2006/3/23

WBC…歓喜の優勝への救世主・福留選手の手記と…  WBC・ワールドベースボールクラッシック

今日は、ブログをお休みしようと思いましたが、せっかくですので、名古屋ならではの新聞記事などを紹介させていただきます。WBCのチーム作りに於いて、当初は辞退者が相次ぎ、王監督は自ら頭を下げて、依頼に周ったそうです。そんな中の1人、福留選手。韓国戦では代打で指名され、決勝ツーランホームランを打ち救世主となりました。更に福留選手は、キューバ戦でも代打で2点タイムリーを放ったのはご周知の通りです。その福留選手のコメントが、名古屋の地元紙「中日スポーツ」に掲載されていましたので、書き写します。ベンチを温め声援を送り続けた、同僚・谷繁選手を思いやり、自ら苦しい道程を歩いた選手だからこそ…の手記だと、思いました。。

クリックすると元のサイズで表示します トロフィを手に嬉しそうな福留選手と谷繁選手

 「一生、忘れられない」   −日本代表 福留孝介−

外野から走っていくのが遠かった…。皆が輪になっているのを見て、本当に世界一になったんだな。そう思えました。先発は外れてしまいましたけど、9回のいい場面に使って貰えて…。よし、抜けたッ!って思った時は、嬉しかった。 結果が思うように出せなかたという意味では、良きにつけ悪しきにつけ、凄く勉強になった大会でした。が、昨秋の段階でボクは一度、お断りしています。その理由もお話して置こうと思います。まずは、新フォームにトライしていたという事。そしてポジションへの不安でした。右翼・イチローさんは決まり。松井秀さんが有力視されていましたよね。当時ヤンキースでの松井さんには、中堅コンバート案が出ていました。となると、WBCでも中堅を守る。ボクは参加しても、不慣れな左翼か控え。選手として、そのリスクはなかなか負えないものです。

 結果として、米国代表にも選ばれたデーモン選手がヤンキース入り。松井さんのコンバート案が立ち消えになりました。この後、松井さんの辞退があり、ボクに再度、お話が来た訳です。だから、二度目はすぐにお受けするつもりでした。 出る以上、思う存分暴れたい。どのチームでもレギュラー級の選手が集まるからこそ、そう思うものなのです。ファンの方にも知って頂きたいのですが、選手が3月にチームから離れるというのは、相当なリスクです。 投手は、使用球が違う。野手は打ち込みや調整での打席の絶対数が全く足りない。特にベンチを温めた選手は、帰国後に相当なギャップがあるのは間違いない。代表という誇り、名誉を得るのと同時に、競技者としては、非常に覚悟の求められる選択なのです。

 でも、その分だけ得がたい財産があったのも事実です。メキシコが”贈り物”をくれた夜、サンディエゴ市内の日本食レストランに行きました。現地在住の日本人、出張のサラリーマン…。皆が「良かったですね」「応援に行きますよ」って声をかけてくれました。日の丸を背負ったからこそだと思うんですよ。本当にありがたかった。 ボクにとっては、3個目のメダル。そして3食揃いました。次回のWBC?3年後のボクは31才です。「その時の気持次第。今はわかりません」というのが、正直な答えです。ただ、この大会で野球が楽しみだという人が増えてくれれば…。今後の野球界がどうしなくちゃいけないか、その方向性が出てくれれば…。ボクにとっても一生忘れられない大会となりました。 …中日スポーツ誌…

表彰式後、全員での記念写真 クリックすると元のサイズで表示します

★以下は、コメント欄へ頂いた、スパイラルさんのご感想です。とても感銘を受けましたので、感謝の気持を込め、本文中に掲載させて頂きます。

王JAPANは、素晴らしい感動をプレゼントしてくれましたね。 
試合後、王監督は「日本だけでなく、世界中で野球を知らない人にも見てもらえた。<中略>これをきっかけに、子どもたちに野球をやってもらいたい。お母さん方も、お子さんに野球をやらせて欲しい」と話していました。 世界的に野球を普及させるには、まずジュニアの育成が必要な訳ですが、王監督は10年以上前にハンク・アーロンと共同で「世界少年野球推進財団」を主催しWCBF(世界少年野球大会)を毎年開催しています。口先だけの「野球の普及」を唱えるのではなく、自ら実践している王監督は「世界の王」と呼ぶにふさわしい方だと思います。

キューバのべレス監督は、記者会見の席上で日本チームに祝辞と賛辞を述べた後で「キューバチームに対するリスペクトと思いやりによって出場できた事を感謝する」「今後もこのような世界大会を開催して欲しい」と話していましたが、これも常勝キューバを率いる監督だけあって素晴らしいものでした。 また、松坂のイン・ハイに抜ける失投にバッターが避ける場面や里崎のバットがピッチャーを襲う場面はエキサイトしてしまうものですが、キューバナインは実に紳士的でスポーツマンとして一流であることを示していました。

キューバチームには賞金としてWBC収益金の7%が与えられますが、今回はWBCから得られる収入の全てを「ハリケーン・カトリーヌ」の被害に充てるよう寄付する事を条件に入国が許可されているため実質はゼロ、一方でメジャー選手会には順位に関係なく収益の17.5%が配分されるとも言われています。現時点ではWBCの収支が黒字になるかは不明ですが、何か釈然としないものがありますね。

王JAPANの優勝に寄せて… Spiral

0



2006/3/25  15:32

投稿者:ほたる

aoiさん、ご丁寧に、ありがとう。

>やだなー私へのレスはいつものおしとやかじゃないほたるさんにしてよ 笑

あれ?私はいつも、おしとやかですわよ。。ほほほ。
だって、aoiさん、真剣に熱そうだったもの。。

>旗のことは全くその通りだね。
私が書いたようなことを韓国の方が言ってて反論に詰まったから
そう書いたんだけどどっかでそう言われたらそう答えよっと。

とらえ方が様々ですが、いつまでも、もめてる方も変ですよね。
もう、球界も前に向いて、歩き始めているのだから。。

>その他について思うことはメールにしたよ。

ありがとう。

>私も今は野球好きだから観に行くよ〜!
チケット売り切れなんてほんとに御褒美だよね。

彼方此方の球場で、WBCの特別イベントをしたりしているよね。
この効果を、どこまで引っ張れるか…?だよね。

>ただその先が見えなくて。。
誤審があるまでプロ野球人気復活のまたとないチャンスだったWBCを盛り上げられなかった日本の企業や野球団体だよ?

まず、球界としては、球数制限とかで白けましたよね。
それに、広告代理店の責任も大きいと思いました。
トリノ一色だったもんね。
今後は、少し見守りましょう。。

話は変わって、
MLB.comが売っている、シャンパンファイトで選手が着ていた
優勝記念のTシャツだけど、日本でも、売ればいいと思いませんか?



☆aoiさんへ

2006/3/25  0:15

投稿者:aoi

ほたるさんお返事ありがとう!
やだなー私へのレスはいつものおしとやかじゃないほたるさんにしてよ 笑

旗のことは全くその通りだね。
私が書いたようなことを韓国の方が言ってて反論に詰まったからそう書いたんだけどどっかでそう言われたらそう答えよっと。
その他について思うことはメールにしたよ。

私も今は野球好きだから観に行くよ〜!チケット売り切れなんてほんとに御褒美だよね。
ただその先が見えなくて。。
誤審があるまでプロ野球人気復活のまたとないチャンスだったWBCを盛り上げられなかった日本の企業や野球団体だよ?
あれだけ宣伝すべきだと要望出したのに冷たく無視してきた彼らよ。
運営の手腕、ビジョンの甘さ、全然信用できなくて^^;

2006/3/24  18:54

投稿者:ほたる

aoiさん、貴重なご意見を、ありがとうございました。

>日本で試合をやってもらう資格はないです。
アジアラウンドで国際試合が行われてるのにあの扱いの低さ。

初め、国際試合というより、エキシビションという意識ではなかったでしょうか?
それに何と言っても、野球に関しての意識は、発展途上だと私は思っています。
まずは、メジャーに行った日本人を観る⇒試合を観る⇒チームメイトを知る。
⇒相手チームや相手チームの選手を知る。そして、世界各国を知る…
野茂投手がメジャーへ渡ってから、10年とちょっとなので、
世界から見るという意識は、まだまだではないでしょうか?

>私はそういう状況が改善されることを願ってWBCを応援してたのです。

aoiさんの貢献度は大きかったと思いますよ。私も誇りに思っています。

>そもそも誤審がなければ興味持たれないようなスポーツだったの?野球って。笑

まず、知らなくては、話にならないので、やはり広報という意味で、
日本の代理店は、良くなかったと思います。

>日本ではマウンドで韓国が旗を立てたことを批判してましたが日本も旗を置いてたよね。
あれは刺してないからいいってことになってるんでしょうか。

これは、私の私見ですが、国旗を建てるという事は、占領を意味する気がします。
それも、優勝したわけでもないのに、やりすぎだったと、感じました。
日本が置いたのは、試合の前にも、グラウンドに参加した全ての国の国旗が
トーナメントの図のように置かれていましたし、意味合いが違うと感じました。

>もしWBCに勝った後で誰かに試合に誘われたとしても、行かないな〜。・・・特に女性は。

私は、アホなので、誘って頂ければ、生で観られると嬉しくて、
時間が許す限り、ほいほいと、行ってしまいます。
ラグビーにも、アメフトにも行きましたし、好きになりました。
あっ、アイスホッケーもルールも知らずに行きましたよ。
ただ、スポーツではなくて、「能」だけは、船が船出して、
ついに沖まで行ってしまいました。
誘ってくれた従姉には、高いのに…と、猛烈に怒られました。。

とりあえず、開幕試合は、チケットが売り切れ続出のようです。
私は、少し見守りたいですし、今まで行かなかった名古屋ドームにも、
行ってみようと思っています。
えっと文字数があるので、もし何かあったらメール下さい。

☆aoiさんへ

2006/3/24  9:09

投稿者:aoi

選手や王監督には心から感謝してます。これからも応援する気持ちで一杯です。
代打で結果を出してくれた福留選手の活躍はほんとに感動的でした。
涙でました。
次回もまた出て欲しいですね。
それがまず大前提として。

日本で試合をやってもらう資格はないです。
アジアラウンドで国際試合が行われてるのにあの扱いの低さ。
サッカーにしてもフィギュアにしてもスキーにしても、その種目には世界中の選手に目を向けてる日本人のファンが大勢います。
日本ではレアルが人気ありますよね?
でも野球はどうでしょうか。
日本の野球ファンは日本人にしか興味ない人が圧倒的です。
メジャーリーグを観てるんじゃなくて松井やイチローなどの日本人選手だけを観てます。
私はそういう状況が改善されることを願ってWBCを応援してたのです。

例えばフィギュアであれば、他国の選手の演技を観てはじめて荒川選手や真央ちゃんのレベルがわかるのだと思いませんか?
国際大会で国民が自分の国の選手しか見ないのはわかります。
でもそのファンまでが日本人しか観てないためにWBCで「何に」勝ったのか理解してない。
だからこんな甘い評価になるのだと思いました。
もう日本と世界の差はないって叫ぶ前に世界のこと何も観ていないし。
日本が実質良い試合をしたのは対韓国戦だけだったと思いますし(対キューバは見事ですがあれは日本がやるべき試合ではないですね)、優勝したからこそ厳しく自分を見つめることが大事なのにどうしてここまで慢心できるのでしょう。
そもそも誤審がなければ興味持たれないようなスポーツだったの?野球って。笑

今回特に残念だったのは、日本人の他国に対するリスペクトのなさ。
それなのに自分達は世界に大きく扱ってほしい。
試合に負けた後に「屈辱」「不愉快」「復讐」の連呼は辛かったな…。
日本ではマウンドで韓国が旗を立てたことを批判してましたが日本も旗を置いてたよね。
あれは刺してないからいいってことになってるんでしょうか。

パリーグは盛り上がるに違いないですが、野球を好きじゃなかった頃の自分がもしWBCに勝った後で誰かに試合に誘われたとしても、行かないな〜。
そこまでつきあい良くないです、特に女性は。
どうにかこの流れがいいものになってほしいんですが、誰もが人任せなんですよね。
ホリエモンでもいたら何かしてくれたかもしれない・・・。

2006/3/24  4:18

投稿者:ほたる


>早く寝なくちゃいけないのに、決勝を最初から
最後まで見てしまいました。よみがえる感動!!!!

あらら、見始めたら、それはラビリンス入りですぞ。。

>キューバの人たちは紳士的でしたよね。

そうですね。。あのバットが飛んだシーンは、正直血の気が引きました。
メジャーだったら、殴り合い筆致ですよね。。

>あと、キューバで応援してる人たちも、日本の強さを
褒め称えてくれてる人が多かった。

ととさんの、ブログ読んだよ。おっかしい。。お腹痛くなったよ。
明日、改めて、コメント書きに伺います。

>「もっとキューバは練習しなくて」はなんて言ってる、
キューバのおじいちゃんがいた。
キューバより練習してる国なんて世界にあるのでしょうか?!

地球上には存在しないかも?ですね。何処ならあるんだ?って?


☆ととさんへ

2006/3/24  4:12

投稿者:ほたる

うっちーさん、ご来訪及びコメント&トラバ、ありがとうございます。

>丁寧なコメントありがとうございます。

とんでもないです。今日のブログも良いですね。私も野球博物館の事を、
書きたかったのですが、上手に書かれていたので、諦めました。(笑)

>じっくりと、そして丁寧に書かれているこのブログを見てとても参考になりました。

読んで頂けて光栄です。長くってすみません。いつも文字制限との戦いです。

>私はまだブログをはじめて2ヶ月あまりで、ただ書いているだけなので、いろいろと参考にさせてください。

私の場合、きっと、根気のある方が読んで下さっているのだと思います。。
2ヶ月ですか。。私は半年になりました。コメントを下さる方や、支えて下さる
ブログ仲間の方達のお陰で、続けて来れました。4月半ばから、かなり忙しく
なり、なかなか書けないとは思いますが、此方こそ、ご指導ください。

>これからもちょくちょく訪れさせてください。

はい。何もおもてなしは出来ませんが(失礼しました)、お待ちしています。。

>WBC後。野球界にとってこれが大事ですね。ブログを通して、お互い盛り上げていければいいですね。

どうぞ宜しくお願いします。

☆うっちーさんへ

2006/3/24  4:03

投稿者:ほたる

ご再訪、及びコメント、ありがとうございました。

>キューバ、良かったですね。強かったし、

はい。野球を通して人間形成も出来上がっているのですよね。

>負けても相手を称える態度にスポーツマンシップを感じました

その競技を愛する事=スポーツマンシップだと思います。
だからこそ、半世紀に渡り、野球界のトップクラスにいられ続ける
のですよね。日本選手も、見習って欲しいですね。

☆☆maeken1さんへ

2006/3/24  3:57

投稿者:ほたる

>ぼったくってますね〜WBC。

あはは。ビジネス、ビジネス…ですかね。。

>第一回はしょうがないかもですが次は分配金をどうにかしてほしいですね。>キューバに対して。

そういう条件が出されていたとは、全く知りませんでした。失礼ですよね。

>日本は金のこと言えません。アジアラウンドをガラガラにした罪は大きいです。

次回は日本で…なんて無茶無茶な事を言ってるコメンテーターがいましたよ。
新聞にも書かれてます。人工芝に慣れなくて、メジャーリーガーに怪我させたら、
大会ごと、藻屑と消えますよね。自国が出なくても満席になったのは、アメリカ
には、野球ファンが多いからですよね。聞いててもうって思いました。

>韓国で開催されていたらこうはならなかったでしょう。

確かに。でも想像するだけで、恐ろしい。。

>ただ、これにより彼女らが野球を観に来たり、ましてや観戦に来ることにはありません。
それを理解できてるんでしょうか、日本の球界は。ダメです。これでは。

私は、何にしても日本ってこんなものと、思っています。
ただ、パリーグの選手が多かったので、パリーグ人気が上がるのでは?
と、少しだけ期待しています。

☆aoiさんへ

2006/3/24  3:43

投稿者:ほたる

>トラバ&コメントありがとうございますm(_ _)m

こちらこそ、コメントありがとうございます。

>僕も応援しているチームの選手が結局WBCでは
ベンチウォーマーになってしまったので(西武の和田選手)、

おおっ、私も彼が、尿管結石を背負ったまま、チームと同行している
のは、存じていました。文字数の関係と、関連付けの下手さもあって、
本文には、なかなか書けなかったのですが、負けた韓国戦で涙を
拭わず最後までベンチにいた姿は忘れられません。いつも率先して
声をかけ、存在感がありました。優勝の後は日章旗を振って嬉しそう
でした。彼のペナントレースでの活躍を応援したいと思っています。

>福留選手や谷繁選手のファンの気持ちはよくわかります。
打席にはあまり入ることはできませんでしたが、
彼らが自分のチームに何か持って帰ることができれば幸いだと思います

仰るとおりですね。チームでは主力として活躍できる人達なので、
きっと何かを、得られて帰られたと思います。楽しみに観て行きます。

☆urszeneさんへ

2006/3/24  1:29

投稿者:とと

ほたるさん、

早く寝なくちゃいけないのに、決勝を最初から
最後まで見てしまいました。よみがえる感動!!!!
キューバの人たちは紳士的でしたよね。
あと、キューバで応援してる人たちも、日本の強さを
褒め称えてくれてる人が多かった。
「もっとキューバは練習しなくて」はなんて言ってる、
キューバのおじいちゃんがいた。
キューバより練習してる国なんて世界にあるのでしょうか?!


http://blog.goo.ne.jp/toto384


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ