2006/3/22

WBC…世界一・王監督の胴上げ/対キューバ戦を観て  WBC・ワールドベースボールクラッシック

WBC、チームジャパンのキャプテン松中選手は、尊敬する王監督を「何としても胴上げしたかった」と言っていた。昨年と一昨年の王監督が指揮するプレイオフ…シーズンでは優勝をしていたにも関らず敗れてしまい、日本シリーズに進めなかった。また、日本代表チームとして松中選手は、キューバ相手にアトランタオリンピックでは決勝、シドニーオリンピックでは準決勝で破れて居り、世界一の夢は潰えていた。オリンピックやプレイオフの後には、「短期決戦に弱い松中」とまで言われて来た。王監督に恥をかかせる訳には行かない。松中選手の誓いだった。その心意気が、韓国戦での2塁に向けてのヘッドスライディングに表れ、その気合の入り方を目の当たりにした福留選手の代打ホームランに繋がった。そして決勝での勝利…宙に舞う王監督には、現役時代得た、世界一のホームランバッターの称号に、「世界一の監督」の称号が加えられた。
王監督の胴上げ   クリックすると元のサイズで表示します

また、イチロー選手も、王監督と日本野球界の為に戦って来た。振り返ると今年1月3日、母校名電高校のグラウンドに現れ、このWBCに向けて例年より早い自主トレを開始した。勝利のシャンパンファイトでは、「実は、チャンピオンになれるとは思っていなかった。皆、人間的にも素晴らしい。お礼を言うのは僕の方です」と、今回のチームジャパンのチームワークを讃えた。各チームから、日本代表選手が集まった時、個性の強い選手達に、ここまで纏まって世界一を目指せるとは、きっと野球関係者の誰もが、想像できなかったと思う。正直私も、準決勝まで行けたら…と失礼ながら、思っていた。1ヶ月のという短期間ではあったが、野球を愛する者達が集い、共に逆境を潜り抜けて来た一体感は、きっと実力だけでなく、どの国のチームにも負けなかったと思っている。
クリックすると元のサイズで表示します韓国戦、松中選手のヘッドスライディング

試合の後、アマチュア野球世界一を誇る、キューバチームの選手達が、日本チームの選手達を讃えて握手を求めて来ていた。こういうシーンは、更に胸を熱くさせる。単なる公務員、月給も日本円にして1800円のキューバの選手達は、年間90試合を国内で戦っている。メジャー選手が、年棒何億と稼いでいるのとは、桁が違いすぎるが、その野球への情熱は、どの国の選手達にも勝っている。事実、キューバについては昨日も書いたが、国際大会37連続決勝進出という戦績がそれを物語っている。野球に於いての国際大会とは、過去に開催されたオリンピック、国際野球連盟主催のW杯、インターコンチネンタルカップの3つであるが、実はキューバが決勝に進出できなかったのは、1951年のメキシコで開催されたW杯まで遡らなければならない。しかも、その大会でも3位となっているのだ。ゆえに50年以上にも渡り、野球の世界大会を支配して来ている誇りに満ちたそのチームが、日本チームを讃えてくれる姿は、ビデオで何度観ても、涙が零れた。
ティファニー製のトロフィー クリックすると元のサイズで表示します

また、決勝戦の試合前日に、キューバチームが殆ど練習をしなかった事や、記者会見もキャンセルし、報道関係者をシャットアウトした事から、結果噂ではあったが、チームから亡命者が出たとも報じられた。WBCに参加するにあたりキューバの最大の懸念は、亡命者が出る事とされていた。WBCに参加し実力を証明できた選手達には、亡命を手引きする代理人によってメジャーから誘いがかかるのは、当り前になってもいる。2次リーグ開催地のプエルトリコは勿論、アメリカでは、亡命させる絶好の機会となってしまう為、ホテルに軟禁状態とされていた。キューバチームは、国外で開催される国際大会では、常にこの環境で、戦い続けて来たのだ。私は、日本が準決勝進出が決まった瞬間、自分の中で選手の知名度が高い、ドミニカとの決勝対決を望んだ。しかし、キューバの野球について調べて行くうちに、やはりWBCが、今後も国際大会としての威厳を造っていく為には、対キューバでの決勝こそが相応しいと思うようになった。そしてそれが実現し、日本が優勝した出来た事は、野球ファンとして限りない喜びであった。
クリックすると元のサイズで表示します 日章旗を持つイチロー選手と王監督

日本に野球が伝わったのは、1872年と記されている。そしてプロ野球が発足して72年…日本が貫いてきた「投手力を中心とした守り勝つ野球」で、アメリカに追いつけとばかりにその歴史を刻んできた。今大会もアメリカのメジャー選手と対抗するには、スモールベースボールしかないとばかりに、バントや足を使った攻撃で戦って来た。キューバチームも然りであった。パワー重視だった野球が、メジャーリーグでの相次ぐ薬物騒動と共に否定されつつある中、今日の決勝戦での戦いぶりは、今後、世界の野球のお手本となる気がした。日本チームの選手達は、メジャーのイチロー選手や大塚選手と別れて、桜の開花宣言が出された東京へと22日、凱旋帰国する。

クリックすると元のサイズで表示します 世界の頂点! photo by Majar jp
0



2006/10/6  19:20

投稿者:ほたる

渡邊様、ご無事に日本へお帰りでしょうか?
ご来訪、及びコメントをありがとうございました。

>ボストンでほたるさんにお会いできて本当によかったです。楽しい時
間をありがとうございました。

此方こそ、お目にかかれて嬉しかったです。短い時間でしたがありがとうございました。

>私は落ち込んでいる最中でしたが、ほたるさんの話をきいていると何だか心温まりました。

笑える話なら、お任せ下さい…って、下らない話も多々ありますけどね。。

>ほたるさんは不思議に人を惹き付けずにはいられない魅力がある方ですね。

実は、人間がくっ付く磁石を内蔵しているんです。…とは、科学者の方に書く冗談ではないですね。
渡邊様も、ボストンの街を楽しんで頂けて良かったです。

>それにブログをみて、大リーグ選手のおかま姿に笑いました。

楽しさをお伝え出来て良かったです。実際プレイしている姿とのギャップがあって、本当に笑えました。
ファンサービス精神旺盛で、凄いなぁと感心しました。

>またお会いできればいいなと思っています。

はい。日本でも、出来ればまたボストンでも…お会いできたら良いですね。
それに、野球観戦なんかご一緒出来たら、尚嬉しいですね。


☆渡邊様へ

2006/10/3  5:51

投稿者:渡邉すみよ

ボストンでほたるさんにお会いできて本当によかったです。楽しい時
間をありがとうございました。私は落ち込んでいる最中でしたが、ほ
たるさんの話をきいていると何だか心温まりました。ほたるさんは不
思議に人を惹き付けずにはいられない魅力がある方ですね。それにブ
ログをみて、大リーグ選手のおかま姿に笑いました。またお会いでき
ればいいなと思っています。

2006/3/23  14:31

投稿者:ほたる

お客様のご接待、お疲れ様でした。

>知らない間に日本優勝してるし・・・
そうですよ。たけさんのイチロー君が大活躍しましたよ。。

>友人達が日本から来てて乗り遅れてしまいました。

良かったら、ボストンへ VTRを送るので、観て下さい。。

>とりあえず勝ってよかった!

はい、素晴らしいゲームでしたよ。

★たけさん、お疲れが出られませんように。。。


☆たけさんへ

2006/3/23  14:28

投稿者:ほたる

此方こそ、ご訪問、ありがとうございました。

>王ジャパンのメンバーのプレーと共にティファニー製のトロフィーにも感動してました

トロフィー、綺麗でしたね。指紋が付き易いのが、気になりましたが、
紙吹雪も反射して、とっても、良かったです。
日本に展示されるのですよね。。観に行きたいです。
サッカーがお好きとか。。ワールドカップ、また楽しみですね。


☆maeken1さんへ

2006/3/23  14:24

投稿者:ほたる

いつも、ありがとうございます。

>ほたるさんと同様、私も早い時期からWBCを追いかけてきました。

はい。色々と問題がありそうでしたが、楽しみでした。

>また、子供の頃から「今野球で世界大会を開いたら、メンバーは・・」
と常に思ってた自分にとっては開催しただけでも大変うれしく思いましたね。

そうですね。まずは、開催される事に意義がありましたよね。

>今回はそんなことは抜きにして純粋に楽しめた気がします。
世界一でしめくくってくれましたしね。

はい、試合をする事によって、出来上がっていくチームワークの素晴らしさに
感動しました。やはり、一流の選手達ですよね。

>もう週末からペナント開幕です。

王監督のお体が心配です。

>”WBC初代チャンピオンの国のペナントレース”と思って観戦すると、またこれまでと違った感じで楽しめるかもしれませんね。

そうですね。そういう見方も出来るのですね。。

>日本には今回参加した選手以外にもまだまだいい選手がいることですし。
日本のみなさんで再び盛り上がっていきましょう〜。

はい。どんな事でも、後のフォローが大切ですよね。応援したいと思います。

>P.S 先ほど気付きましたが、ほたるさんのブログはランキングトップだったんですね。

いえいえ。こういうビックなニュースに便乗させて貰ってるだけですよ。

>そのようなブログからトラックバック/コメントしていただき、大変光栄です。ありがとうございました。

此方こそ、バルビーノさんのブログで、正岡子規の本名⇒のぼる⇒の ボール⇒野球ってとても勉強になりました。
今後共、宜しくお願いします。


☆バルビーノさんへ

2006/3/23  14:16

投稿者:ほたる

スピンさん、パラリンピックのボランティア…本当に、お疲れ様でした。アンドラという国について、ご丁寧なご説明、ありがとうございました。

>イタリアでも「WBC・日本が世界一に」のニュースをやってましたよ。

そうでしたか。。イタリアチームの参加は、WBCの価値を上げたと思います。

>世界フィギュア選手権でも織田選手が頑張ってるから男子も来年は出場枠が2人になりますね♪

はい。嬉しいニュースでした。
この際、何とかフリーで、逆転して優勝して欲しいです。

>「Mai Asadaは美しいスケーターね」って褒めていました。

嬉しいですね。
もうすぐ、名古屋ドームでの舞ちゃん・真央ちゃんの、始球式があります。
弟が観に行くので、羨ましい限りです。

>パラリンピックの閉会式は…ちょっとトラブルが…

ハイライトで観ました。でも、そのシーンは、カットされていたと思います。緊張してしまいますよね。可哀想に。。

>あの小さな紙全部に"Pasion lives here"って書いてあったんですよ。

すごーーい。それは、存じませんでした。ありがとう。

>もっとも、スピンは「この紙吹雪は誰が掃除するんだろ?」とか余計な心配をして見ていました。

あはは。現実的ですよね。私もWBCの優勝の時の紙吹雪を見たり、
シャンパンファイトを見て、片付ける人って大変だなぁ。と思いましたよ。

>で、気が付いたらもう春なんですね。今度の日曜からはサマータイムになって日本との距離が1時間だけ縮まり、

もう、そんな時期なんですね。。此方はもうすぐ入学シーズンになります。春ですね。

>ミラノ桜も咲く季節です。

沢山、植わっていますか?ボストンにも、結構植わっていて、
特に八重桜が多くて、咲いている時期に行って、感動しました。

>スピンは大丈夫ですが、イタリアにも"allergia ai pollini"って言って「花粉症」もあるんですよ。

そうなんですね。日本は余に、杉を植えすぎて、急激にひどくなったようですが、
(昨年は、スギ花粉を山火事の煙と間違えて119番通報した人もいたそうです)
なっている方は、辛いですよね。。今日なんか雨上がりの晴天で、
風も強いので、大変だと思います。
私は寒冷鼻炎はありますが、まだ、花粉症にはなっていないようなので、助かっています。
スピンさん、お体大事に…また、いらして下さいね。。

☆スピンさんへ

2006/3/23  13:53

投稿者:ほたる

ご来訪、及びコメントをありがとうございます。
>トラバありがとうございます。

いえいえ、此方こそ、宜しくお願い致します。

>ホント、久々に溜飲を下げるというか、感動&爽快感いっぱいのゲームでした。

はい。息が詰まる思いもしましたが、楽しめました。監督始め、選手の方々に、お礼を言いたいですよね。

>一人一人の選手の葛藤ドラマや王監督との師弟愛・・・現実にまさるドラマは無いですね。

はい。事実は小説よりも…ですね。WBC優勝への道…なんて、DVDでも、
出て欲しいです。

>このドラマを韓国サイドから覗けば、それはそれで、複雑な韓流ドラマが満載のような感じですが・・・。

そうですね。首相が再戦を要請しているようですね。
でも、私は、それは、WBCのシステムに言うべきで、
日本に言うべきではないと、考えます。
確かに、アジアラウンドでも、負けましたし、韓国の1位通過のメリットが
無くて同情しましたが、短期決戦ゆえの結果なので、それはそれだと思います。
それも、政治に絡めて、首相が言うのも、どうかと。。。
まあ、同じメンバーを集めるのは、不可能なので、
日本が応じないと思っていますが。。
相手に敬意を払う…スポーツマン精神があれば、
むしろ、誇りに思って、日本を応援してくれていると、
思っていましたので、とても、残念な報道でした。

☆2時間ドラマ制作委員会さんへ

2006/3/23  13:42

投稿者:ほたる

>チーム・ジャパン本当に頑張りましたね。

はい。よくぞ、勝ってくれた…という感じです。

>何と間抜けな私は、王さんの胴上げシーンを見損ねました。

あらら。それは、残念ですね。

>大量にリードしてたので、終盤から眠くなってしまいうつらうつらしてて
はっと気づいたら夜中の一時半過ぎてて、試合は終わってしまってたのでした。。。

西海岸時間ですから、深夜ですものね。。お疲れ様です。
しかし、キューバは、何点取っていても恐かったですね。
でも、観られなくて、良かったかも?知り合いの人は、
興奮し過ぎて、眠れなくなったと言ってました。

>そうか、桜の開花宣言も出たんだ。うれしい春の始まりになりましたね。

はい。名古屋も風は冷たいですが、すっかり春めいて来ました。

>これに続いて日本のプロ野球も活気づくといいですね。

そうですね。この後がとても大事な事ですよね。。
関係ないですが、アローヨがトレードなんて、キャンプに行っていたのに、寂しいですね。


☆すぬさんへ

2006/3/23  12:08

投稿者:たけ

知らない間に日本優勝してるし・・・
友人達が日本から来てて乗り遅れてしまいました。
とりあえず勝ってよかった!

http://blog.goo.ne.jp/panko_boston/

2006/3/23  1:16

投稿者:バルビーノ

またまた、コメント/トラックバックありがとうございました。

ほたるさんと同様、私も早い時期からWBCを追いかけてきました。
開催期間は短かかったものの、
この大会を通して感じることは多かったと私も思っています。
また、子供の頃から
「今野球で世界大会を開いたら、メンバーは・・」
と常に思ってた自分にとっては開催しただけでも
大変うれしく思いましたね。

普段のペナントでは、ウンチクを書くのもいいのでしょうが、
今回はそんなことは抜きにして純粋に楽しめた気がします。
世界一でしめくくってくれましたしね。

もう週末からペナント開幕です。
普段から観ている人も、そうでない人も
”WBC初代チャンピオンの国のペナントレース”
と思って観戦すると、またこれまでと違った感じ
で楽しめるかもしれませんね。
日本には今回参加した選手以外にもまだまだ
いい選手がいることですし。
日本のみなさんで再び盛り上がっていきましょう〜。

またブログ拝見させていただきます。
では〜。

P.S 先ほど気付きましたが、ほたるさんの
   ブログはランキングトップだったんですね。
   そのようなブログからトラックバック/コメント
   していただき、大変光栄です。
   ありがとうございました。
















http://diary.jp.aol.com/8xzwwbb/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ