認めた東証に責任を問う事が出来るか?<font>

長友英資・東証常務曰く「上場会社が最初から誤魔化しを行った場合の解明は、なかなか難しい」と説明しているが、両社株を商品として並べた責任は免れない。仮に「包括規定」だけで両社株の上場廃止を認めた場合、ライブドアの株主が、東証に対して損害賠償を請求する事態も考えられる。

<font>Q7 『ライブドア』の株を持っていて、手放したいが?<font>

株価は下がる一方で、損が膨らんでいく帰来の為売りたい人が多い。現実に16日の強制捜査以降は売りが殺到していて、なかなか思うようには売れない状況が続いている。今日もライブドア株は137円で終え、売買高は4億2155万株となったが、システムダウンを防ぐ為、取引時間は午後1時半から3時までの90分間に制限された。明日は更に30分間、短縮される可能性もあるそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します◎閑話休題
「ライブドア」株価の推移は、昨年12月20日、株式分割後の最高値794円から、700円前後で安定していたが、強制捜査後から下がり続け、売り手が殺到してなかなか買手がつかず、取引終了時に比例配分される現状が続いている。以上、株は人気次第で流動物とは解っているが、なかなか厳しい状況にあるようだ。堀江氏が社長の座を退き、ライブドアが買収したソフト会社「弥生」の社長、平松氏が新社長に就任し、急遽新体制を整えたが、社会や株式市場の信用を取り戻す事への道程は、かなり険しそうだ。

○引用参考  中日新聞

クリックすると元のサイズで表示します◎<font>☆補足<font>
昨日、25日は、株価の下落に「買い」も殺到したという。株式市場の「寵児」も今や買収の標的となりつつあるようだ。筆頭株主の堀江氏は、取締役も辞任したと報じられた。堀江氏は、1億8千万株を所得していた為、16日からの9日間で千億円を超える資産を失った事になるそうだ。1年前は、ニッポン放送株の買収合戦を演じていたのだから、その流動性の大きさに鳥肌が立つほどの、恐怖感さえ感じてしまった。
<font>
◎1日前の投稿にコメント頂いた「毎日父さん」様が、ライブドアの宮内氏と耐震偽装事件の姉歯氏を対比して書かれています。以下にご紹介させて頂きます。
http://diary.jp.aol.com/applet/xwbsua/20060126/archive
0



2006/1/31  15:37

投稿者:ほたる

>>ライブドアの株主が、東証に対して損害賠償を請求する事態も考えられる。
>はー!そうなんだ。株のことはちっともわかってないので、

一応、上場させた責任を追及されるのでしょうね。


>それにしても、ライブドアがこんなになちゃうなんて、10年前に
は想像もしませんでしたよ。

まず、5年〜6年、そこそこで、巨大化するのも、
だれが予想したでしょうか。。。
順風満帆過ぎるとは、誰もが思っていたでしょうね。。

目の中のうろこは痛いよ、ととさんへ

2006/1/28  18:05

投稿者:とと

>ライブドアの株主が、東証に対して損害賠償を請求する事態も考えられる。
はー!そうなんだ。株のことはちっともわかってないので、そうい
うシステムなんだなと目からうろこでした。
それにしても、ライブドアがこんなになちゃうなんて、10年前に
は想像もしませんでしたよ。

http://blog.goo.ne.jp/toto384

2006/1/27  0:47

投稿者:ほたる


>こんばんわ。経済ネタ好きなんですよ。

tanipenさん、私は基本的に疎いんです。自分の仕事もですが、
我が財布の中でさえ、、、って感じですから。。ははは。自慢にゃぁなりませんね。

>一応趣味で株式投資をやってますが、ここのところの相場で信用取引の恐ろしさを味わった人が多いと思いますね。

そうですね。。関係のない私でも、鳥肌が立ちましたから。。

>同じ市場に上場している会社も売り一色。まじめにやっている人には胃が痛くなるはずです。

物凄い、影響力ですね。。お体に支障が出て倒れる人とかが、いないと良いのですが。。

☆経済にお詳しいtanipenさんへ

2006/1/27  0:41

投稿者:ほたる

ずーーっと、今日は、どなたもコメントが無かったので、嬉しかったです。

>ほたるさんほんとによく調べてますねー!さすがです☆

いやはや、株にお詳しいaoiさんにそう言っていただけると、
恐縮しちゃうじゃないですか。。
最も、ど素人の自分が疑問に思ったから、調べてみたんですけどね。。
知っている方なら、じょーーしきレベルですよね。。

>ライブドア、とっても下がりましたよー今日も!
個人でも1億単位で損してる人がいっぱいです。

損失額ですからね。。凄すぎます。

>メジャーリーガー雇えちゃうよ、億なんて。

ふふっ、aoiさんらしい。。ホント、雇えますね。。
でも、新人だぁね。テオ様なら、良い人材連れて来てくれそうだわ。。

>ライブドアは倒産しないとは思うけど
この後、体力が持つのかどうか・・・。

借金は無しですもんね。。なんと言っても。。
何処かが、買収するのでしょうかね?

☆嬉しかったぁ〜aoiさんへ

2006/1/26  23:43

投稿者:tanipen

ほたるさん こんばんわ。経済ネタ好きなんですよ。
一応趣味で株式投資をやってますが、ここのところの相場で信用取引の恐ろしさを味わった人が多いと思いますね。ライブドアのみならず、相場が高騰しているときには、一種のババ抜きのような感覚になります。結局売る人がいて、買う人がいる。下がれば、買った人がババをひいてしまう場合もあると思います。
 マザーズの上場基準は、ザルのようなものです。また、ライブドアの時価総額はすごいものです。群をぬいてます。現に、ライブドアが下がったせいで、マザーズの指数が一日で一割前後さがっていきます。当然のことながら、同じ市場に上場している会社も売り一色。まじめにやっている人には胃が痛くなるはずです。

2006/1/26  22:06

投稿者:aoi

ほたるさんほんとによく調べてますねー!さすがです☆

ライブドア、とっても下がりましたよー今日も!
個人でも1億単位で損してる人がいっぱいです。
もったいないよね〜
メジャーリーガー雇えちゃうよ、億なんて。

ライブドアは倒産しないとは思うけど
この後、体力が持つのかどうか・・・。

http://blog.so-net.ne.jp/aoi/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ